かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

4年ぶりに、つくば研究学園都市にやって来ました。

2015-02-26 21:51:29 | Weblog
 今日は朝から雨の中、4年ぶりにつくばへ出張です。ここしばらくは、東京までは年に何度も来ていたのですが、かつては必ず年2回は訪れたつくばがここまでご無沙汰になるとは、思い返してみるとなかなか感慨深いものがあります。結局その時の仕事の加減で東京に行くかつくばまで出向くかが決まっていたわけですが、してみるとここでまた私の仕事の潮目が変化してきているのかもしれません。
 さて、今日は全国的にこの天気だと天気予報が宣っておいでだったので、これは到底富士山は望めないとあきらめ、行きの新幹線は重い思いをして持ち出してきたMacBookを広げてひたすらお仕事に没頭しました。ひょっとして車酔いするかな? と不安もありましたが、やってみると案外なんとかなるもので、気が付くと新横浜に到着していて締め切りが間近の原稿一つが七割がた片付いていました。その後品川まで頑張って、東京到着後は脇目もふらず秋葉原に直行し、つくばエクスプレスに飛び乗って終点つくばに到達しました。朝五時半起床、6時20分頃自宅を出発して、つくば到着が11時半。随分前から東京までは近くなったと感じますが、やっぱりつくばまで足を伸ばすと5時間以上かかりますね。これでも乗り換え時間が極小になるよう頑張ってみたのですが、これが限界でした。行きが区間快速だったので、つくばエクスプレスがもう少し多く快速を出してくれればあと15分位は短くできそうですが、次に機会があったら新幹線の時間とかも調整して最短時間移動にでも挑戦してみるのも一興かも。それでも5時間を切るのは容易ではなさそうです。

 さて、一仕事片付けて今はホテルに落ち着いていますが、今回の出張では忘れ物がないように準備万端整えていたつもりでいて、後から気づく忘れ物の数々、というなんとも懐かしい気分を味わっております。その最たるものが花粉症の薬。せっかく忘れないように、と用意していたのに、最後の最後でカバンに入れてくるのを忘れました。まあ基本財布と切符さえ忘れていなければ、後はその気になればどうにでもなるものですが、念を入れて用意していたのにほんのちょっと気がそれたのが運の尽きで入れ忘れてしまう、というのに電車に乗ってから気がつくというのは、かなり凹むものです。
今日はまだ雨模様の天気だから大したことはないでしょうが、明日晴れたら果たしてどうなることか、今から戦々恐々です。これは、とにかく何とか耐え忍んで極力症状の悪化を防ぎ、帰宅後にしっかり薬を飲む、というサバイバルな事をやらざるをえないでしょう。
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 国会議員にとって、国会とは... | トップ | 今日は気になる宇宙ネタのニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事