かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

半端ない圧倒的な数の蜘蛛の巣に閉じ込められるような夢を観て心中ガクブルです。

2014-12-23 22:15:15 | 夢、易占
 昨夜の夢は、また蜘蛛の巣の夢でした。
 ある柿の果樹園の中にいるのですが、とにかく頭上が全てびっしり真っ白になるほどに折り重なった蜘蛛の巣で覆われています。また、それ以外の枝にも大小の蜘蛛の巣がかかり、さながら蜘蛛の巣の牢獄と言えるような有り様です。私は地面に何本か落ちていた中から長さ1m程の枝を一本拾い上げ、頭上の蜘蛛の巣を綿菓子メーカーに割り箸を突っ込むようにして、枝の先端をくるくると回して蜘蛛の巣を巻きとっていきました。びっしり頭上を覆っていた蜘蛛の巣は、まるで新型掃除機や化学モップのCMのように見事に取り除かれ、明るい空が見えて来ました。気を良くした私はかたっぱしから蜘蛛の巣の掃除を続け、やがて、自分のすぐ横にある巨大な一枚網の巣を潰してくれん、と枝の先を巣の右上隅に突っ込んで大きくぐるりと時計の逆回りに回して巣を支える糸を端から切っていこうとしました。ところが、なぜかこれまでと違って全く手応えがなく、いくら枝を大きく動かしても一向に網が壊れる様子がありません。遠近感がおかしくなって枝先が網に届いていないのか? と疑った私は、慎重に目測して確実に巣に届くところまで枝を差し入れ、先ほどと同じように枝を回しましたが、やっぱり手応えがなく、直径1m程の網はそのまま健在でした。私は首を傾げつつ、これはもう放置して他の網を壊しにかかろうか、と考え始めていました。

 私にとって、蜘蛛の巣の夢は体調悪化の予兆を示す、割と重要な夢です。ただ、夢の中で頭上を圧する蜘蛛の巣を見事に払いのけ、綺麗に掃除して行った、などというような夢は、これまで見た記憶がありません。これが何か意味あるものであるとするなら、ひょっとして体調はさほど悪化しないか、既に不調から回復しつつあるのか、というようなこともあるのかもしれません。いずれにしてもしばらく観察するよりありませんが、少なくとも今日は軽い頭痛と気だるさは観測されました。まだ肝心の「ヤマト」も見に行っていませんし、万一ここで熱を出して倒れでもしたら、折角諸事片付いてようやく時間が作れそうだというのに映画を見に行くことも叶わず、一生の不覚を嘆く羽目に陥るやも知れません。ここは万難を排して早めに休息を取り、頭上の蜘蛛の巣のごとく不調を鮮やかに解消して不安を取り除きたいところです。


コメント   この記事についてブログを書く
« コレクター魂を持たなくても... | トップ | 睡眠不足・入眠障害の原因は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夢、易占」カテゴリの最新記事