かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

音波攻撃でPC破壊とはなんと空想的なと思いましたが、ハードディスクなら確かに壊せるようです。

2018-05-31 20:05:13 | Weblog
 今日の奈良市アメダスの最低気温は15.8℃、昼の最高気温は20.4℃、五條市アメダスの最低気温は15.8℃、最高気温は20℃でした。奇しくも奈良市と五條市の最低気温が揃うという、なかなか見られない光景がありましたが、最高気温もわずか0.4℃差でかつまた危うく20℃割れしそうという、随分と涼しい日中でした。昨日に引き続き上着を着て出勤しましたが、着ていてよかった、と心から思える一日でした。明日からはまた一転してまた気温が上がってくるそうなので、身体が付いていけるか少しばかり心配です。

 さて、新手のPCクラッシュ攻撃「ブルーノート」とか言うものが危ないと、セキュリティ企業が注意を呼びかけているそうです。なんでも、PCのスピーカーやPCの近くに置いたスピーカーからある種の音を流すだけで、PCのハードディスクをクラッシュさせることができるのだそうです。原理は音の振動でハードディスクの読み書きヘッドやプラッターを振動させて読み書きを妨害したり、振動が限界を超えると破壊したりするものだそうで、特殊な装置は一切必要なく、PCの内蔵スピーカーで再生するだけでハードディスクを壊せる、というのだそうです。
 この攻撃方法の命名は、ブルースやジャズのある特徴的な音程を意味する用語「ブルーノート」と、WindowsOSのクラッシュ画面である「ブルースクリーン」から取られたとのこと。ブルーノート攻撃自体はスピーカーとハードディスクの組み合わせでできるので、攻撃対象はPCに限らず、記録媒体にハードディスクを使っているあらゆる機器が標的になりうるとのことです。

 それにしても、具体的にどうやって攻撃しうるのか少し疑問もありますし、SSDも増えてきていますし、第一いきなり音を流して壊してしまっては脅迫もできませんから、お金が欲しい人たちにはあまり使いみちなさそうですし、実際にできるのは判っても本当にそれほどの驚異になりうるのかな? とは思います。とはいえ、音だけでハードディスクが壊せるということ自体は、心底驚かされるものがありました。内蔵スピーカーも程々にして使わないと、場合によっては意図せずPCの調子を崩してしまうことも無いとは言えない、ということですね。とりあえず、気をつけて使うと致しましょう。
コメント   この記事についてブログを書く
« 佐世保で謎の電波障害発生?... | トップ | 久々に映画を二本立て続けに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事