かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

さすがにそろそろ動き出さないと間に合わなくなると、薄ーい危機感が湧いて来ました。

2011-09-27 22:30:48 | ドリームハンター麗夢
 ぼちぼち1月のコミトレに向けて、出し物を作っていかねば、と言う訳で、先日の3連休辺りからすこしずつ動き始めているのですが、そのために必要な古ーい資料を発掘するため、今日は本棚をひっくり返しておりました。現在、本棚の本はまるで大地震にあった直後のような惨憺たる光景になっておりますが、お陰で探していた本「コミックマスター 2号」を見つけることが出来ました。この本は奥付によると株式会社ホビージャパンが1990年11月に発行した本だそうで、随分と懐かしい感じの漫画が200頁ほど詰まった1冊です。で、なんでこれを探していたかというと、「ドリームハンター麗夢外伝 アルファとベータは名探偵 王家の眠りは緑色」という長い題名の短編小説に幼児があったのでした。と言ってもそのテキストの内容が必要だったのではなく、挿絵がどうしても観ておきたかったのでした。なにせこの挿絵には、CDドラマでしか登場していない『夢見小僧』の姿が描かれているのですから。次に考えている創作物で、この「夢見小僧」を描く必要があり、その姿をあやふやな記憶からしっかりした意匠として掴んでおきたかったのでした。
 実はもうひとつ探しものがあって、これはまだ発掘はこれからなのですが、ムックのどれかに人間体になったアルファのイラストが描いてあったはずなのです。多分2か3で、落書きっぽい絵だったと思うのですが、これも使いたいので近日中に見つけなければなりません。とにかく制作を始めないとあと3ヶ月半、100日足らずしかありませんから、想像以上に時間がありません。なんのかんの言って結局落としたりしたらハズカシイので、何をつくろうとしているのかは出来上がった時のお楽しみ、ということにしておきたいです。ある程度目星がついたら、某掲示板か某SNSで出してみるかもしれませんが、今のところはあくまで予定未満です。と言いつつ、それにかまけて申し込みを忘れたりしたら笑うに笑えませんので、一応チェックしていつも使っているメモ帳にも申込締切日にきっちりマーキングしておきました。あとはなんとか制作のための時間を確保して、作業を地道に続けるのみ、です。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ウイルスに侵入されました(... | トップ | 夢の記録が実現するかもしれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドリームハンター麗夢」カテゴリの最新記事