かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

揺れた!

2010-07-21 21:58:58 | Weblog
 昨日は更に輪をかけて暑い夜で、結局あまり熟睡とはいかなかったようです。ただ、風邪薬がよく効いたようで、喉の痛みは朝にはかなり引いて、それほど気にならなくなっていました。今夜もう一回薬を飲んで寝れば、明日にはほぼ回復するのではないか、と思います。本当に、ひどくならなくてよかった。

 さて、今朝六時過ぎ(後で確認しましたら6時19分頃)、地震がありました。本震の2、3秒前に何か妙な違和感を感じたのですが、それが前触れの揺れだったようで、変だな? と身構えた途端にグラグラきたのでかえってびっくりしました。ただ、本震の間はこれが前触れでこの後凄いの来るかも、と一段と身構えてしまったので、その後すうっと揺れが収まってしまって、少し拍子抜けもしてしまいました。
 その後、早速気象庁のサイトに今の自身の情報を拾いに行きましたら、10分ほどして震源、自身の大きさ、震度などのデータがずらりと出てきました。
 一番気になる震源はなんと足元の奈良県でした。南西の端っこの方、和歌山との県境に近い山の中の地下60kmで発生した地震だったそうです。マグネチュードは5.1とやや大きめ、震度はうちの近所で3、一部4でしたが、ずっと離れた福井県でもこの地震で震度3を記録するなど、かなり広範囲が揺れたみたいです。
 それにしても、これほど本格的な地震は久しぶりでしたので、ついでに過去の地震記録を検索してみたのですが、この10年ほどの間に住んでいる町では震度3以上の地震が7回あり、いずれも震度3で、直近のものは2007年でした。まあ3年も前では忘れていてもしょうがないですし、その時たまたま出勤時間帯で山の中にいたりしたら気づかないこともあったと思いますので、記憶としてはまさに10年ぶりくらいな感覚になっています。何せ、真っ先に思い浮かべたのがあの阪神大震災の揺れでしたから、本当に久々に感じました。台風、地震とそんなに大きなモノは経験少ない奈良県ではありますが、やはり来るときは来るのだな、と関心を新たにいたしました。


コメント   この記事についてブログを書く
« 風邪? かもしれないので、... | トップ | 新幹線、事故で動かないなら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事