かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

ウイルスに侵入されました(泣)。

2011-09-26 21:39:23 | Weblog
 昨夜は時計がそろそろ23時になろうかという時分、そろそろ寝ようという段になって、色々と面倒な事が出てきて、すっかり眠るのが遅くなってしまいました。ただでさえ月曜日は眠かったりだるかったりする厄介な日ですのに、更に本格的な寝不足も重なって、なかなか大変な一日でした。
 何が面倒だったかというと、子供が学校から「トロイの木馬」を持ち帰ってきたのを駆除するのに手間取ったのです。
 学校の授業や部活動でパソコンを使う際、USBメモリを各自が用意して使うのですが、そのメモリを介して侵入してきたのでした。子供用は現在ネットにつなげていなかったため、そうそうウイルスに侵入されることもなかろう、と特段の対策も取らず高をくくっていたのですが、さすがにこれは少々無防備に過ぎたようで、大いに反省しました。発覚したのは、子供がネットで何やら部活動に関することを検索するため、私がお風呂に入っている間にPCを使わせようとしたのがきっかけでした。その汚染されたUSBメモリをPCに挿した途端、ウイルス対策ソフトが警告を発し、その「トロイの木馬」を駆除したのです。聞けば、先に自分のPCにも挿していたとのこと。厄介なことになった、と思いつつもオフラインで使えるウイルス対策ソフトなどをダウンロードしては使ってみたのですが、見つけることはできても、駆除することができません。ウィンドウズ・エクスプローラーではウイルスのファイルは見えないようになっているので選択して削除する事もできませんし、結局フリーのウイルス対策ソフトをインストールしてなんとか駆除することが出来ましたが、もう眠いやら腹立たしいやらで、すべてが終わったときにはとうに日が改まっていました。今にして思えば、ウィンドウズで見えないのなら、DOS窓起動してディレクトリをタイプして探索と削除を仕掛けてやれば、ひょっとしたらウイルスを消せたのではないか、と思いました。有効かどうか判りませんが。
 それよりも問題は、学校のどのパソコンが汚染されているか、そのパソコンへの感染経路、そのパソコンからどれだけ他の生徒の家のPCに感染が広がっているかです。そこで、パソコンのウイルス汚染を先生に連絡するよう子供に告げておいたのですが、なにやら学校、もしくは先生は今ソレどころじゃない状況なるらしく、帰ってきた子供が言うには、あまりまともに取り合ってくれなかったとのことでした。うーむ、何に忙しいのか判りませんが、もし学校のネットワーク内で汚染が広がったら、放置しておくと難儀なことになりかねないと思うだけに、学校側の対応には疑問が残りました。
 それにしても、今回は水際で阻止できたから良かったものの、ウイルス対策ソフトも万全とは言えない昨今の状況を鑑みると、安心してもいられません。少なくとも子供が持ち帰ってくるUSBメモリは、Macに突っ込んで中身を確かめてみるとか、単にウイルス対策ソフトだけに頼らない何らかの安全対策を考えてみなければならないかもしれません。もっともそんな手段が有効かどうかも分からないのですが、一晩ゆっくり寝て寝不足を解消してからまたゆっくり考えてみようと思います。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 成果主義の見直しは結構かと... | トップ | さすがにそろそろ動き出さな... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウィルス対策 (DREAM☆彡)
2011-09-26 23:49:47
ウィルス対策ソフトは高価ですが、家のパソコン全てにいれるべきです
「自分は大丈夫」、「1台だけなら」、「ネットにつなげないなら」などの甘い考えはやめたほうがいいです

また、WindoewsやMacOSなどのOSの設定で、CDやUSBを自動で実行する設定を変更して、自動では実行しないようにすたほうがいいです。

学校では問題になるまで、どのような問題があるのかわかっていないということもあると思います。
または、わかっていても、いちいち全ての児童の家庭を調べるのは、家庭のプライバシーではなく単純な手間でやりたくないのでしょう

今回のトロイの木馬は、インターネットを介して無関係な第三者がパソコンにアクセスできるようにするものです。
家庭なら、家族の写真やパスワード設定、通販のときに入力したクレジット番号が盗まれる可能性があります。
学校なら、生徒の一覧、保護者の名前、住所、電話番号の一覧、生徒の成績表などが盗まれる場合があります。

たいてい問題になるのはそれらが公になったときのみですので、学校側もよくわからないものに労力と時間を割きたくないのでしょう

PTAや子ども会に言っても、どのような問題があるのかわからず、わからないからほっておくということになりかねません。

学校やPTA、子供会でも、もっとインターネットの驚異についての勉強会をしてほしいものです
Unknown (かっこう)
2011-09-27 22:53:21
DREAM☆彡様、詳細なコメントありがとうございます。
この問題で一番厄介そうなのは、学校にどう危険性を認識してもらうかのような気がします。こうしているうちにも感染は広がっていくでしょうし、それらが撲滅されない限り、うちの子が学校でPCを使うたび、きっちりとウイルスを土産に持って帰ってくるに違いありません。今はうちのセキュリティで水際対処できているとしても、将来にわたってソレが保障されるわけではありませんし、早く何とか手立てを考えたいです。
いっそモンスターペアレンツでも真似て、学校か教育委員会にでもに怒鳴りこんでみようかしらん?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事