かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

警官とか官僚とかが気軽に麻薬を使ってしまうというのは空恐ろしい話です。

2019-07-09 20:20:44 | Weblog
 今朝の最低気温は21.4℃、最高気温は26.5℃、五條市の今朝の最低気温は20℃、最高気温は26℃でした。今日も基本曇りでしたが、夕方には晴れ間も見えていました。ここ数日では一番雨と縁のない1日と思っておりましたが、家の近くでは昼頃霧雨が降って霧がかかったように烟って見えたそうです。明日は少しマシな曇り、明後日は雨模様の曇、とまだまだ梅雨空が続きます。

 さて、京都府警の23歳の巡査が大阪府守口市の実家に乾燥大麻を隠し持っていたとして、現行犯逮捕されたとのことです。なんでもこの巡査は大学4年のときに大麻を用いて以来常用していた模様で、よくそれで警察官になれたものだと驚かされました。しかし、昨今思わぬヒトが麻薬の類で逮捕されたりしていますね。昨秋は外務省、この春には文部科学省や経済産業省の官僚が相次いで覚醒剤を使っていたことが発覚して逮捕されていますが、どうやらネットで比較的簡単に入手できるらしく、想像以上に社会に浸透しているのやもしれません。押収される方も、全国の警察が30年まで3年連続で1トン超を押さえており、6月には静岡県内で約1トンの覚醒剤が押収されました。これらはおそらくは氷山の一角でしょうし、国内の需要はかなり高まっていると言えるのかもしれません。
 覚醒剤は使ったら最後、いずれ心身を破壊され尽くすことは、非常に競争率の高い国家一種試験をくぐり抜けてきた秀才たちが知らぬはずはないでしょう。それでも思わず使いたくなるほどに霞が関官僚は激務らしいのですが、我が国を支える公僕がこんな状況では国の先行きが危ぶまれます。せめて覚せい剤など必要としないくらいに多忙さが緩和できれば良いのでしょうが、そんなに難しいことなのでしょうか?

コメント   この記事についてブログを書く
« 過重力で鍛えられるのは筋肉... | トップ | はやぶさ2、リュウグウへの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事