かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

血圧関係の定期検査に病院へ。なかなか思うように下がらないのが厄介です。

2011-09-16 21:08:25 | Weblog
 今日は血圧の定期健診で午前中は病院にいました。血液検査と問診と血圧測定、と通り一遍のことをしただけですが、朝から行って結局会計を終えたのは昼過ぎになっていました。6,7月頃は低めで安定していた血圧が8月後半から徐々に上がり、9月初めにまた上170台、下120台なんて数字を出して、またここ1週間で低くなってくる、という状況を、ほぼ毎日測定して記録したデータを基に担当の医者と話をしました。薬を飲むのも選択肢の一つだ、とは言われたのですが、8月までの低血圧と8月後半以降の数値上昇、そして最近の低下には、原因と目されることがひとつあり、血圧が上がりやすい冬までソレを検証して、もし冬に血圧を下げられなかったら薬も考えてみる、ということで今日は収めました。
 何が違うのかというと、歩いていたかどうか、です。
 うちの職場は山の中にあるため、小一時間あれば、高低差100mほどの山道を歩きまわる、ちょっとしたハイキングが楽しめます。8月まではほぼ毎日、昼休み昼食をとる前に30分ほどそんな山歩きを続け、更に時間が許せば夕方には少し大回りに山を巡って1時間近く歩く、というようなことをしておりました。職場から山を降りていって、また登ってくるのですが、高低差70m以上の山道を一本調子で登り続ける帰り道は、途中で汗だくになって息が切れるなかなかのハードコースです。
 ところが、8月中旬から急に出張やら何やらが立て込んで仕事が忙しくなってしまい、歩く時間が激減しました。すると、現金なもので途端に血圧が上がってしまい、ついには「これは駄目かも?」と思った3月の血圧値とほぼ同じの数字が出たのをきっかけに、無理にも少し時間をとってもう一度歩くようにしだしたのでした。すると少しずつですが確かに血圧が下がり始めましたので、やはり運動は続けないと意味が無いのだな、と認識を新たにした次第です。
 今日も病院を終えてから、遅めの昼食を摂る前に1時間ばかり平地を歩きましたが、なんとか時間を都合して少しでも歩くようにしないと薬に飲むしかなくなりそうなので、これからどれだけ歩く事が出来るかが問われますね。と言いつつ早速明日から雨続きで歩くのが面倒な天気模様なのが痛いです。
 次の検査は12月。さて、結果が出せるでしょうか?


コメント   この記事についてブログを書く
« ナショジオが制作していても... | トップ | 火星にヒトが行くよりも、も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事