かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

今年は本当に花粉の多い年なのか? と疑問を覚えるほど今のところは少ないです。

2017-02-25 20:44:24 | Weblog
 今朝の最低気温はー1.2℃、最高気温は11.1℃でした。昨夜は23時過ぎには気温が氷点下を割り込み、このまま今朝を迎えればどこまで気温が下がるのだろうと心配してましたが、案外大した事が無くて良かったです。今日は朝から快晴の上天気で、洗濯・布団干し日和な土曜日でした。もっとも、日差しを浴びていると結構ポカポカ暖かいのですが、影に入ると冷んやりするという、確かにまだ2月なんだな、と思わせる一日でもありました。明日も今日と変わらない天気になるそうです。そうなると心配なのはスギ花粉ですが、環境省の花粉観測システム「花子さん」のデータを見ている限りでは、まだこちらではさほど飛散していないようです。2月10日未明に一回少し大きなピークがあっただけで、ほとんど沈黙しています。私の目や鼻のむず痒さからすると確実に相応の規模の花粉が飛び交っているはずなのですが、機器が観測し得ない程の少量で地域限定的な花粉でやられているのかも知れません。
 そう言えば10日頃と言えば私が東京で喉をやられ、風邪を引いて体調を崩し始めた頃の事。改めて「花子さん」でその日辺りの東京方面の花粉飛散状況を見てみたら、結構飛んでいました。雪の舞う寒さでこれなら花粉の心配もあまりいらないだろうと油断していた時もありましたから、これはホテルの乾燥だけが主因ではなく、花粉でやられた分もあったかもしれません。
 それにしても、もう来週には3月になりますが、今からスギ花粉が激増したりするんでしょうか? 今年の西日本は昨年よりも遥かに多いと聞いて身構えていたのですが、こんな感じで2月が終わろうとしていると、本当に今年は多いのか?と疑問を覚えてしまいます。近畿のピークは3月上旬とのことですが、これから急激に増えてくるというのなら、その分の対策はいまからでもおそくはないでしょう。兎にも角にも油断大敵、ですね。

コメント   この記事についてブログを書く
« プレ金、ってまた妙な言葉を... | トップ | ヤマト2202、是非見逃し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事