かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

この1年、今までになく何かと死生観を揺さぶられました。

2020-09-02 19:04:25 | Weblog
 今朝の奈良市アメダスの最低気温は27.5℃、昼の最高気温は33.9℃、五條市アメダスの最低気温は23.5℃、最高気温は31.3℃でした。今日は朝は晴れていましたが、間もなく急速に東南から分厚い雲の絨毯が流れ込んで来て空一面を覆い尽くし、昼前には雨が降り出しました。雨は一時的に強く降りながら15時頃まで降り続け、その後雲が切れて日が差し、蒸し暑い夕方となりました。日が沈むと空気もまた冷えてきて涼しいそよ風が窓から流れ込んできています。懸案の台風9号は九州の西側をかすめながら朝鮮半島へ上陸間近、ついでようやく台風となった10号が急激に発達しながら西に進み、週末ー週明けには9号の後を追うように、また朝鮮半島へ向かうようです。数日前の予報から随分と西にずれ込んできましたが、気象庁もwindyの進路予測も大体揃って来ましたし、あとは九州西岸に上陸するかどうか。警戒は厳に、備えを怠りなく、ですね。

 さて、今日は私の生誕記念日、となるわけですが、昨年の今日は亡父の手術でそれどころではありませんでした。首の左側の頸動脈に巣食い、外からでも瘤のように無残に肥え太ったガンをなんとか取り除いた激戦の手術でしたが、これで半年、放射線が効けば1年は寿命が伸びた、と安心したのも束の間、結局は悪性極まるガン細胞の、放射線治療を物ともしない今までを上回る再成長と肺その他への転移によって、父はちょうど3ヶ月で亡くなってしまいました。その後年が明けて今度は父の実兄になるおじがやはりガンで亡くなり、我が血筋はどうやらガンになる遺伝子を持つことが明らかとなりました。まあその後私は心筋梗塞でちょっと逝きかけたので、私の場合はガン発症が早いか、心臓や脳で致命的な障害を受けるのが早いか、ということになりそうではあります。
 という具合に、この1年はやたらと「死」というものを身近に感じ、色々と考えてしまう1年でした。個人的には一昨年も書いているように、極力長生きして未来を、特に進化していく未来の技術を見てみたい、体感してみたい、と思い続けているのですが、残念ながら一昨年ほど楽観的に自分の寿命を見られなくなったことに、改めて気が付きました。後50年もあれば大半の病は克服され、老化現象も解明されてそれを阻止する技術も生まれて、ヒトの寿命が飛躍的に伸びるんじゃないかと期待されるのですが、それを見たり体感したりすることが果たしてできるかどうか。再生臓器か人工内蔵の進化の加速に期待したいですが、それが間に合わなかったとしても、なんとか死ぬ前にイーロン・マスクの会社が開発中のNeuralinkのような、脳と機械をつなぐ装置の実体験だけでもできないものか、と思います。多分、SAOのような没入型VRには必須の技術だと思うんですよね。これらが進化していけば、きっと夢の世界にも自由に行けたり観る内容を自在に修飾できるようになると期待しているのです。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« GoToトラベルキャンペーン、... | トップ | 農作物ならともかく、豚とか... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誕生日おめでとうございます (HIde -ハイド-)
2020-09-03 13:14:05
誕生日おめでとうございます。
何かと大変な年でしたが、
これからもお体に気を付けてお過ごしください。
またコロナウィルス感染拡大が収束したら
東京の方に遊びに来てくださいね(^^

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事