かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

人間ドックで身体は問題なしでしたが、修理した中華タブが早くも逝ってしまいました。

2016-06-30 20:30:00 | Weblog
 今日は人間ドックで大阪まで出かけてきました。朝から昼過ぎまでかかってひと通り検査を終え、医師の診察を終えて、とりあえず身体に異常はない、という診断を得ました。特に最近、食事でご飯の塊などを咀嚼の上飲み込もうとするとノドの途中で引っかかり、慌てて水をごくごく飲んで逆流を防ぐ、というような事が多かったので、よもや食道にあってはならないものでもできてたりしないか、と戦々恐々だったのですが、レントゲンで見る限り全くそのようなことはなく、多分ノドの蠕動を行う筋肉が弱ってきているんじゃないか、と言われたのが、なるほど、と納得するとともにもうそんなところまで老化が進んでいるのか、とショックでもありました。老化といえば目が悪くなっていて、さすがにメガネを変えないといけないかも、と言う数値だったのも衝撃的でした。老眼で遠くが見えるようになるんじゃないのか? と思っていたのですが、どうも液晶画面を四六時中見ているせいか、随分と目が悪くなっているようです。後は、いつも困ったことになりがちな胃は全く問題なかったのですが、十二指腸が荒れている、と言われました。特に自覚症状は無かったのですが、最近の寝不足が祟っているのかもしれません。ただ、それについては調子が悪い時に胃薬でも飲んで下さい、と簡単に言われましたので、取り急ぎ危険は無いのでしょう。
 2年前に引っかかった胆のうの異常も、少し壁が厚くなっているだけで取り立てて慌てる必要はなし、という診断。血圧は、何故かこのドックで測ると低めに出るのですが、今日も上108下88と、下が少し高めですが自宅で計ったりするのと比べると明らかに低い数字でした。普段からこんな数字なら安心なのですが、何か違いでもあるんでしょうか。
 こんなわけで全般的に見て大きな問題は無し、というお墨付きを得ることができましたが、その直後に子供から衝撃的なメールが携帯に届きました。つい3週間前に修理したばかりのタブレットを落として割ってしまい動かなくなった、というのです。ああ、たった3週間。いつかやらかすかも、とは思っていましたが、思いの外短い寿命でした。しかし、バッテリーも新品に替えたところであまりに勿体無い、というわけで、またeBayから買うことにしました。今度は中国製9ドル49セントの奴にします。前回はアメリカ製で本体は12ドルほどだったのに送料で15ドルかかるというものでしたが、今度のは送料2ドルちょいです。多分届くのに2週間位かかるでしょうが、また殻割りして見ると致しましょう。前回は思わぬ伏兵に慌てて修理手順の撮影ができませんでしたから、今回はきっちり撮影してみようと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« トルコの国際空港で銃の乱射... | トップ | それ一枚で関西圏の私鉄全て... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事