かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

今年観た映画は、数こそ少ないながらも「当たり」ばかりだったのが良かったです。

2014-12-26 21:51:28 | Weblog
 一夜明けても昨日の「ヤマト」の余韻醒めやらぬ朝を迎えましたが、仕事納めも無事終わり、今年もいよいよ終了まで後数日となりましたところで、今年観た映画でも振り返ってみようかと思います。昨年の年末には、せめて2ヶ月に1回は映画館に行きたい、とのたまいましたが、結局改めてブログの記事を検索してみましたら、5本の映画を観に行っておりました。順番に並べると、「るろうに剣心 京都大火編」、「GODZILLA~ゴジラ」、「るろうに剣心 伝説の終わり編」、「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」、「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」の順になります。2ヶ月に1本には少し足りませんが、まあ去年よりはそれなりに数を観たとは言えます。ただ、私としては、「キカイダー」とこの間までやっていた「ドラキュラZERO」は観ておきたかった。時間がなかなか都合できなくて、どうにかして見に行こう、と思っている内に封切り期間が過ぎてしまったのがなんとも残念でした。あと「マレフィセント」は映画館で予告を見てこれも面白そうだ、と思っていたのに見逃してしまったのですが、トルコからの帰りに機内の液晶TVで少しだけ観ることができました。一方、「アナと雪の女王」にはそれほど食指が伸びず、観に行かず仕舞いでした。まあ観れば面白いには違いないのでしょうが、どうもあの手の3Dアニメはわざわざ映画館に行こうという気になれないでいるのです。

 時間云々は、昨日の「ヤマト」のように、その気になればなんとかやりくりできなかったはずはないのですが、近所のシネコンがひとつ潰れてしまったのが結構地味にこたえました。そこが残っていたら、車で15分ほど走れば映画館に辿りつけましたから、仕事終わってからでもゆっくり観に行くこともできたのですが、なんとも残念な事です。
 まあそんな中で観た5本は、十分期待以上の満足を覚えさせてくれる作品ばかりだったのがせめてもの慰めでしょうか。
 では、来年こそは、「観たいな」と思った映画は無理してでも観に行って、やっぱり最低2ヶ月に1回は映画館に行けるようにしたいです。今年のように面白い作品ばかりに当たれば言うことなしですが、こればかりは来年の映画運に賭けるしかありませんね。初詣の時にでも、よくお祈りしておくことにしておきましょう。





コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ようやく「ヤマト」を観に行... | トップ | トルコ土産のオリーブ油が実... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

My Best Movie 2014 (西京極 紫の館)
年賀状も書き終わり、大掃除も終わりました。 と云う事で、そろそろ2014年の総まとめをしておきましょう。 まず今年観た映画。 今年劇場で観た映画は67本。 奇しくも昨年とまったく同じ本数でした。 ☆5つ満点評価が4本は昨年と同じですが、 ☆4つが21本と昨年よ...