かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

イカ天出身のバンドといえば? - gooランキングで振り返る私の歌の好み

2011-09-22 21:42:01 | Weblog
 たまにはgooが用意したブログネタ帳なるものを利用して書いてみようか、と思いたち、選んでみたのがこの話題です。

イカ天出身のバンドといえば? - gooランキング



 イカ天出身バンドといえば? というこのネタ。私はというと、何をさておいてまず「マルコシアス・バンプ」、次に「カブキロックス」です。「たま」は『さよなら人類』しか知りませんし、他のバンドにいたってはほとんど名前すら知らない、という体たらくで、逆にどうして上記2者がこんなに低いランクなのか、と目を疑ったほどなのですが、では自分は果たしてこの『平成名物TV』の『三宅裕司のいかすバンド天国』を観ていたのか、というと、今思い出そうとしても全く記憶の片鱗すら拾い上げることができません。多分当時の私は、この番組を観てなかったのでしょう。それでも、どこかで「マルコシアス・バンプ」や「カブキロックス」を観る機会があって、その僅かな機会に強烈な印象を受けたのが、今に至るまで記憶する縁になっているのだと思われます。もちろん両者の歌は大好きでカラオケでもよく歌うのですが、誠に残念なことにカラオケで収録されているのはどちらもほんの数曲。対する「たま」は、100曲以上あってよりどりみどりです。活動していた期間の違いもあるのでしょうが、個人的に「たま」より遥かに評価している「マルコシアス・バンプ」の曲数があまりに少なすぎるのが誠に残念でなりません。まあしょうがないといえばしょうがないのですが。

 恐らく、これは多分に私の好みの問題でもあろうと思われます。「サディスティック・ミカ・バンド」とか「ハルメンズ」とか「ヤプーズ(戸川純)」とか「鈴木さえ子」とか、どれもカラオケに収録されている曲数は極限られています。「井上鑑」など、一曲もありません。比較的数が揃っているのは「聖飢魔II」くらいでしょうか。ただし、歌うのは一苦労ですが。カラオケの会社としても、収録したとして一体誰が歌うのか分からないようなマイナー曲よりも確実に稼げるメジャーどころを揃えていくのは当然の仕事だと思います。ソレは重々承知してはいるのですが、それでも、全国で何人も歌いそうにないマイナーな曲目も可能なかぎり充実させていただきたいと思うのです。やっぱり「青い冒険者」とかも是非歌ってみたいですし。

 と言いつつも、カラオケ黎明期から知る身としては、これでも随分私の好みの歌も歌いやすくなったことくらいは理解してはいるのです。その上で、もう一声! 充実させてほしいなぁ、と願う次第。


コメント   この記事についてブログを書く
« 15号は史上4番目の強力台... | トップ | 今日の夢2題(長文注意) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事