かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

半年ぶりの豚熱(豚コレラ)発生で5400頭が殺処分されるそうな。

2020-09-26 21:57:45 | Weblog
 今朝の奈良市アメダスの最低気温は19.5℃、昼の最高気温は24.3℃、五條市アメダスの最低気温は18.9℃、最高気温は24℃でした。今日は一日曇り、一時は雨が降るんじゃないか、と思うほど分厚い雲に覆われましたが、午後遅くから雲間が切れて青空が見え、少しだけ日差しが届きました。昨日より若干最高気温が上がったのはその日差しのためですね。明日は曇り時々晴れ。できればしっかり晴れて欲しいところですが、急速な回復とはいかないみたいです。

 さて、群馬県高崎市の養豚場で、豚コレラこと豚熱(CSF)が発生、5400頭が殺処分されるとのこと。国内の養豚場での発生はほぼ半年ぶり、県内では野生イノシシの感染例はありましたが、養豚場での発生は初めての事例とのこと。群馬県では昨年10月からワクチン接種が行われ、この養豚場でも接種されていましたが、感染したのは子豚でまだ打ってなかったそうな。一瞬のすきを突かれた格好ですが、たった1頭の子豚の感染のためにワクチン接種済みで免疫を獲得していると目される5千頭以上が処分されるというのは、そういう法律とはいえなんとも納得しがたいものを感じます。なんと言ってももったいない話ですし、それだけの資産を一気に失う農家の経営にも影響が大きいでしょう。ワクチンが効果を発揮して免疫性を獲得するまで一定の時間はかかるので、その時間が経過していない個体のみ殺処分してあとは食肉に加工しては駄目なんでしょうか? なんのためにワクチン接種したのかわからない気がするのですが。



コメント   この記事についてブログを書く
« 今度こそ行政改革なるものが... | トップ | インドネシアで、日本人が密... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事