かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

首相までヤジを飛ばすようになっては国会もいよいよ病膏肓に入った気がします。

2015-02-20 22:15:17 | Weblog
 今日は仕事の後少し寄り道して近所の家電量販店に行き、空気清浄機を買おうと思ったのですが、残念ながら私が買うつもりでいた某大手メーカーの製品は在庫がなく、しょうがないので手ぶらで帰ってきました。ネットでも結構評判の良い機種で、会社も家電メーカーの中では珍しく好調を維持している有名ドコロなのですが、そのメーカーのものは他の機種も含めて1台も見当たりませんでした。まあ明日の休みにでも何軒かはしごしたらどこかのお店で拾えるかもしれませんが、ネット通販で取り寄せたほうがずっと楽に入手できそうなのがなんというか残念な感じです。空気清浄機は、花粉症仲間の知り合いが設置したら随分楽になった、と聞いていたので試してみようと思っていたのですが、最初の一歩を躓いたのがケチのつき始め、なんてことにならないように気をつけたいです。

 さて、国会で安部首相が民主党が質問している時に答弁席から「日教組!」だとかなんとかヤジをとbし、それを今度は民主党の前原氏が取り上げて首相に猛省を促し、首相も負けじとやり返す、というようなやりとりがあったのだそうです。
 前々から国会のヤジには、大の大人が情けないことをする、と苦々しく思っておりましたが、首相までやらかすとは全く情けないにも程があります。まあ答弁する側は質問者に質問を返せないようなので(議論と言いながらこれもおかしいと個人的には思うのですが)、それを補う(?)ヤジということなのかもしれませんが、それにしても人が話をしている時は静かにそれを聞く、というのは小学校でだれでも習う礼儀の一つです。いつの誰だったか記憶は定かではありませんが、ヤジもまた重要な意見の表明の方法だと言った議員さんがおられましたが、そんな方法でしか意見を表明できない議論の方法などろくなものではないですし、ヤジを飛ばさなくても済む議論の方法をもっと模索し工夫をこらしていくべきなのです。なぜ学級会でもできる程度のことを、選良と呼ばれる大人が成し得ないのか、国会議員はそんな情けない自分たちの姿を国会中継で国民に晒しているということに少しは気を配るべきでしょう。民主党も首相のヤジに突っ込む暇があったら自ら襟を正し、国会からヤジを根絶する提案でも出して見てはどうかと思います。首相と吠え合っているよりよほど民主党のイメージを刷新することができると思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 今更我が国で徴兵制を試みた... | トップ | 胆のうの精密検査に出かけた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事