かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

特段の目的もなしに、新世界・千日前界隈をぶらぶら散歩しに行きました。

2013-01-29 20:22:02 | Weblog
 昨日とは打って変わって冬晴れの気持ちいい一日、一昨日の日曜日の仕事の代休を取って、ふらっと大阪に遊びに行きました。



 近鉄であべの橋まで出て、天王寺公園ー新世界ー日本橋ー難波と歩いて、難波から近鉄で帰る、という散歩コースです。
 特に何か目的があったわけではなく、1月中に使わないといけない大阪行きの割引切符があったのと、お天気が良かったこと、代休があったことが重なって、出かけることにしたのでした。普通はこのコースの時は日本橋に何かお買い物に行く、というような明確な目的があるのですが、その場合は近鉄日本橋駅からでんでんタウンに進み、新世界を経由して天王寺に出る、というコースをたどるので、今日は逆コースで辿ってみたのでした。まあ天王寺公園にある大阪市立美術館で何か面白そうな催しをやっていたらちょっと覗いていこうか、位は考えておりましたが、結局特に興味を引くものもなく、ブラブラと歩きまわるだけに終わりました。たまにはこうして無目的にフラついてみるのも面白いものです。
 お昼は千日前の中華料理屋「」で野菜炒めと餃子の定食500円也、を味わいました。千日前店は昭和28年創業の「」の第1号店で、日本で初めて「焼き餃子」をメインに据えて出したお店なのだそうです。「餃子の王将」が昭和42年創業ですから、それより10年以上古くから餃子を看板に掲げていたわけで、私も幼少の頃は近くに「」の支店があったこともあってか、餃子といえば「」だと思っていました。
 基本、王将より少し高めですが味は「」の方が上と思っております。まあ子供の頃からの慣れとか味付けが好みに合っているとかもありますし、王将にしてもにしても店ごと、調理人ごとに味は結構変わりますから、一概には言えないかもしれません。ただ、餃子で言うとのほうがあっさりしてて上品でいくら食べても飽きない味、王将はよくも悪くも味がしっかりしていて、時折無性に食べてみたくなるけれど頻繁には勘弁、というような差があります。これも好みの問題ですね。基本、価格高めなはずなのですが、昼の定食は内容からすると破格の値段設定がされていますので、王将に行くよりも大分お得だと思います。これも本店だけのもので、他のお店、例えばなんばウォーク地下街のお店では、こんな安い設定の定食はなかったように記憶しています。
 
 半日上天気の中のんびり散歩して、安くて美味い飯を食って、今日は日頃のストレスをかなり解消できたんではないかと思います。たまにはこういう時間を創って心身リフレッシュを図るのも、大切かもしれませんね。


 
コメント   この記事についてブログを書く
« 懸念したほど気温は下がりま... | トップ | 職場のインフルエンザ禍は収... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事