かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

日本もいつの間にか本気で制裁とかやれるような国になったんですね。

2019-07-01 19:59:15 | Weblog
 今朝の最低気温は22.5℃、最高気温は28℃、五條市の今朝の最低気温は21.5℃、最高気温は25.5℃でした。昨夜はずっと雨が降り続いていたようです。多分雨音のせいだと思いますが、午前1時と4時にそれぞれ目が覚めました。少し強く降る時間帯があったのかもしれません。更に雨は6時頃に異様に強く降り出して、これはびしょ濡れになるのを覚悟して行かねば、と思っていたのですが、その後程なく雨脚が弱まり、それほどひどい目に合わずに済みました。帰りも曇り空で降られずに済みましたし、想定した状況よりはマシな日が続いております。
 ただ、天気予報は相変わらず長期の雨天が予報されていますし、時々でも強い雨が降るのであれば、いつかそれに当たるかもしれず、面倒な日はまだ続きます。こうなると早く梅雨が明けて欲しいと思わずにはいられませんが、そうなると暑い暑い夏がやってくるわけで、なんとも痛し痒しという感じが拭えないのが今の季節ですね。

 さて、韓国への半導体関係資材の輸出規制、まさか日本政府がそこまで踏み切るとは、正直驚いてしまいました。実際には規制するのではなくて、最恵国待遇をやめて一般の国同様許可制で審査をする、というだけのことなのですが、無条件から条件付きになっただけでも手続きの煩雑さや必要な時間が思いの外かかる(なんでも90日位審査にかかるという話も聞きました。申請から3ヶ月とは・・・)とか聞くと、なるほど、確かに規制といえるかも、という気がしてきます。審査した上で些細な不備を理由に拒絶することだってできるわけで、いわばこちらのさじ加減次第で幾らでも輸出を制御できるという。官房副長官殿は記者会見で徴用工問題への対抗措置ではないと明言されましたが、誰もそんなこと信じたりはしないでしょう。一応形だけは明言しておくのが大事、ということなのでしょうね。

コメント