かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

名探偵コナンカフェ、なるイベントに参加することになるとは・・・。

2019-05-19 19:32:43 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温17.4℃、最高気温は25.3℃、五條市の今朝の最低気温は13.2℃、最高気温は25℃でした。今日も朝から曇で夕方には雨が降るのかと思っていましたが、朝からよく晴れました。午後もそう天気は悪化せず、日が沈むまで日差しが見られましたが、大阪では午後早くから曇り空となり、夕方には今にも降りそうな感じになっていました。直線距離だとほんの30キロほどしか離れていないのに、生駒葛城金剛山系の東西で随分と今日は空模様が違いました。おかげで今日は午前中布団を干すことができましたが、明日は予報通り雨になるみたいです。

 さて、今日は娘にせがまれ、大阪・阿倍野橋で開催中の「名探偵コナンカフェ」というイベントに参加してきました。コナンカフェは毎年映画にちなんで開催されているらしいのですが、この春は、札幌、仙台、さいたま、千葉、東京渋谷、東京池袋、名古屋、大阪阿倍野、大阪梅田、広島、福岡の全国11の会場で現在上映中の新作アニメ映画の企画として開催されているものです。阿倍野会場の場合、11時から21時20分まで、一日7回、1回80分の入れ替え制で、事前に予約抽選で選ばれた、1回あたり20数組40人強のお客が集うイベントでした。その抽選に娘が当選し、連れてこられたという次第です。内容は、映画にちなんだという、味はそこそこ、お値段はかなりアレな料理やデザートを提供しつつ、店の一角にグッズ販売コーナーを設けて、クリアファイルやボールペンなどの番組関連グッズを販売する、というものでした。お客の大半が娘と同じ世代の女性でしたが、かなり年配の方や子供連れもチラホラ見られる、この手のオタク向けイベントとしては比較的幅広い方たちが集まっていたように思われ、この間のシティ待機列よりはアウェー感も少なく済みました。
 この手のイベントは、昨年秋に娘にせがまれ、黒執事の「ファントムカフェ ハロウィンパーティー」に連れて行かれて、あまりの疎外感に後悔した事がありましたが、ただ、内容の充実度はこちらのほうが上だったような気がしました。ディープなファンを多く抱える尖った作品と、老若男女薄く広く愛好される作品との差なのかな? と感じましたが、作品に派生してあの手この手で収益を重ねようとする企業、そしてそれについていくお客がいるというのは、随分と色々楽しみ方が増えたという捉え方もできるかもしれません。

コメント