小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

母親由来の抗体は、乳児予防接種の効果を低下させる。

2017年10月17日 13時01分13秒 | 予防接種
 興味深い論文を見つけました。
 赤ちゃんはお母さんから胎盤を介して免疫をもらい、生後半年くらいはその抗体で守られると一般的に考えられています。
 赤ちゃんに予防接種をする際は、この抗体の存在を考慮に入れなければなりません。
 抗体がある状態で該当ワクチンを接種しても、「もう抗体があるから必要ないよ」と排除される可能性があるからです。
 しかし母親由来の抗体は赤ちゃんが自分で作ったものではありませんので、いずれ消えてしまいます。
 すると、ワクチンを接種して免疫ができていると信じている親を裏切るように、免疫がない状況が作られてしまうのです。

 このため、生ワクチンは1歳以降に設定されています(ただしBCGとロタウイルスワクチンは例外)。
 さて、他の不活化ワクチンについてはどうなのでしょう。
 B型肝炎やヒブ、肺炎球菌ワクチンは生後2ヶ月から、四種混合は生後3ヶ月から接種していますが、問題ないのでしょうか?

 内容を読むと、ほとんどのワクチンが母親由来の抗体の影響を受けていることがわかります。
 検討されたのは、ジフテリア、破傷風、百日咳、Hib、ポリオ、B型肝炎、C群髄膜炎、肺炎球菌。
 ポリオ以外は不活化ワクチン、ポリオとB型肝炎以外は細菌ですね。
 そして結果は、母親由来の抗体が残っている状態で赤ちゃんに該当ワクチンを接種すると、その効果が10〜20%程度低下してしまうことが判明しました。

■ JAMA Pediatrics誌から〜移行抗体が高い時期はワクチンの効果が下がる〜妊婦への予防接種は乳児の接種スケジュールに影響する
2017/6/8:日経メディカル
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アスリートは健康ではない? | トップ | 下北半島の医療事情2017 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

予防接種」カテゴリの最新記事