小児アレルギー科医の視線

医療・医学関連本の感想やネット情報を書き留めました(本棚2)。

子どもと違う「高齢者の便秘」の特徴

2017-09-23 16:13:51 | 医療問題
 「子どもの便秘」には日々つき合っていますが、高齢者の便秘に関する記事が目にとまりましたのでメモしておきます。

 私自身、40歳代までは毎朝回便だったのですが、50歳が近づくにつれて出が悪くなり、週に1くらい便通のない日が出てきました。それまでの生活リズムがくずれ、違和感を抱えたまま一日を過ごすことになかなか慣れませんでした。
 あるとき、NHK「ためしてガッテン」で「中年以降は便の出が悪くなり毎日出なくても異常ではない、便秘と考えなくてもよい」と専門家のコメントを聞き、「なんだみんなそうなんだ」とちょっと安心。
 でも、オリゴ糖を含めた食物線維を摂取するようつとめたり、オリーブオイルを毎日使ったりと食生活に気を遣うようになり、効果は実感しています。

 さて、将来はどうなっていくのか・・・高齢者の便秘について勉強しておきましょう。
 私がポイントと感じた箇所を列挙しておきます。

<高齢者の便秘には二つのタイプ>
1.排便回数減少型・大腸通過遅延型
 加齢により腸管運動機能が低下して蠕動運動が衰え便秘となります。そして、腸の内容物が停滞して腸管全体の動きが悪くなり便秘となります。
2.排便困難型・機能性便排出障害
 加齢により排便時に生ずる肛門周囲の筋肉の一連の動き(直腸内の便が腸管壁を伸展して直腸筋の収縮と内肛門括約筋の弛緩が起こり,随意的に外肛門括約筋が弛緩して肛門挙筋が収縮する)が障害され便秘となります。つまり高齢者では、直腸に便が到達して腹圧をかけても、排便反射が起こりにくいため便秘となり、残便感が強くなります。

<高齢者の便秘の原因>
・食物繊維や水分の摂取が不十分
※ ただし、食物繊維は高齢者に多い大腸通過遅延型の便秘では便秘を悪化させることもあるため、あくまで適切な量を。
・運動不足
・環境の変化
・基礎疾患による腸管運動機能の低下
・薬剤

■ 「高齢者の便秘をどう診るか(上)」
北里大学総合診療医学・地域総合医療学 木村琢磨
2017年08月24日:メディカルトリビューン

 対策としては「食べて運動する」と当たり前のことが書いてありますが、それがなかなかできなくなるのが高齢者ですよねえ。

■ 「高齢者の便秘をどう診るか(下)」
2017年08月29日:メディカル・トリビューン

 後半は「介護」の視点から、補助が必要だけど人間の尊厳を損なわないよう気遣いも必要、という難しい対応が必要なことが説かれています。

<追記> 2017.10.24
 最近公表された成人便秘の診療ガイドラインの紹介記事を見つけました。

■ 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は?
横浜市立大学附属病院肝胆膵消化器病学主任教授の中島淳氏に聞く
2017/10/20 日経メディカル
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« インフルエンザワクチン、遺... | トップ | おたふくかぜ(流行性耳下腺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療問題」カテゴリの最新記事