レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

cubaseで遊んでみた

2019年01月04日 | 日記

検索してみると世代違い(年代が古い)音楽ソフトをwin10にインストールして使っている人もいるようだ

インストール自体はそう難しい作業ではない

問題はインストール後の安定度の確保にある

やはり、苦戦してるようだ

知れば知るほど深みにハマるのだ

最新のソフトが高性能であることは言うまでもないが・・

はたしてその性能や機能が必要なのか?

ギターとドラムをミックスする程度の作業ならば、ほどほどの性能で十分だと思う

新しいソフトも安くない

可能ならば、私のような方法もありだと思う

 

メーカー側もその辺りは承知しているように感じる

最近は音楽ソフトのフリー版も充実してきたようだ

簡易的な作業ならば、そんなソフトもありだと思う

 

私も過去に試験的に導入したことがある

結局、物足りなくなってしまうのだ

プラグインソフトなどが制限されていることが多い

「もっと色々な音が欲しいなら買ってね」

フリーソフトなどでは良くある話、

本格的に音楽制作を目指すならば、素直に製品版を買ってしまった方が早いと思う

 

打ち込みも慣れれば、かなり複雑な事が出来るのだ

実際に鍵盤が弾けない人、楽譜が読めない人でも音楽が作れる

 

今回は雰囲気が異なる音源を作ってみた

後半の音源はすべて、ステップ作業による打ち込みなのだ

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 訪問者数が1,900人を超えたよ | トップ | 訪問者数1,971人 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事