4CATS

この平穏退屈な日々にもそれなりに感動って在るもの。

母との話

2018-11-13 16:54:11 | とりとめもない話
今にも降ってきそうな曇り空の下、母と自由が丘へ。

40年間、そう遠くないところに住んでいたはずなのに、ここに来たのは2回目。去年が初めてで、今回。

だからほぼ初めての街。

夏と違って、いくらでも歩ける。

でも70代の母は、2時間歩いて、(といってもとてもゆっくり)疲れたと、お昼を食べることに。

「お金がない老人は嫌われる」と自嘲気味に話す母。友人間でもそういう話になるらしい、誰に嫌われるかというと、それは自分の

子供や孫。よく「金持ちはケンカしない」っていうでしょ、それと似たところで、お金持ちのおばあちゃんに子供や孫はすり寄ってくれるけど、

ないと、厄介者扱いというわけだ。

なくはないかもしれないけど、そんなことばっかりでもないと思う。

年をとってからの生き方は、本当に千差万別。自分の気持ち次第で、中身も見た目もすごい違ってくる。

母は、最近一人暮らしの家は暗くて魔物が住んでるみたいだというけど、その魔物は母自身なんじゃないかと最近になって

ちょっと思った。

考え方を変えようと思わないと、幸せは考え方次第で世界一にも感じられるし、世界でいちばんの不幸者にも感じられる。

コメント