たんたか短歌たんたかたん

 since2005 熟成はしてません 
 
  31%の真実を詠います

あの時にふたりで選んだ掛け時計電池の寿命がもうじき終わる

2017-02-24 10:16:52 | 短歌
A:手巻きの掛け時計が好きであった。祖父に支えられてゼンマイをぎぃぎぃと巻いたものだよ
B:もうすぐゼンマイの季節ですね!胡麻和えなんか好きなんですよ!
A:そういえば君はワラビとゼンマイの違いを知っているかね?



















意表を突く質問にB氏退散
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぁ千里おなかの出てる俺だ... | トップ | 真っ白なシャツを選んだその... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にっくも)
2017-02-28 17:53:20
あの時はふたりで選んだ掛け時計暗い和室で孤独を刻む
Unknown (にっくも)
2017-02-28 17:55:59
時はコツコツと進んでいきますね。

コメントを投稿

短歌」カテゴリの最新記事