日々のできごと。生物準備室より

理科教育、生物教育に関して考えたことをぼちぼち更新。
たまに授業実践報告をします。

科学史から考える、現在と未来

2019-02-09 21:08:51 | その他

 

国立科学博物館 特別展 「千の技術博」に行ってきました。
特別展の展示に携わった有賀先生のギャラリートークの日、
30名前後?の参加者と共に、展示の解説を聞いてきました。



長さの単位一つとっても、ドラマがあります。
国家が近代化してくうえで必要だった「長さ」の統一化。
業種によって一寸の長さが違うなんて、考えもしませんでした。
それでも、誰も不自由していなかった、ということですよね。

国内で一尺の長さが統一され、
国際基準に合わせてメートル法が採用された後であっても、
上の写真のように、
尺はこんなところで引き継がれています。



気になった展示の1枚です。
正確な時計を作り出した日本の技術は生活を変えました。
以前、江戸時代には和時計を使い、不定時法が採用されていたということを知りました。
季節によって、1時間の長さが違う・・・?
どうやって生活している?
想像がつきませんでした。
でも、そう、ただ単に、アバウトに生活していただけなんです。
社会全体が。
「時間にルーズな日本人」と外国人に言われた、、、
新鮮に感じるフレーズです。

ギャラリートークの中でも有賀先生がおっしゃっていました。
何か、新しい科学技術が生活に加わることが、何を意味するか。
もちろん、「便利」にはなるけれども、
今まで気にしなかったことを気にすることになる。
正確な時計ができたおかげで、秒単位で時間に追われた生活をするように。

そして入口から気になったこのフレーズ

 

文明開化と共にまなびが変わる。
その背景の是非はともかく、
もう、科学技術は刻々と変化してしまっているのだから、
まなびが変わらなくては仕方ないよね。

歴史の流れ捉えれば、
科学技術の発展とまなびの変容の必然性は関連付けられると思います。
容易に。

同僚の世界史の先生の言葉を思い出しました。
歴史を学ぶことで、過去を知って、現在・未来に活用する。
いやぁ、その通りでしょう、と一人突っ込み。
心の中でだけど。


ギャラリートークの時間に合わせて入館したため、
最後まで見学する前にホタルの光~
もう一回来ないと。
音声ガイド必レンタルです。

 

コメント

【緩募】立体造形が得意な方をご紹介ください!!

2019-01-31 22:16:24 | その他

粘土細工でも彫刻でも、CGでも、
制作技術をお持ちの方、お知り合いにいらっしゃる方、是非お教えください。
人類進化を学ぶための教材として、人類の頭骨レプリカは優れています。
左側の黄色いアファレンシス君は、市販の頭骨をコピーしたため、
限られた範囲でしか活用できません。
自分で粘土細工してみましたが、うーん、餅は餅屋。
模型をみながら制作していただける方、募集中です。
コメント欄にご入力いただけると嬉しく思います。
(表示はしません。)
お待ちしております。 


おかげさまで、ご縁がありました。
ありがとうございました。

 

コメント

校種はあまりカンケーないよ、授業づくりの考え方(No.3)

2019-01-26 11:38:15 | 最近読んだ本
授業づくりの考え方 ―小学校の模擬授業とリフレクションで学ぶ
渡辺 貴裕 (著)
くろしお出版


われらの師匠、渡辺先生の最新作です。
読んでいると、
私にとっては実践よりの理論を追求する研究者、
渡辺先生の語りがそのまま、
正しくは、頭の中で関西弁に変換されて届きます。

真っ当な?レビューはこちら
いくぼんさんのブログにお進みください。



流れとして、
「試みる」まずは学生が模擬授業をやってみる。
「かえりみる」模擬授業について生徒役の学生と感想を言い合う。
「深める」著者が振り返りを深める視点を学生(&読者)に語る。
「広げる」著者の話を受けて、授業の改善案や発展方法について話し合う。
をいくつか繰り返し、
間に著者のミニレクチャーが入ります。

 

「試みる」で描かれる模擬授業のエピソードは、
あぁ、かつて自分も同じようなことしてたよね、と
記載内容よりもイタイ思ひでとして蘇ります。
そのイタさから今につながるので、無駄な経験だとは思いません。
でも、いきなり実践の場で挑んでいた初任の頃を思い出すと、
安心・安全な場、模擬授業で体験することのメリットを感じます。

 
1回の授業経験で何かが大きく変化するのではく、
何日も何か月も何年もかけて、
経験で得た知識や技術が、
その授業者にとって意味のあるものとして再構成されていきます。

その再構成を促すために、
対話を通した模擬授業検討会の実施は効果があるんだろうなと、
一連のエピソードを読んで初めて思いました。
一部ではなく、全体を読んで、です。

初任者研修の一環として行われる研究授業&検討会で、
講評者が何か伝授した時と同じく、
たった一回の検討会で何か教えられたからといって、
劇的に変わるわけではないのですから。

 


p163

 教室を子どもが共に学ぶ場にしたいのであれば、教師自身がまずそうした共に学ぶ場を仲間の教師たちと実践できていなければなりません。教師の学びと子どもの学びの「同型性」です。

 結局、ここだと思います。


「共に学ぶ場にしたい」

この思いがなければそもそも成立しません。
「教えるー教わる」の関係性は、結構、根深い。

そして世代は関係なく主流であると感じています。
「共に学ぶ場にしたい」と思わせるような場作り、
こちらの方が何倍も困難を極めるだろうな、、、、

なんか、気分が沈んできました。






気を取り直して。

 

これまで何回か参加した模擬授業検討会では、、
教科内容と教材の検討に関して、
いつも多少のフラストレーションを感じていました。

文中には登場する学生5人が教科内容について調べて話し合うシーンがありますが、
やはり、生ぬるさを感じます。
しかたありません。
模擬授業検討会ではこの部分を焦点化しているのではないこと、
自分には、熟達者と教科内容と教材の検討をがっつりできる日常がたまたまある、という理由です。
比較したら当然、満足できるわけがありません。


枝葉の内容になりますが、
素朴概念について気になりました。
動物の分類を例として挙げ、
「子どもが生活経験に基づいて自然現象などに対して抱く自分なりの理解のことを、特に理科の分野では『素朴概念』と呼んでいる。」
と説明があります。
正しい「動物」概念って、さて、何だろう?アメーバとかミドリムシは?巨大ウイルスはどう説明する?
素朴概念の例が、自然現象でなく人為的な分類なのは何でだろう?
もう一度、素朴概念について調べてみたくなりました。

 

 

コメント

当たり前を疑ってみる(No.2)

2019-01-24 20:57:41 | 最近読んだ本

ヒトがいまあるのはウイルスのおかげ! ―役に立つウイルス・かわいいウイルス・創造主のウイルス

クリエーター情報なし
さくら舎

インフルエンザウイルスが流行するこの季節。
勤務校も例外ではなく、学級閉鎖も。

インフルエンザウイルスに限らず,
ウイルスには良いイメージがありません。

「ウイルスは病原体」
「ウイルスは小さい」
「ウイルスは生物ではない」などなど。


そんな前提となる認識に対し、
ホントにそうなの・・・?と疑問を持つきっかけとなる一冊です。

 

どんな対象・分野でも、
当たり前と思っていることを、一度、疑ってみる。

その気づきから前進する。

進んだ先はそれぞれかも知れませんが、
まずは疑う、からスタートすることは共通するのですね、多分、
物事が進むときには。

 

帯にある「ウイルスを知ると世界の見方が変わる!」は、
ウイルスの見方を知るとの方がフィット感あり。
見方、大事です。

コメント

1年のはじまりはWHYから(No.1)

2019-01-06 22:32:20 | 最近読んだ本
WHYから始めよ! ―インスパイア型リーダーはここが違う
クリエーター情報なし
日本経済新聞出版社


大雑把に読んで終えていた一冊。
気になるところだけを記録します。

第2章 飴とムチ

Pp21.L4
人間の行動に影響を及ぼす方法は、ふたつしかない。

操作(マニピュレイト)するか、鼓舞(インスパイア)するか、だ。

L21
ビジネスから政治まで、あるいはセールスからマーケティングまで、どんな世界でも操作がはこびっている。なかでもよく見られる例を紹介しよう。価格を下げる。プロモーションをおこなう。恐怖心を利用する。周囲と同じ行動をとるよう仲間集団から圧力をかける。上向志向のメッセージを送る。あるいは、あなたが行動を変えればイノベーションが起こると訴える。(略)操作にすっかり依存してしまうのだ。無理もない。操作には効果があるのだから。

 

 

 

人間の行動に影響を及ぼす私たちの職務。

“操作”と“鼓舞”にあたる振る舞いを、どれだけ意識しているのだろうか?
とふと疑問に感じました。
“操作”することこそ教員の本務、と本気で取り組んでいる方々、沢山いらっしゃるような気がしてなりません。

 

 

第3章 ゴールデンサークル

 

P60,L5
はたしてWHATで自分を定義してきた多くの企業や産業は、長きにわたって生き残っているだろうか?あまりにも長いあいだ同じ手法をとってくると、新たなテクノロジーに対抗したり、新たなものの見方を獲得するのが、ますますつらい任務となる。

 

 

 

 

 

現場にいると、山のようなWHATリストが降ってきます。出処はいろいろです。
HOWまで細かく指定され工夫の余地もないことも多々あります。
さらに、個人レベルでWHATを定義して苦しむことも。
「○○科は××だから~」や
「校種が違うから」
「偏差値が違うから」等、
バージョンは多数あり。
結局、視座をどこに置くかで見え方が変わってきます。
自分がどの位置で感じたり考えたりしているのか?
自由に動く余地があるのか?
自問自答です。

 

P64,L6-

(略)このように、私たちはどこに行こうが、価値観や信条を分ちあえる相手を信頼する。

 

 どこかに帰属していたいという願望は、非常に強力だ。だから私たちは、どこかの一員になるためなら苦労をいとわない。

 

 

 

今となってはありがたいことに、
自分自身の価値観や信条に相当するものに対して、
理解を示されないだけでなく、
問題ありとジャッジメントを受けるという経験があります。
経験不足や興味関心の方向性の相違いなど、
相手にも少なからず要因があったと、
今では分析できます。そして、分ちあえない時の不信感も痛いほど。

 

価値観、はいつごろから身につくのでしょうか?

 

仕事で接する中学生は、立派にそれぞれの価値観があります。

 

3兄妹の成長を思い返すと、
生まれてすぐの授乳時から、それぞれの主張があったように思います。
生まれた瞬間から、1個体のホモサピエンス。

 

尊重すべき存在。

 

第5章 明快さ、厳しい指針、一貫性

 P82,L4-

終始一貫したWHATには「本物であること」(オーセンティシティ)が求められる。「本物であること」「真正であること」を意味する「オーセンティシティ」は、企業や政治家がよくまき散らしている言葉だ。本物であることが大切ですと、だれもが熱く語っている。(略)本物であることは、成功の必須条件ではない。だが、永続する成功を望むなら、必須である、ここでもまた、もとをたどればWHYにたどりつく。自分が心から信じていることを言い、行動に移す。それがオーセンティシティだ。だが、自分のWHYがわかっていなければ、志や理念を言葉であらわすことなどできない。自分のWHYと行動が矛盾せず、終始一貫していなければ、本物にはなれない。WHY抜きで本物になろうとするのは無駄な努力だ。そんな真似をしても、結局、ニセモノで終わるのだから。

 

 

 

第6章 危機に瀕する信頼

 

P98,L3

 

会社が従業員を酷使すれば、それは次に、客にたいする従業員の態度にあらわれる。山頂から土石流が落ちてきて、ふもとに立っている人間がまともに一撃を食らうようなものだ。

 

 

 

P192,L8

 

勝ちたいという欲望は、本質的に悪いものではない。ところが得点だけが成功の基準になると、問題が生じる。そもそも、最初に動機としていたはずの自分のWHYを忘れ、得点稼ぎだけに夢中になってしまうからだ。

 

P124,L8

 

内部の人間が守られていると感じるからこそ、すばらしい組織が生まれる。企業文化を強く意識するからこそ、帰属意識が生まれ、それが安全ネットのような役割をはたす。上司や同僚が、そして組織全体が、自分のことを見守ってくれているとわかっているからこそ、社員は安心して出勤する。その結果、全体のために働こうとする意欲が生まれる。個人の決断、努力、行動が、組織全体に長期的な利益をもたらす。そしてまた、その利益を守るようになるのだ。

 

 

 

同型性。

 

どれだけ気づけるか。
どれだけ気づく人を増やせるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第12章 WHATとWHYの乖離

 

P220 数値化できないWHY

 

 

コメント

真正の学習

2018-12-16 23:03:44 | ワークショップ・研修に関すること

現代アメリカにおける学力形成論の展開・石井英真(2011)東信堂 p183

 

この図、だよなぁ。

この図の①②の違い、だよなぁ、、、、。

知識発見型の①と、
知識構築型の②の教師の立ち位置の違い。

次期学習指導要領に関する資料や書籍を読んていると、
あくまでも①の域を越えていないところに物足りなさを感じます。

ただ自分自身の読解力が不足しているだけでしょうか、、、。

①で慣れ親しんだ場合、
それは教師であっても学習者であっても、ですが、
②の環境は心地よいものではなく、
受け入れにくいと思います。

だから敢えて前面に出ない?

コメント

科学者の時間ふりかえり(1)

2018-12-16 21:58:14 | 探究に関すること

本当は、、、
本当はその都度記録していくことが一番なのですが、
そうもいかない時間の流れ。
完全に記憶から消え去る前に、記録します。

夏休み明けの8月最終週、
中3理科(2分野)の授業は、天体分野からスタートしました。

導入で確認したことは、「理科」の授業とは何ぞや、から。


学習指導要領そのままです。
変わったことをしているんではないんだよ、
のアピールに伝わっていたかも知れません。
でも、不安にはさせたくない気持ち一心でした。
さらに、

科学的な見方・考え方の視点。
この時間に身に着けてほしい視点の提示。

勉強、いつ始まるのかな、と待つ学習者もいれば、
面倒そうに聞いていたり
妙にうなずきながら聞いていたりと、さまざまでした。

続けて、
「わかる」とは何か?
インプットしたものをアウトプットするまでに起こる「わかる」には
どんな側面があるのかを紹介しました。



よく見られる

「~について分かった」
「~について理解した」という記述は何を指すのか?

ウィギンスとマクタイが提唱する「理解の6側面」です。
学習者に提示することが最適かどうかは???ですが、
1学期と比べて、記述内容が具体的になったと思います。
意識して記述している場合に限りますが、、、、。


分かった事を具体的に書く、は結構難しいのです。
新たに事実を知ることは、単なる知識の習得。

この単元の最後に、
「使える」まで到達し、探究活動を実施するのがゴールだよ、
ここから、科学者の時間が始まりました。

教室での様子は・・・・
4クラスともリアクションがほとんどありませんでした。
聞き流しているような、
言われたことは淡々とこなせばいいと思っているのか
少なくとも、ワクワク感は全くなく、スタートしました。





コメント

科学者の時間ー天体分野ー(3)

2018-11-23 14:49:32 | 探究に関すること

天体望遠鏡で太陽を見てはならない理由を検証する女子班。

ブタの眼球にルーペで集めた光をあて、
どこが損傷するかを確認していました。

さて、どのような考察をするのでしょうか?


コメント

科学者の時間ー天体分野ー(2)

2018-11-21 22:04:43 | 探究に関すること

白夜について興味をもったboys班、
なにやらお制作。
生物実験室にあった、1年生使用済みのコケを用いて実験開始。

光が全くない状態
光が垂直に連続であたる状態
光が水平に近い角度で連続で当たる状態
+自然光で日夜も自然の状態

を設定した様子。

1日経過でこの結果。

うーん、色が全然違うねぇ
現在、実験継続中です。



他の惑星では、音の聞こえ方は違うのか?に挑んだboys班。
他の惑星の大気を再現しようとしたけれど、難しいことが判明。
そこで、
大気の組成が違えば音の聞こえ方は違うのか?
に問い立てを変更。


防犯ブザーに防水テープを巻き付けた自作装置で実験。
何故、水上置換かは謎でしたが、任せました。

聞こえ方、何だか違う・・・。
音が違うかどうか、周波数を測る、・・・どうやって?

実験途中で時間切れの班、多数。
まだまだ物足りない感じ。

あと何時間、できるんだっけ?

この質問が素直にうれしく感じた一瞬でした。


コメント

科学者の時間ー天体分野ー

2018-11-19 22:24:01 | 探究に関すること

中3理科天体分野、ついに科学者としての活動を開始しました。
1学期は生物分野でお稽古なしにスタートしたところ、
パニックゾーンで右往左往する状態。
そこで、反省(授業者の)を活かし、
8月末から始まった2学期では、
ミニレッスン&ミニレクチャーでお稽古のあと、スタートです。

まずは定番と言えば定番。天体の見え方を模型で確認。



なにやら骨組みも制作中

おおっと、クレーター付き月!!



突然、落下速度を計りだす・・・?


そして何といっても今日のブラボー


ミニ天体をいくつか作成して・・・

チリが漂う宇宙を水と絵の具で再現し、
天体を通過させたところ・・・・


おぉ!惑星の輪を再現。


さて、明日は何が起こるか、楽しみです。

 

コメント