日々のできごと。生物準備室より

理科教育、生物教育に関して考えたことをぼちぼち更新。
たまに授業実践報告をします。

まずは授業者から。ー自己調整学習ー

2018-07-22 09:37:04 | 最近読んだ本

学生を自己調整学習者に育てる:アクティブラー二ングのその先へ

北大路書房

 

私自身のレセプターが反応した部分だけをピックアップしました。
もし、3ヶ月後、半年後、1年後に読み直したらまた読み方も変わってくるはず。
その時にゼロから読まずに済むように読書記録を残します。

 

早速。

自己調整学習者とは?

 p1 L1〜  「自ら新しい知識を獲得、保持、検索できる、意図的、自律的、自己主導(self-directed)的な学習者を意味する。そうした学習者だけが、職業生活のなか拡大する知識とスキルに習熟し続け、仕事がなくなってしまったあとも新しい職業に適応できる。新しい職業に適応する必要性は社会で実際に生じている。」

 「一度身につけたら安泰の知識とスキル」なんてないんだよね、
を導入から確認。

何か大きな壁を我慢して苦労して乗り越えれば、
学ばずとも極楽な世界が待っている訳ではないのです。
刻々と変化する社会の中で、
生き生きと過ごし続けたいと思ったら、
自己調整学習に焦点を当てることは不可欠なのでしょう。

それでは、その自己調整学習の効果はというと、

 

p13.L161〜 「自己調整学習によって以下が高められることについて多くの証拠が蓄積されてきた。

1.授業や授業の単元における学生のパフォーマンス/達成度

2.学生の思考の量および深さ

3.自分の学習に対する意識的な集中

4.内省的で責任感をともなう専門意識(professionalism)」

といった抽象的な、、、、ふわっとした感じです。
この書籍以外で重要性を感じ、
でも、個別の事例に落とし込んできる訳ではなく、
見よう見まねの導入によって、

様々な問題?様々なつまずきが多数、起こっていました。

 

p13 L23〜 「自己調整学習において主要な役割を果たす1つの心理的な過程である自己評価と学習との関係を見てみよう。不正確な自己評価は自己調整の低さと関連するということは理解できる。しかし、不正確な自己評価はパフォーマンスの低さとも関連するのである。(略)学生に自分自身の成績基準を作らせるという解決法は効果がないということがわかっている。その方法では、解答の質を区別することや、彼らが予測した成績と教員やたの学生がつけた成績の一致度を高めることができなかった。唯一希望の光があるとすれば、成績が低い学生の自己評価は歪んでいるものの、その自己評価に対する自信は、より自己評価が正確な、成績が高い生徒に比べ低い、という結果が得られていることだろう。」

 

実際に自己評価を授業に導入した時感じたハードルとして、

・  評価=総括的評価のみ、と認識している同僚とのギャップ。

・  評価内容と基準が使用されず、同一の評価(全てA、全て普通など)の自己評価がなされる。

があります。後者はやはり、「成績が低い」とされる生徒に多いのではないか、という実感はありました。
本人のやる気の問題?と片付けてしまえば、それまでなのですが。



p14 L18 自己調整と自己効力感は互いを強めあうというバンデューラの知見を思い出そう。結果として、うまくいっている学習者は統制の所在を内的に位置づけ、学習の成否を自らの学習習慣や努力に帰属することができる。

 

やっぱりここで出てきたか、バンデューラ。

どんな場合に自己評価が機能しないのか?
ついつい、欲が出てしまい、これぐらいできるのではないか?という過剰な期待と、
足場かけもなしに課す課題。
これは自分自身の手抜きの傾向?粘り強さ不足?

期待と手抜きで、
学習者の自己効力感を奪っていく感じなのかも?

 

ヴィゴちゃんとバンデューラ。
意識して意識しようとしないと流れていくね、やっぱり。

 

 

P35. 第3章 読む、見る、聞くことの自己調整
L10 「生涯学習のより多くの部分が読むという行為に依存するため、読解力、効率性、持続性や記憶保持力を強化するために、学生たちを支援することが必要である。

P36 L5(動画や音声による反転授業について)「しかしながら、プラニングやモニタリング、学習の評価なしに、人は何でも見たり聞いたりすることができてしまう。そのため、いくつかの制約のなかで、読むことを高める自己調整学習の課題と同様のものを、聞いたり見たりする宿題に対しても適用すべきである。」

 

自分で読んで知識やスキルを得るよりも、
要点がまとまっているものを教えてもらって習得した方が、早い&楽。
自分で読む、見る、聞く、という力がなくても、
動画や音声によるコンテンツが充実していくだろう世界でこれから生きていく。
だから、自分で求めていかなくても良いのか。
時間はかかる&楽じゃない、は、当然、授業受け悪いし、、、。

それでも自分から求めることに価値があると考えるのならば、
覚悟して臨む活動なのでしょう。

制約は付き物なのです。

 

p81 第6章 試験と小テストによる自己調整学習

L1 小テスト(quizzes)や試験(exams)は、学生にとって学習経験となるようにすべきであり、それらは効果的に行うことができる。しかし、小テストや試験を単なる総括的評価として見なしている限りは、それは実現しないだろう。

 

このタイミングで読んで、一番ハッとさせられた章かも知れません。
定期考査なんて無くなってしまえば良い、

何となく、そんな気持ちでいたので。

もちろん、業務が面倒だからではなく、

テストに出るから勉強するという動機付けに嫌悪感があっただけです。

黙っていても実施の日程が組まれる定期考査を
前向きに活用しない手はないな、と思うようになりました。

 

 

その他、ほほぉと思ったところ。

 

p59 ミニッツ・ペーパー に書く具体的な内容例
いや〜、例示は必要だよね。

 


p66  真正で「曖昧な」問題
  問題解決の記録・・・問題解決でとった手順を詳細に記述すること。
  質の高い事例とPBL


2回目はもう少しじっくり読む。

 

 

p83.L29〜学生には、内的状態を表す動詞は使わないように助言しよう。例えば、「知る」「理解する」の代わりとして、「識別する」「同定する」「再生する」「説明する」「適応する」「解決する」「分析する」「比較や対比する」「関係付ける」「論じる」「評価する」「創造する」のような能動的な動詞を使うようにする。

 

p95 思考の手本を見せる

・・・だね。

 

P97 学習日記に書く内容例

いや〜、例示は必要だよね(その2)。

 

P147 負担になる?  

量をこなす負担感、授業で教えるべき内容の圧迫

>>授業の内容に焦点を当てている、だからノープロブレム。
そーなんです、でもね、そーもいかないのですよ。の部分。


P107 学生が先延ばしを克服できるように助ける

「ダイエットは明日から。」昔のCM
「明日やろうはバカヤロウ」院生室の入り口に貼られていた文言

を思い出しました。自分自身に重ねることが多い内容でした。

 


p150 始めること

L7 ここで、学生の自己調整学習を生み出す最良のプランを阻害し得る、あるいは、その可能性のあるコースの構成要素に関する問題の例をいくつか示そう。

L22 要するに、自己調整学習を思い切って取り入れようと考えている授業者は、自分がどのように教え、授業を行っているのか、学生の取り組みをどのように評価し、保証しているのかをしっかりと自覚しておく必要がある。

 

結局、TP必要だよね、にたどり着きました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胚芽米も発芽する

2018-07-07 07:22:16 | ケータイより生中継


市販の胚芽米を植えてみました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一応、立体なんです。人体のペーパークラフト

2018-06-11 18:53:20 | 2分野(生物)


頂いたペーパークラフトを、
中学理科2年用に作り変えました。

動脈と動脈血の違いが伝わるでしょうか、、、、?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・栄養生殖

2018-05-25 07:46:45 | 2分野(生物)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原点。

2018-05-12 23:09:22 | 今日の出来事

黒板に直書き、でも
活字で提示、でも良いのですが、
何となく、手書き&マグネットにしてみました。

初任の頃、
ノートにいちいち「課題」から「まとめ」までを書かせるのが嫌でした。
教科書に書いてあるし、写すだけだし、時間がかかるし、
だったら、印刷して配布してしまえばいい。
昨年度まで、ノートではなくプリントを挟むファイルのみで記録してきました。

ある中学校の理科の授業実践をお聞きした時、
探究の流れを大切にするために、すべて生徒が書いてから、
ようやく実験が始まる、
だから、なかなか実験の楽しさや面白さにたどり着かない、
そんな嘆きがありました。


写させても、読ませても、
内容を意識することとイコールではない、
に尽きるなぁ。
今更なのですが。

比較する・関連付ける・推論する等、探究の基となる力と、
全体を組み立てる力をどう育むか。

いきなり「全体を組み立てる」に取り組むって
やはり学習者にとって不安の方が大きい、たぶん。

今日の理科の教科書はとても丁寧。
実験結果はもちろんのこと、考察の仕方まで記載されている。
写させて暗記すれば併用問題集は解くことが出来る。


理科に重点を置いているわけでも、特別な予算があるわけではない。
展開授業ではなくMax40名に個別対応は限界がある。
保有する条件で何ができるのか。

コンテンツを叩き込むのでもなく、
体験と興味関心の追求に終始することなく、
探究する力を育む。

さて、何ができる?






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デンプン(甘くない)はだ液で分解されて麦芽糖(甘い?)ができる。

2018-05-03 18:34:37 | 2分野(生物)

中学校では定番の消化酵素の実験。

酵素によって分解されるよーを、
ベネジクト液&ヨウ素液で視覚による確認を行うのが王道です。

で、あえて、味覚によって確認するのはどうだろう?
研究室のお二人にもご協力いただき、試しました。

すぐに食べる(対照実験)
口の中でしばらく保持し、だ液と十分に絡ませる。 


結果、甘いのかどうかは良くわからないけれど、
味は明らかに変わった、ということです。はい。

変化したことはわかるけれど、
麦芽糖かどうかは分からない、ですけれど。
導入にはいいか。

「身近な教材」というフレーズはよく使われますが、
オブラートって生徒にとっては身近ではないんだろうなぁ。
お菓子を包んでいるもの、のイメージの方が強いかも知れません。
私自身も、薬を飲む時に使ったことはありません。
10年以上前に他界した祖母が、
よく、こたつで粉薬を包んでいた思い出があるくらいです。
昔ながらの包むタイプはもちろん売っていますが、
最初から袋状になっているオブラートもあり、
おぉ、確かに便利かも。 


 

 

国光オブラート 丸型特大 200枚入

クリエーター情報なし
国光オブラート
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何を知りたいか?だよなぁ、、、酵素の反応。

2018-04-29 18:45:05 | 生物の授業

久々に、酵素反応実験の実施を計画中。
で、予備実験前に検討する価値があるか予備実験。
 

定番の「だ液がデンプンを分解するよー」の実験です。

反応物のデンプンが分解されてなくなったよーを示すために


 

基準となるヨウ素デンプン反応。
左からデンプン溶液0.5% 0.25%・・・と、おぉ、見た目で分かるくらい色が違う。
よかった。続きができる。 

 


次に、分解されて生成物が増えてきたよーを示すために

 

ベネディクト反応。
左からマルトース溶液0.5% 0.25%・・・。
これも例の測定法でチャレンジすればなんとかなる?


実際にだ液でデンプンを分解して、ヨウ素反応とベネディクト反応。
0min, 3min, 6min室温で反応です。

 

ヨウ素反応はというと、青紫と赤紫寄りの色双方が存在。
(写真撮り忘れ)

ベネディクト反応は

うーん、黄色味が強い。

ベネディクト液に反応している生成物は、
マルトースだけではないからなぁ。
スクロースには反応しなかったけれど、
フルクトースやグルコースのみ、ではオレンジ色に。
マルトースのみの赤みとは少し違う。


マルトースだけの量を見たかったら、
デンプンの末端から切断していく酵素、
βアミラーゼのみを反応させれば、それなりに美しい結果が待っているハズ。

でも、「だ液」を自分から出すことに意味があるのか?
そうだとしても、口から出すって、何回やっても抵抗あるよなぁ・・・。

純度が高いβアミラーゼを最初から準備?
食品添加物として売られているβアミラーゼを準備?

でも、αアミラーゼとの比較で、こんなことが言われているので、
さて、どうしましょうかねー。

結局、何を知りたいのか、学習者が選択することが一番なのかも知れない。
受験勉強だけのためだったら、
エア実験でも問題ないし、
実験のお作法は入学後にもう一度プログラムされているだろうし。

ということで、
何となく方針は決定。

高校3年生はどう攻めるか。
ちょっと楽しみ。 

 

 






色の表現と定量が正確でないのはお許しください。 

 


 





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まさかの放置技!!花粉管の伸長

2018-04-27 06:51:00 | 2分野(生物)


この4月、中高一貫校に異動しました。
中2、中3の2分野と高校生物を担当します。
中学理科では、

「脱レシピ実験」

をテーマの一つとして、思考錯誤の日々です。

学習者自身が色々と試しているので、
中々、面白い取り組みも。

ある3年生が、
「時間がなくなったので、
プレパラートを次の時間に見ていいですか?」
と保管を希望。
プレパラートは、寒天+スクロース+インパチェンスの花粉。

付箋に氏名を書いて保管。
次の時間に観察すると、
いや〜スゴイ。

花粉管伸び伸びで絡まっている様子がくっきり。
プレパラート作成から3日経過しているので、
水分は飛んでカピカピ。

いい感じでガラス間に挟まっています。

花粉管伸長の観察は時間が勝負。
だからこそ観察に適した花を選ぶのですが、
偶然とはいえ、1コマで勝負しないこの放置。
残念ながら、放置あと観察した生徒は、さっさと片付けたので写真はありません。

ほかの生徒は、
まず、ユリの雌しべ柱頭の蜜を
スライドガラスに擦り付けてから、
花粉をつけて観察していました。

そうだよねぇ、
一番伸びるはずの条件だよね。

もちろん、望んだ通りに進まなかったケースも。
ボルボックスを染色したら、どうなるのか?
動きが止まったことに驚いていました。


その生徒は内側にある細胞の塊を核とみたてていた。
と、私は予想しているのですが、
記録する、表現するところまでたどり着いていません。

さて、どの程度の枠が必要?





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入り口には向かない、ファシリ本

2018-03-08 07:20:11 | 最近読んだ本

ファシリテーションに必要なスキルとマインドが紹介されています。

タイトル通り、教育に特化。

授業に特化されているわけではありません。

あやふやにせず、

「まずは形式から」と割り切っているから気持ち良い!

同僚にお借りしただけなので、

この後、ポチッと押します、購入ボタン。

 

教育ファシリテーターになろう! ―グローバルな学びをめざす参加型授業
クリエーター情報なし
弘文堂
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細胞も断捨離だねー

2018-03-06 20:37:05 | 最近読んだ本
細胞が自分を食べる オートファジーの謎 (PHPサイエンス・ワールド新書)
クリエーター情報なし

PHP研究所

 

お掃除大事だねー の一冊。

受精卵の分裂の時も、
胸腺でのリンパ球の成熟にもお掃除は大事だねー。

読みやすいし、具体的な医療につながる重要な基礎研究だということは伝わってきました。

ただ、ルールなのかも知れませんが、
どこの所属の誰の研究によって明らかになった成果か、
その都度、記載があります。
大事なんですね、この部分。

 

   
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加