いのちの冠福岡教会のHot News ☆ Church's news

福岡市にあるプロテスタントの教会です。最新ニュースや出来事をお伝えします。

ブログ「ゴスペルの風」 Blog, 'Wind of Gospel'

2014-11-20 21:48:04 | ブログ

九州の教会のブログのご紹介。筑豊キリスト教会のブログ「ゴスペルの風」は感謝と賛美の体験ブログです。是非、ご覧ください→ http://tikuhou506.blog43.fc2.com/

Introduction of blogs of churches of Kyushu area. Chikuhou's is about experiences of thanks and praise.

 

  

コメント

白内障がいやされました Healing of Cataract

2014-11-20 21:41:16 | いやしの証し

写真ニュースより→ 札幌フィラデルフィア教会のイスラエル菅牧師が今年の1月に脳梗塞で入院されましたが、その時に脳の細胞が壊死してしまったことで目が弱ってしまい、白内障になってしまいました。
しかし、いやしのために祈っていたところ、先日、目にかかっていた膜が完全になくなっており、白内障がいやされました。
主のいやしを感謝いたします。

 

From TLCCC Photo News;

Pastor Israel Suga of Sapporo Philadelphia hospitalized for cerebral infarction last January, 

at that time she had cataract for weakness of eyes when her brain cell became necrotic.

She kept on praying for her healing, her cataract was healed and film of her eyes had gone.

We thank God for her healing.

 

コメント

礎の石孤児院 チャリティコンサートのお知らせ Announcement of charity concert

2014-11-20 21:37:53 | 孤児院

認定NPO礎の石孤児院 チャリティコンサートがNGOカンボジア孤児院責任者 前田さんを迎えて、田川郡大任町で行われます。どなたでも是非いらしてください。

  日時: 2014年11月22日(土) 午後2時~
  場所:  大任町レインボーホール
  連絡先 TEL0947-45-2125(平良)

A charity concert of NPO Cornersotne Ophanage will be held having Ruth Maeda, who is a manager of NGO Cambodia Ophanage at Otoh Town, Tagawa District. Everyone is invited. 

Date: Saturday, November 22, from 2:00pm.

Venue: Ohmachi Raimbow Hall

Contact: tel 0947-45-2125 (Taira) 

コメント

アメリカに異例の寒波 Unusual Cold Wave in the U.S.

2014-11-20 21:32:26 | 今日のできごと

アメリカに異例の寒波が押し寄せ、ニューヨーク州などで非常事態宣言が出されたとのニュースがありました。
これも世界的な異常気象の現れでしょうか? アメリカの教会のためにもお祈りしましょう。

Unusual cold wave hit the U.S., it was reported that New York State or other declared a state of emergency.

I wonder if this is also one of a phenomenon of abnormal weather ?

Let's pray for the churches in the States.

コメント

今日のお花 Today's flower

2014-11-20 20:01:11 | 
コメント

今日のみことば・自分のためではなく主のために生きる Word fro Today

2014-11-20 07:47:03 | 今日のみことば

私たちの中でだれひとりとして、自分のために生きている者はなく、また自分のために死ぬ者もありません。
もし生きるなら、主のために生き、もし死ぬなら、主のために死ぬのです。ですから、生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。
キリストは、死んだ人にとっても、生きている人にとっても、その主となるめに、死んで、また生きられたのです。 ローマ人への手紙14章7~9節

For none of us lives to himself, and no one dies to himself. For if we live, we live to the Lord; and if we die, we die to the Lord. Therefore, whether we live or die, we are the Lord's. For to this end Christ died and rose and lived again,

that He might be Lord of both the dead and the living.

Romans 14:7-9

佐賀県唐津市山本。

コメント