箱庭富貴蘭

凝縮された自然の美、癒しの緑

黄変する葉、金牡丹A

2017-04-30 15:29:45 | 牡丹芸


さて順調そうな金牡丹…



が!ついに萎れていた下葉が力尽きそうです。

金牡丹にはこのような葉先の水分が抜けたようになるものがあるようで、これもそのパターン。
これだと不定期に葉を振るいそう…



他の葉にも似たような形跡あり。
元々縞が入ったものの系統らしいですが、関連あるんですかねー
コメント

明石海峡大橋を渡り、ミネラルショーへ

2017-04-29 21:44:30 | その他


久々に関西方面への旅行です。

毎年楽しみにしているミネラルショー、今年はなかなか良い収穫でした。
その一部をご紹介



フローライト三色、画像では分かりにくいですが一番大きな方、とても良い青色をしています。



なかなか見つからないボルダーオパールの原石、素晴らしいものを見つけました!
店の方も親切で良かったです。また行きたいなー。

そんな感じで本日は審美眼を磨いておりました。
コメント

金牡丹Bと、iMac

2017-04-28 10:16:04 | 牡丹芸


ご機嫌のよろしい金牡丹、そろそろ冴えてくるかな?



根はすでに動き出してます。同じ金牡丹でもこれは根の伸びが良いんですよね、個体差なのかなー、観察したいところ。
亀金とかあったらなお良いのですが、なかなか良い出物はないですなぁ



富貴蘭とは関係ないですが、本日よりMac使いとなりました。今までWindowsをずっと使ってましたが、どうも相性が悪いもんで…。
画面もRetina液晶で圧倒的に使いやすく、もう窓には戻らんです。

そのうち絵とかも上げたいですねー
コメント

大江丸縞の新葉と、特性について

2017-04-27 10:16:37 | その他


普段はあんまり見てない大江丸縞ですが、この新葉が成長する時期は見ものです。



見事な新葉!萌え出づるとはこのこと。冴える前の瑞々しさは格別ですねー


大江丸縞って大株になるとどうしても痩せるって言われてますけど、たぶん克服できるんじゃないかな。
根がそもそも細いっていうのがあってか、水耕栽培では限界があると思うんですよねー。実際昨年の液肥管理だけでは新葉が痩せたんです。
だからといって肥料増やせば軟腐菌が喜ぶだけで、その瀬戸際を狙う職人技でも自ずと限界があるでしょうね。
なので今回導入した木材腐朽菌が効力を発揮すると思ってます。うまくいけば一番明確な結果を出せる品種になるかも。
木材腐朽菌による糖の供給があれば痩せるなんてことは起こらないと思ってます。

は?木材腐朽菌だぁ?とか思う人はペレポスト開発経緯を勉強してください、あのサイト読みづらいけどね…

植え替えて1ヶ月あまり、騙されているならすでに被害が出てるはずですが、そんな木は皆無です。
むしろ今まで見たことのないほどの喜びぶり。

新参者ハコニワはチャレンジの先にある富貴蘭の未来を見据えています。
コメント

雨の日と、富貴蘭のススメ

2017-04-26 10:15:36 | その他


しとしとと、春の雨です。



この適度な湿度、以前山に入った時を思い出します。風蘭はこの湿度、とても好きなようです。

富貴蘭を育てるに至る前、元々単茎種が好きでバンダなんかをよく育ててました。それも中学生ぐらいのこと。ただご存知のようにバンダは熱帯性の植物、どれも時期を過ぎれば枯れ果てる…

そんな中、日本の風土で育つ風蘭、花物からの収集でした。しかし花が咲かない時期は面白くない…そこから富貴蘭の世界に入ります。

富貴蘭を始めるとその価格にまず驚きます。今までの洋蘭とは桁が違う…しかし今となってはそれが価格相応の意味を持つことを感じます。

もし興味があるようなら、まずは銘鑑の優秀品を見てみることをオススメします。覆輪、縞、葉変わり物…ピンと来るなら必ず欲しくなるはず。

高いなぁ、蘭栽培初めてだしなぁというなら大衆品から入るのも一つの選択ですが、ある程度蘭に造詣があるなら優秀品から入った方が良いと思います。なぜか?

大衆品から入ると必然的に揃えたくなる品種が莫大な量になるからです。結果ベランダを埋め尽くすこととなり、管理が行き届かない、富貴蘭栽培はストレスなんてことになります。
さらに珍しいものを求め、ヤフオクなんかで出る謎創作品種なんか買ってしまうでしょう。目も当てられない!

購入するなら専門店で、優秀品で良いもの。これなら一生付き合えるという種を見つけましょう。
それは人生を豊かにすると確信します。

いずれは羆なんか育てたくなりますよねー、羆はある意味到達点の富貴蘭なので貴族豪族お殿様?のステータス。まさに富貴人の蘭を象徴しています。
目指す、というには語弊があるかもしれないですが、誠実に蘭と向き合うならいずれ向こうからやってくると思っています。蘭が人を選ぶのです、ヤフオクなんかで安価に手に入るものと思っている時点で見放されていると自戒しましょう。
コメント