いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」

オール人力狙撃システム試作機

ネット言論の試練3

2005年05月24日 18時18分16秒 | 俺のそれ
―私的ブログ考、マスメディアとブログの政治的影響力

「極東ブログ」さんの記事に反応して書いてみたいと思った。その記事に紹介されていた「fujisankei business-i」の記事(そう言えば、時々木村剛氏も書いているんですよね?)を乱暴にまとめるとすれば、「ブログは影響力を持つが、(質的に)マスメディアと違う」ということのようです(元の記事は「極東ブログ」さんのリンクから読んで下さいね)。


調査結果を見れば、今さら、と言う感じがしなくもないですが、いつも言うように私の記事は単なる感覚に過ぎないので、こういうきちんとした調査をすることで確度の高い信頼性の置ける情報があることが大切ですね。少なくとも私の記事に書いてあるよりもはるかに説得力がありますね。このことで、自らの主張が強化された事を殊更に強調する訳ではありませんが(本当は強調したいんです!笑)、自分の感性を多少なりとも確認できますね。

過去の参考記事:

マスコミの存在意義
ネット言論の試練1
ネット言論の試練2


感覚記事は、多くが不明(不確か)のまま書いてしまうことが大きな問題なのでありますが、その検証ができることはとても重要なのです。でも、信頼性の高い記事が登場する前に、自分の思いを書いておかねば、私が真似したんだろうと思われるでしょ?感性のみで対抗!これしかないんだもん。でもね、今度は少し私への信頼性がちょっぴり高くなったような気がしませんか~?(笑)


マスメディアの存在と個人ブログの存在は機能的代替の必要性がないし、それを目指すよりも促進的共存を目指すことの方が効率的で、双方にとってメリットがあると思っています。今後は「サイバー・デモクラシー」について書いてみようと思っています。


余談:
今日、遂に「finalventの日記」のコメントに書いてしまいました。やっと、finalventianの仲間入り(?、になれるでしょうか)かな・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 唐突な帰国の意味するもの | トップ | ブログ復帰とか新設のお話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

俺のそれ」カテゴリの最新記事