いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」

オール人力狙撃システム試作機

国連の不正

2005年01月14日 15時26分25秒 | 外交問題
イラク支援での不正疑惑があるということで、切込隊長氏が記事に書いておられます。このことについての報道は、真相に迫っているかは別として、読売新聞に記事がありました。以下に抜粋します。



1月12日付読売新聞朝刊

<国連ずさんな運営>過払い5億円超/価格操作
 独立調査委 内部報告書を公表

イラクの旧フセイン政権時代に国連が行った人道支援事業「石油・食糧交換プログラム」を巡る不正疑惑で、疑惑を調査している独立調査委員会(ボルカー委員長)は10日、国連の内部監査室がまとめていた調査報告書を公表した。報告書は、国連がこれまで公表を拒んでいたもので、同事業の管理運営面のずさんな実態を明らかにしている。

公表されたのは、1999年から2004年にかけての58件に関する報告。国連現地事務所が、イラクでの輸出検査を請け負った英ロイズ社系企業やスイスのコテクナ社に対し、実際には検査官がいないのに人員を水増しした支払いを認めた例もある。不正な支払額は、少なくとも総額500万ドルに上った。

人道支援物資の代金を多めに見積もる一方で、対価となるイラク産原油の価格を抑える操作を行い、これで生じた差益がフセイン政権幹部に渡った可能性もあると指摘した。国連本部もチェック機能を果たしていなかったと批判した。




以上のように報じられておりました。
国連と日本の関係については、さまざまな意見があると思いますし、日本の外交政策にも大きな影響があると思います。日本が国際社会の中で信頼を得て、経済的にも政治的にも重要な地位を占めることは、日本の安全保障の面でも大きなプラスになると考えます。その意味では国連の機能を活かせるような環境を作り出すことは、あながち誤りではないと思います。先のtsunami 被害の復興支援についても、国連の立場を考慮した日本の外交姿勢は評価できると思うのです。
(ここでも不正が繰り広げられる可能性はあるのですが。特にインドネシアは不正大国のようですから、温床になってしまうかもしれませんね)


外交政策において、日米関係を重視するという考え方は間違いではないと思いますが、重視であっても「一辺倒」が良いのではないと考えます。その意味においては、国連という「大義名分」を作り出す場を利用することは日本にとってプラスになると考えています。国連自体が聖人君子の集まりではないことは確かですし、国際社会において必ずしもフェアではない面があると思いますが、それを勘案したとしてもやはり国連という「寄り合い」で決着を図る方が、豪腕を持たない者にとっては有利であると思うのです。


以前の記事(『沈黙の艦隊』)に変な例え(適切かどうか分りません)を出してみましたが、超越した絶対的存在がないなら、「国連という場」が必要であると思っています。これは、国連が不正を働いたとしても、それを否定するものではないということです。また、不正は正すことが可能であるとも思うのです(奇麗事と非難されるかもしれませんが)。



クラスの主要メンバーになれなくとも、「スネ夫」になりきれれば何とか国際社会を泳いで行けるかもしれません。それを日本人自身が許容するならば、それでもしかたがないでしょう。しかし、「Team America」の一メンバーであることを真に望んでいる人が、それ程多く存在するとは思っていないのです。また、過去の歴史で、覇権を維持し続けた国は存在しなかったと思うし、いずれは権威・権力の低下が起こることは確実であると私は思っています。その時に、日本がしがみついていられる程、アメリカの国力があるかは不明であると思うのです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 日刊全国紙は減少する? | トップ | 番組改変疑惑―幻ストーリー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交問題」カテゴリの最新記事