ヒロログ☆ ~クリエイション・Hiroのスピリチュアルブログ~

東京品川・大崎にてスピリチュアルサロン&スクール「Creation」を主宰するHiroの徒然ブログです。

三峯神社・奥宮へ登拝して参りました☆ ~後編~

2019-10-28 01:57:48 | 聖地への旅&温泉めぐりの旅




22日の「即位礼正殿の儀」、素晴らしい儀式でした☆


この儀式の30分間だけ、東京上空は晴れて、青空に虹がかかり
初冠雪の富士山が顔を出して、自然界が総出で祝福してくれました!



天皇の本来のお仕事は、「日本のために神に祈り、神事を行うこと」


天皇陛下が、伝統に則った祭祀を行うことで
これほど神々の祝福を受けるものなのかと、感心しました。
四大元素のエネルギーが整い、天候を味方につけていましたね。



ただ、儀式を終えた後は不安定な天候に戻り
25日は、大雨により、再び各地に大きな被害がもたらされました。


来月の「大嘗祭」で、天皇の即位が完了するので
その頃には、異常気象も落ち着いてくれることを願っています。
天照大御神(太陽神)の強力なお力添えが欲しいところです。



低気圧が続き、エネルギーが非常に重くなっているため
体調を崩されて、思うように動けなかった方も多いようです。
こんな時はエネルギー不足にならないよう、ご自愛くださいね。



【 台風19号の復興支援の募金について 】

 手続きが簡単で、募金先の団体を選べるため
 私は今回も、yahoo!ネット募金 から募金しました。
 募金先がお決まりでない方は、よろしければご参考にしてください。



    ☆    ☆    ☆    ☆



「三峯神社・奥宮へ登拝して参りました☆ ~後編~」です。

※前編はこちらからご覧ください。

☆2019年10月22日より、通行止めが解除され
 神社にはお参り出来るようになったそうですが

 宿泊施設のご利用は、三峯神社のホームページでご確認ください。




三峯神社の駐車場に到着後、まもなく奥宮への登拝が始まりました。



道中には4つの鳥居があり、順に通過していきます。
鳥居は、正しい道を歩いて来たという目印にもなりますが
結界の役割も果たしているのでしょうね。













山深いご神域なので、空気が綺麗で冷たく
山道には、キノコが生えていたり、猿の親子に出会ったり。
景色も素晴らしく、楽しく登っていきました。




奥宮までは、約1時間20分ほどのトレッキングでした。



初心者でも全く大丈夫!と聞いていましたが・・・


木の根の自然の階段を登り、崖っぷちの山道を通り
あまり休憩もなく、結構速いペースで登って行ったので
歩き慣れていない私には、少々しんどいところもありました。


最後に、奥宮のある岩場のてっぺんに上るには
数mの高さの岩を、鎖を掴んで登らなければならず
ご高齢の方や足の悪い方には、なかなか厳しいかもしれません。



私自身も、健脚と言えるような強い足ではなく
普段から運動していないため、翌日の筋肉痛が凄まじかったです!
ちゃんと歩いて足腰を鍛えようと、心に誓いました(笑)


でも、険しい山道でも、ぬかるんだ場所があっても
神職の方々は、雪駄でスイスイと軽やかに歩いていかれます。
日々登拝されているから、鍛えられているのでしょうね。




こちらが、三峯神社の「奥宮」。妙法ヶ岳の頂上にあります。





広い場所ではないので、参拝者が続いて混雑していました。



私が登った時には、山閉の儀式が終了したばかりで
神職の方々が、隅の方で打ち上げをされていました。
そして、お供えのお赤飯を、参拝者に分けてくださいました。


立ち去るのが名残惜しくて、しばらくウロウロしていたところ
同行者が、「神様にお供えしたお酒って、美味しいんだよね!」


それを聞いた神職さん。
なんと、お供えのお酒を瓶ごとくださいました!
もうかたじけない限りでした~(笑)




奥宮で一番のパワースポットと言われているのが
次の写真の奥の木のところです。









崖っぷちにしがみつくように根を張る、力強い木。


私も、実際にこの木に触れてみたのですが、確かに凄い!
まるでエネルギーワークをしている時のように
とめどなくエネルギーが流れて来ます。


木の写真を見ただけで、私の頭の中でシャンシャン音が鳴るので
もの凄いパワーを発していると思います。
敏感な方は、写真から何か感じられるかもしれません。



お参りをしたり、写真を撮ったりして
奥宮の素晴らしいパワーを十分堪能してから、下山しました。
帰り道では、膝が笑い、ぬかるみの道で何度か転びかけました(笑)




奥宮の参道を出たら、今度は境内の中に向かいます。




全国的にも大変珍しい、明神鳥居を三つ組み合わせた「三ツ鳥居」




神仏習合時代の名残りを残す、「随身門(ずいしんもん)」
神社というより、豪華なお寺の門という雰囲気。




寄り添う「夫婦杉」。眩しい~




「拝殿」の前の門。影になって分かりにくいですが
門には、“天下泰平”、“国家安泰” と文字が刻まれています。




拝殿前の石畳に現れた龍神様。
ただの石の模様とは思えず、確かに龍ですね。
赤目の龍、カッコイイですね!




拝殿の両脇にある「ご神木」
触れると、ご神木の気をいただけると言われています。
写真を撮ると、七色の美しい光が。。。




「お仮屋」は、ご眷属であるオオカミさんを祀るお宮。
数匹いらっしゃいましたが、皆さん可愛かったです♪









最後は猛ダッシュで、宿泊施設の「興雲閣」にて
シイタケ丼をいただき、温泉「三峯神の湯」にも入りました。
この温泉の泉質は、ヌルヌル加減が素晴らしく
「このまま泊まっていきたい!」と思ったほどでした。



駆け足での弾丸日帰り旅行でしたが
なけなしの体力を使い切って、徹底浄化されたような
充実した気持ちの良い旅でした☆





不動明王様に導かれるように
一昨年から数回、修験道の聖地である奈良大峰に伺いましたが
やっぱり、三峯も修験道の修行場でした。


今回知り合った方に、山形の「出羽三山」を強く勧められました。
出羽三山も修験道の霊山で、相当な健脚でないと登拝は厳しく
行くのであれば、相応のトレーニングが必要です。


ローリーにも、「足腰を鍛えなさい」とよく言われましたが
まさか、山登りのためにトレーニングするとは・・・(笑)
でも、エネルギーを保持するためにも筋力は必要ですし
ご神域にお参りする登拝も、素晴らしい運動になりそうですね。




「不動明王 = 空海(弘法大師)= 密教 = 修験道」という訳で
今後も、様々な場所に導かれそうな気がします。
来月参拝する熊野三山も、修験道の聖地です。


自分がスピリチュアルなお仕事を始めたことも、全く想定外でしたが
修験道の山に登るなんてことも、本当に想定外でした。
(本来、山登りに全く興味がなかったのに・・・笑)



でも、頭で考える以上のことを、天は与えてくれるものです。


流れには意味があり、流れに乗った方がベストな道を歩めるので
また直感が来たら、
ふらっと旅に出ようと思います☆







☆∽∽∽∽∽∽☆∽∽∽∽∽∽☆∽∽∽∽∽∽☆∽∽∽∽∽∽☆


~皆様のハートが、どんな時も
 愛と光、平和と喜び、創造と豊かさ、叡智と美、そして信頼とともにありますように~

魂の成長のための学び&ハートの癒しのサロン☆
「Creation ~クリエイション~」


コメント    この記事についてブログを書く
« 三峯神社・奥宮へ登拝して参... | トップ | 2019年11月のキャンペーン&... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

聖地への旅&温泉めぐりの旅」カテゴリの最新記事