「雨漏り修理、防水工事」職人魂の防水屋、職人社長安藤のblog

雨漏り診断士、1級防水技能士、2級建築施工管理技士の有資格者である職人社長安藤の「雨漏り修理・防水工事」に関するblog

必殺雨漏り修理人の雨漏り調査記録~屋上ゴムシート防水の雨漏り

2022-04-28 17:09:48 | 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

必殺雨漏り修理人の安藤です。

 

防水材には、アスファルト防水、ゴムシート防水、塩ビシート防水、ウレタン塗膜防水、FRP防水、水性塗膜防水などの種類がありますが、今回は屋上ゴムシート防水の排水口がやばい状態になっている時、そこでは一体何が起こっているのか、どのような補修をしたら良いのか、について考えてみましょう。

 

私が指を指しているこの箇所ですが、既に雨漏りの原因になっています。

ゴムシート防水が変形している箇所もあります。

どうやら、防水下地とゴムシート防水は接着していないようですね。

屋上は排水口へ向かって勾配が取られているので、この状態で何が起こるのか、考えてみましょう。

既に防水の役割を果たしていない排水口へ集まった雨水は、この下の部屋の天井または内壁へ雨漏りという形で落ちてきます。

そうです。雨漏りです。

雨漏りのメカニズムは単純です。上から下へ、流れる、伝わる、落ちる、です。

 

写真のようにゴムシート防水が破断している場合、この排水口廻だけではなく、その他の箇所も丁寧に確認をする必要があります。

例えば、ゴムシート同士が重なり合う端末部分などです。

ゴムシート防水はカラスなので、鳥害を受けることがあります。

端末部分が接着していない場合、くちばしで突っついたり、引っ張ったりすると、ゴムなので伸びます。

これがカラスにとっては、面白いのかもしれません。

 

ここを見てください。

指で触ると、ゴムシート防水が簡単にめくれ上がってしまう、ということは、ゴムシート防水が下地に接着していない、ということです。

目視でも簡単にわかってしまう雨漏り危険箇所は、早急に手当をする必要がある場所です。

排水口周囲、立上りと平場の取り合う部分、などは簡単にめくれてしまうので、残念ですが、この状態では屋上ゴムシート防水の防水機能はゼロです。

 

ゴムシート防水が簡単に剥がれてしまう状態になっている場合は、ゴムシート防水を全撤去して新規で防水工事をすることになりますので、日頃から注意深く点検をしていただきたい、というところなのですが、屋上に上がることが難しかったり、見てもあまり良くわからないこともあると思います。

それでも、防水層の点検は必要です。

この現場の場合、既に雨漏りがしていて、ゴムシートの端末部分とゴムシート防水の貼り合わせ部分の接着がよくありませんでした。

工事方法は、ゴムシート防水を全撤去して、新規で防水工事をする。

屋上の面積が広い場合、残念ですが、やはりまとまった工事費になってしまします。

 

こうなる前に手を打つことができていれば、良かったのですが。

やはり、人の体と同じように屋上防水も早めの手当が必要なんです。

もっと早い段階で、工事をすれば、もちろんお財布にやさしい小さな工事ですみます。

 

だからこそ、屋上防水の傷がまだ浅いうちに、小さな工事ですむうちに、雨漏りの原因の数を増やさないこと、これ以上ひどくならないようにすることが、結局はお金を活かす賢い使い方になると思います。これって、結構大事なことだと思います。

 

このご時世、乗り切るために、私はお財布にやさしい工事プランをおすすめします。

 

それでは、また。

必殺雨漏り修理人/職人社長の安藤

 

 

◎コロナ禍での雨漏り調査,見積もりについて:

必殺雨漏り修理人の安藤さんは、モデルナ社製ワクチンを打ち終えています。
いつも「感染させない、感染しない」を心がけ、感染予防対策をしっかり実践しながら、雨漏り調査をしていますので、ご安心ください。

お客さまにお願いすることは、マスクの着用と室内の窓、ドアを開けて空気の通りを良くしていただくこと、室内の換気です。

常に安全な距離を保ちながら、雨漏り調査をしますので、ご理解ご協力をお願いします。

コロナ禍を乗り切りましょう!
(2022.04.28)

 

 

「新しい生活様式」、ソーシャルディスタンス、マスク着用、手洗い、手指消毒は今や当たり前のことなっています。

新型コロナウイルスが猛威を振るうこのご時世、必殺雨漏り修理人は除菌アルコールタイプのウエットテッシュを常に持ち歩き、マスクを着用して雨漏り調査をしています。

(戸田市商工会議所から頂いたコロナ対策実施中のステッカー/当工事店は本気で真剣にコロナ対策実施中です。)

 

毎日、マスクの着用、うがい、手洗いの徹底、アルコールジェルで手指消毒、作業服はアルコール配合のファブリーズでシュッシュッしています。今、やるべきことは当然やっています。

私が雨漏り調査に伺う時は安全ですので、ご安心ください。

 

*現場によっては、家の中に一歩も入らずに雨漏り調査ができます。

必要になるのは、雨漏りしている箇所の写真4~5枚と建築図面(平面図、立面図)のコピーです。

写真は部屋出入り口から1枚、近寄って1枚、さらに左右で2枚、近づいて1枚、指をさしていただけると更にわかりやすい写真になります。

建築図面が見つからなかったら、手書きの図面でも構いません。

寸法を記入していただけると助かります。

 

*雨漏り調査はマスク着用、ソーシャルディスタンス2mでお願いします。

雨漏り調査は、密閉、密集、密接を避け、最小限の接触になるように工夫をしなくてはなりません。

部屋の窓は必ず開けて室内の換気をお願いします。

 

雨漏りの情報は、「必殺雨漏り修理人」でもご覧いただけますので、検索してみてください。

 

東京/埼玉 必殺雨漏り修理人

職人社長の安藤

 

 



最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。