「雨漏り修理、防水工事、屋上緑化、庭」職人社長安藤のblog

1級防水技能士、1級造園技能士、屋上緑化コーディネーター、ガーデンデザイナー、職業訓練指導員の有資格者/埼玉県さいたま市

必殺雨漏り修理人の仕事/ 屋上塩ビシート防水の雨漏り~防水層の撤去

2020-09-20 18:36:58 | 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

さいたま市/戸田市を中心に雨漏り修理/防水工事を本気で真剣にやり続けている

必殺雨漏り修理人の職人社長安藤です。

 

屋上防水工事では、アスファルト防水、ゴムシート防水、塩ビシート防水、FRP防水、ウレタン防水.....などが使用されています。

既存防水層の劣化の状態によってはカバー工法で施工できますが、既存防水を撤去してから防水工事をする場合もあります。

 

今回ご紹介するのは塩ビシート防水の雨漏りです。

この写真の右側部分、塩ビシートの平場部分に大きな亀裂がありました。塩ビシート防水を撤去するまでの間、テープで応急処置をしました。

塩ビシート防水は、経年劣化で塩ビシートが縮んだまま硬くなってしまうことが多いようです。

塩ビシートが硬くなると、亀裂が入りやすくなってしまいます。亀裂はやがて大きくなり、雨漏りの原因になることが多いので、防水層の点検はやったほうが良いと思います。

 

防水シートの亀裂が小さければ、ホームセンターで材料を買ってきて自分で補修することもできます。

防水テープを貼りつけるだけですむ場合もあります。それだけで雨漏りを防げるのであれば、安いものです。自分の手に負えないと思った時に防水業者に連絡して防水工事を依頼しても良いと思います。

新築から20年、30年経過すると、結構汚れてしまうものです。今回の防水工事では、既存塩ビシート防水を撤去して、ウレタン防水通気緩衝工法を施工します。

最初に笠木を取り外します。

屋上塩ビシート防水は機械的固定工法で施工していました。

カッターを使用して塩ビシート防水を撤去してみると、すでに塩ビシート防水の下に雨水が侵入したので、塩ビ鋼板が錆びていました。錆びているのが塩ビ鋼板です。

塩ビシート防水は、ボンドを使用して塩ビシートを貼り付ける密着工法と機械的固定工法があります。

塩ビシート防水/機械的固定工法というのは、下地にドリルで穴を空けてビスを打ち込んで、円盤(ディスク盤)を固定してからディスク盤と塩ビシートを溶着させる工法です。

 

そのため、雨水が塩ビシートの下に入り込むと、ちょっと厄介なことになります。防水下地にドリルで穴を空けているので、雨漏りの原因になってしまうことがあります。

 

下の写真は、笠木を取り外して、立上りと平場の塩ビシート防水を撤去した状態です。新築時の防水下地が出てきました。

このように既存塩ビシート防水を撤去していきます。既存防水の撤去で気をつけなければならないのは、天候です。雨天が予想されるような時はもちろん撤去をするわけにはいきません。

防水工事は、天気に左右されます。そのため、天気予報はいつも気にして見ているのですが、予報どおりにいかないことが多いので困ります。

撤去をすると、新築時のままの下地です。防水工事は防水下地が命と言っても過言ではありません。

 

塩ビシート防水の撤去が終われば、防水下地処理をして次の工程へ移ります。

既存防水層を全て撤去をしてから、自分の防水工事が始まります。防水層が今後良い状態を維持できるように、各工程の中に細かい工夫をして、各工程を進めていくのが防水工事です。

 

昨日の仕事の上に今日の仕事が重なり、そして明日の仕事が重なる仕事。更に明後日の仕事が重なる仕事..... 一つ一つの現場から学んだことを次の仕事で生かせる仕事、それが雨漏り修理、防水工事です。

この仕事、奥が深いんです。

 

雨漏り調査の時に見つかる雨水の入り口、雨漏り修理、防水工事をしている時に見つかる雨水の通り道、入り口と雨水の通り道がつながった時がスッキリするときです。

 

雨漏り、防水工事でお困りではありませんか。

お困りの時はご連絡ください。

 

ごきげんよう。

 

必殺雨漏り修理人/職人社長の安藤

 

 

 

雨漏り調査,見積もりについて:

「新しい生活様式」、ソーシャルディスタンス、マスク着用、手洗い、手指消毒は今や当たり前のことなっています。

新型コロナウイルスが猛威を振るうこのご時世、必殺雨漏り修理人は除菌アルコールタイプのウエットテッシュを常に持ち歩き、マスクを着用して雨漏り調査をしています。

毎日、マスクの着用、うがい、手洗いの徹底、アルコールジェルで手指消毒、作業服はアルコール配合のファブリーズでシュッシュッしています。今、やるべきことは当然やっています。私が雨漏り調査に伺う時は安全ですので、ご安心ください。

*現場によっては、家の中に一歩も入らずに雨漏り調査ができます。必要になるのは、雨漏りしている箇所の写真4~5枚と建築図面(平面図、立面図)のコピーです。

写真は部屋出入り口から1枚、近寄って1枚、さらに左右で2枚、近づいて1枚、指をさしていただけると更にわかりやすい写真になります。

建築図面が見つからなかったら、手書きの図面でも構いません。寸法を記入していただけると助かります。

 

*日本ではソーシャルディスタンスが2mと言われています。守りましょう2mの距離。雨漏り調査時は、三密(密閉、密集、密接)を避け、最小限の接触になるように工夫をしますので、部屋の窓は開けて換気をお願いします。

 

雨漏りの情報はこちらでもご覧いただけます。

「必殺雨漏り修理人」  

 

東京/埼玉 必殺雨漏り修理人

職人社長の安藤

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 必殺雨漏り修理人の仕事/ 台... | トップ | 必殺雨漏り修理人の雨漏り調... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雨漏り調査・診断・修理・防水工事」カテゴリの最新記事