広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おもしろいブログみっけ

2010-02-27 17:41:19 | Weblog
隼人速報


<(伊勢) 米中対立ではない。対立というのは、五分五分と思ったときに起きる。現時点では、アメリカに軍事力~経済~外交手腕で、勝てる国などない。つまり、「どっちがボスか?」という秩序のことだよ。鳩山のように、協調を拒み~対立を選べば倒される。現在、アメリカ軍は二つの国で戦争中なのだ。戦死者は5000、負傷者は30000である。一年の戦費は、230万の兵 X 年100万ドルだと。するとだ、2、300、000、000、000ドルだわな。230兆円という巨額である。この戦費を日本と中国が買う米国債で賄っているんだ。中国人がこのアメリカ人と喧嘩する?持っているUS・ボンドがフイになるわな(笑い)。伊勢平次郎 >

世の中の動きを正しく見極めるのはたいへんですねえ。

上は読売新聞の記事に対する批判です。

新聞はうそつきであるとかないとかいう以前に、世界情勢なんて分析する能力がそもそもないのですねえ。



コメント

判官びいきとか身びいきとか

2010-02-27 16:47:35 | Weblog
免許もなければ車に興味がない娘がアメリカに腹を立てていた。
アメリカ恒例の民主党によるトヨタ叩きにである。

これは判官びいきなのか。

なにやら、公聴会で涙ながらに訴えていたご婦人の問題の車が転売後問題なく走っていたり、弁護士を使ってトヨタからおカネを取ろうとしていたりと、ぽろぽろおかしな裏話がでてきているところをみると、やっぱりまたかだったのかと思わずにはいられない。

私はトヨタには今乗っていないけれど、このご婦人の言うようなトラブルが日本車にあるとはにわかには信じられない。

まあタイヤ外れたトラックとか、イスが外れたバスとかトラブルがないわけじゃないけれど。

どんなに叩こうと、真実は実際に乗っているユーザーの判断によるところは多いだろうしね。

スケートのまおちゃんはすべる前から覇気のない顔をしていたから、負けそうな気がしていたけれど・・

あの点差もかえって惜しいという悔しさもなくてよかったけれど

ネット上はインチキ採点と言わんばかりの書き込み多数・・

スポーツに興味のないw娘もその論調に影響されて車とおなじく腹をたてていた。

まあ韓国だし・・とつい思ってしまう私もそこにはいるわけですが

お金持ちでなければできないスポーツで、黄色人種がメダルを多数とり、姿形も見劣りしない体型で、日本は3人とも入賞してすごいなあ~~てところにけっこう満足しています。

きっと、辛い練習に耐えられる民族故に違いない!と誇らしく思ってしまうのも、身びいきなんでしょうかねえ。



コメント (4)

負けないようにがんばらないとね

2010-02-20 16:10:46 | Weblog
中国からの観光客でやっとこ仕事を成り立たせてている企業に中国の危険性を語るのもむなしいこの頃。

中国は大きなひとつの国というより、利権と既得権で莫大なお金を持った人々の国と、その人々に搾取される人々の国(植民地)がひとつとなっている前近代国家で、最悪の犯罪国家にしか見えないけれど・・

悪の親玉のお金をあてにして生きている日本もたいしてえらそうなことは言えはしない。

中国人客対応の中国人もまた必要で、東京で中国を耳にしない場所などない有様には溜息がでる。

これで困るのは、能力も貧しさも中途半端な日本人で、国からも生活保護も得られないのに、中国人並の時給でしか働けない人々なんだろうなあ。

日本が日本人同士助け合って生活弱者を守ればすむ時代は終わり、ひとのことなど心配している余裕がない社会がやってきそうだ。

日本的な感覚だけでは生きられない時代が来るのは避けられないのなら、お互い、弱い中国人が強い中国人に搾取されている国の実態をよく知り、日本人が日本での政治力を失わないようにがんばらないと。

税金の使い道に目をこらして、働き損しないように注意しないと。ぼ~~としていると、誰かにがんばった分を搾取されてしまう社会になってしまうから。

中国は日本みたいに国民に平等にお金を使う選択をすれば、どこの国からも相手にされない最貧国になりかねない以上、富の偏在は永遠にあるいびつな国家として生きるしかない。

格差が比較的少ない日本と中国が交わっていくとき、朱にそまって国家の形が変わるのははたしてどっちなんだろうか・・。

悪貨は良貨を駆逐するというから、穏やかで住みやすい国家が生まれることだけはなさそうだ。

コメント

すごい授業だ

2010-02-07 03:28:51 | Weblog
この動画を見ると民主党がどんだけ素人か、というか私と大して差がないぐらい知識ない集団なのね、びっくりだ。

政治家になるならもっと勉強しないとねえ。憲法もしらないで大臣だったり首相だったり、運転免許ないひとの車に乗ってるようなものだわ。こわ!

まあ、おたくの石破さんは詳しすぎるのかもしれないけれど、思わず真剣に聞いてしまうぐらい高度な内容の質問でおもしろかった~。

今までの野党だったらここまでの質問は到底できなかった。そういう意味では力のある野党って国会をおもしろくしてくれるのがよくわかった。

石破さんも、答弁する側より質問で責める側に回ったほうが水を得た魚のようですねえ。w

小泉さんの国会劇場もおもしろかったけれど、こういう戦う国会はもっとおもしろい。

このぐらいのレベルの質問をされるとなったら、不勉強なおばか議員なんて怖くて大臣職を安易に受けられなくなるのに。

コメント (4)