広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちゃんと戦ってくれてる方がいました>感謝です

2007-03-30 01:56:08 | Weblog
史実を世界に発信する会

てっくさんのところで紹介されてました。慰安婦決議案に対してちゃんと行動を起こしてくれてる方がいたんですね。ありがとうございます。

だめだめ外務省より余程役に立ちます。若い方に入れ替われば外務省とて多少は変わるでしょうが、まだ20年はかかるかもしれません。それでは間に合いません。

国際的に活動できる優秀な民間の方が増えてほんとによかった。

寄付ぐらいしかできないですが、協力していきたいと思いました。

実際の活動の記事
コメント (1)

欠席裁判なのかなあ?>慰安婦決議案

2007-03-28 11:52:59 | Weblog
ところで、誰かを加害者と決め付けるのなら、決め付けられる側の話をちゃんと聞かないと公正とは言えないと思うのだけれど、誰かこの会議に日本側の代表として出ているのだろうか?

事実を確認する手続きなしに、被害者だと名乗り出たものの話だけで会議をして、誰かを加害者だと決め付けることになんの意味が?

いつぞやNHKで皇室を裁く裁判みたいな番組作った時も確か、肝心な被告席には誰もいなかったが、これで何かを決定しても意味ないでしょうに。理解不能。

この手のことをやってる人はこの不公正さに疑問を感じないのだろうか?

ところで日本政府は優秀なアメリカ人を雇って、日本側の主張をするとかしないの?まあ、相手するだけ損をする立場の日本なのかもしれないけれど、売られたけんかから逃げてばかりいるから舐められてるような気もするけれどなあ。

日本政府の代表としては言えないことでも研究者として言えることもありそうだと思うけれど、そんな場所に出向いてくれる歴史研究家もいないのか。

コメント (1)

もし自分の娘が、村中の娘が、慰安婦とし他国の軍隊に連れ去られたら

2007-03-24 01:29:09 | Weblog
黙って従わないでしょう?

20万人の娘の悲劇に沈黙するその数の数倍の親兄弟が戦後も沈黙してきた訳はなんでしょう。



コメント (2)

摩訶不思議なニュース

2007-03-22 23:13:21 | Weblog
ネット上のブログを見て回っていると、今回の北朝鮮の6者協議からの離脱は、当然の成り行きにも見える。

凍結を解除されたところで、お金が北に戻ることは初めからない話なのだから。

アメリカが日本を見捨てて北への制裁を解除するとしきりにニュースで伝えるのを見ていると、わざと日本が困ったふりをして北を騙す作戦???などと、ありえないことまで想像していたら・・・

今日のニュース解説はさらにあらぬ方向に行っている。

まじなのか??>NHK

わざとうその解説をしているのか?>テレビニュース

北はアメリカの足元を見てごねてるのではなくて、戻ってくると思っていたお金が実は戻ってこないとわかったから引き上げたのでしょう?そりゃ怒るでしょうに。

なんなんだこのわけわかめなニュースの数々は。

みんなで北をおちょくってるようにさえ見えてくる。こうなることは百も承知でアメリカがこんな交渉しているとしたら、いったいこの後どんな展開を予想しているのかが気になる。

北が世界中で叩くべきならず者国家であることを明白にするための布石?
なんていうのは希望的観測にすぎるかもだけれど、一行たりとも真実を語らない摩訶不思議なニュース解説を見る気分は、異世界の化け物を見るようで気持ち悪いものだ。

コメント   トラックバック (1)

朝鮮日報もたまには良いこと言うんだね

2007-03-20 01:43:13 | Weblog
熱湯欲ゴーリキーのお部屋

で紹介されていた朝鮮日報の記事です。【コラム】正直でも頭が良いわけでもない「左派勢力」(下)

<かつて哲学者・社会学者・国際政治学者・経済学者などとして知られたレイモン・アロンという多才なフランス人学者がいた。そのアロンが紹介した左派識別法はとても明快だ。それは「正直でありながらも、頭の良い人は左派にはなれない」というものだ。言い換えれば、「正直な左派は頭が悪く、頭が良い左派は正直ではない」ということになる。

 1983年に亡くなったアロンが、もし現在の韓国を見たなら、「正直でなく、頭も悪い人間だけが左派になれる」というさらに分かりやすい識別法を提案していたかも知れない。>

なんかあたっていすぎて笑えます。

こんな左派に担がれてる浅野氏、さすがです。^^;

コメント   トラックバック (1)

画像って正直だねえ

2007-03-16 00:30:26 | Weblog
無意味に怖い人たち

新柏原日記のやまめさんのブログの記事が秀逸です。
笑いました。

やっぱり顔に出るのねえ。
胡散臭い顔の議員はやっぱり胡散臭いのかも。
国会見てるとそう思ってしまいます。

麻生さんは前より素敵になったと思うなあ。
コメント (2)

親指族より特殊な存在はこっちかもねえ

2007-03-13 22:17:23 | Weblog
FACT

ちょっと驚きの数字を見た。

<これまでネット利用を牽引してきた20代の比率が劇的に下降線をたどり、直近では全世代の11.9%に過ぎず、50代(11.8%)にほぼ並んでいる。>

あれま、パソコンできないのがおじさんかと思っていたら、なんと20代と50代ではほぼ同じ一割程度しかネット利用していないという。びっくりだ。

確かにキーボードを負担なく打つには多少の努力がいるとは思うけれど、若い人にとって苦労といえるほどのレベルではないだろうに、打てないらしい。
いや、打てないのはキーボードじゃなくて、文章が作れないのかもしれないけれど。

以前ネットで政治的なブログに関連しているのは、ブログの人口の一割と読んだこともある。となると、人口の一割の一割・・・。多い世代でもやっと4人にひとりしかネットをしてない。

私が毎日見ているネット社会というのは、恐ろしく特殊で狭い世界ということになる。どおりでいつまでも朝日がつぶれないわけだし、マスコミも恣意的な放送を厚顔にも続けているわけだ。

やっとだんなが朝日をやめてもいいと言い出した理由はわからないけれど、なかなかにネットで語られる常識は世間の常識とはなっていかない。

ただ、プロ市民が変だとか民主党があほっぽいとかいうのは、ネットもしない政治に興味もない新聞も読まない庶民にも、直感でわかるみたいなので、情報がなくても、世間を肌に感じる人たちの勘は馬鹿にできないとは思うけれど。

ともかく、自分がすごく狭い世界にいるのだということだけは理解していたほうがいいのかもと思ってしまった記事だった。




コメント

公立の中高一貫校って罪なことするなあ

2007-03-11 02:47:32 | Weblog
ともかく、とんでもない倍率だ。
めったに受かるもんでもない。
問題といえば、普通の訓練で伸びるような内容でもない。

でも、親にしてみたら、目の前にぶら下げられた甘い誘惑なんだろうねえ。

ある塾教材を売っている営業マンが、塾関係者が言っている話を教えてくれた。

「あの学校ができたおかげで、大部生徒が増えて儲かりましたよ。後は、それでつかんだ生徒をいかに残すかが課題です。」

都内の私学受験率は元々高かったけれど、これに本来受験に参入していなかった層まで、最初は軽い気持ちでなんだろうけれど、受験を考え始めた。

子供が伸びる時期にがんばるのは良いことだと思うし、多少強制がなければ普通は遊んでいたい子がほとんどだから、無理強いも時に必要だと思うけれど・・

なんか、違和感がある。
自分がちゃんと勉強したこともない親が、何勉強しているのか、微塵も確かめずに
長時間学習することを子供に要求するのを見てしまうと、少なからず子供に同情してしまう。

昔エンゲル係数っていうのを習ったことがあったけれど、今はそんな話題はでない。今のエンゲル係数は、教育費か通信費なんじゃなかろうか。

格差社会を是正する一番良い方法は、親が教育にお金を掛けなくてもすむ社会になることだと思う。そうすれば、結婚相手の収入をもっと気にしないで結婚できるはずだと思うし。教育にお金がかからなければ、母親が必死に働かなくてもすむ。生活にゆとりがでる。

大学教育にしても、選択肢のひとつとして、一年の半分も休みにしないで、みっちりやらせて2年で卒業させてくれたらいいじゃないの。いまどき、ネットであれテレビであれ、あふれる情報があるのだから、教養なんてレポート提出。第2外国語なんて英検みたいに級を取ればOKにすればいいじゃない。

短大というのではなくてだ。

そうすれば、社会人になってからだって、もっと気楽に大学に戻れる。

美容師の学校は今や私立大学並みのお金がかかる。料理学校へ行けば、留学がセットだ。親はやれやれだ。いや・・・喜んでなのかもしれないけれどねえ。なんであれ子供に箔をつけられれば、聞こえがいいものねえ。

もっと、平均的な人間が普通に幸せになれるシステムに社会を変えられないんだろうか・・。無駄に苦労して、無駄にコンプレックスを持ってしまうような、夢のない社会にいつからなってしまったのか。

半分以上大学に行く今の子供たちが親になる頃には少しずつ変わるだろうか。
いや、子供たちの中ですでに何かに気がつき始めている子がいるように見えることはあるので、意外に社会の変化は早くくるかもしれないけれど。






コメント   トラックバック (1)

日本には自分の肉を切らせる覚悟があるのか?

2007-03-08 23:55:32 | Weblog
後ろのない捨て身の北との戦いなんだから。

相手の利益に反することで、自分を正しいと主張するのは、それ相当な覚悟がいる。

60年前の慰安婦の問題でさえ、本当のことを通すとなれば。

ただの国民のひとりである自分として、どれだけの覚悟があるのかとふと思う。どんないやがらせから、日本の経済状態が悪くなるとも限らない。一時的には特定の国々から孤立することもあるかもしれない。それが、自分の生活にどんな影響を及ぼすのかは想像できない。

自分の主張を通すのに、命を賭ける気の無い日本には、こんなに拉致がはっきりしていても、その犯罪の罪さえ償わすことができない。
情けないと思う。

軍事力も含めての力がなければ、国際社会で自分の当然の権利さえ主張できやしない。でも軍事費を増やせば、当然国民の生活にしわ寄せが行く。

悪くすれば軍事大国化して、アメリカみたいに、しなくてもいいような他国の争いごとに始終首を突っ込んで、あたら若い命を散らせてしまうかもしれない。

そうだ!!
大前晴子のせりふがあるじゃないか?

「それが何か?」

慰安婦?それが何か?

小泉首相の推薦する言葉があるじゃないか?

「鈍感力」

アホの馬鹿騒ぎは無視に限る。こちらの言うべきことはちゃんと言ってからね。

世界はみんなご都合主義の厚顔無恥ばかり。本気で相手するな!!日本。

北朝鮮がちゃんと話し合いの席に着かない?
いいですよ。今後もっと嫌がらせの限りを尽くして、いつか必ず息の根を止めてやれ。わが道を行けよ日本。

朝鮮総連は即解散。

追伸
腹立ててアップしたら

http://sakura-makkiy.cocolog-nifty.com/blog/

熱湯浴ゴーリキさんのところで、こんな記事発見。

<米国のニュース専門テレビ局CNNが行っているインターネット投票で、7日午後6時40分現在、総投票数69万7086票のうち、「再び謝罪するべきだ」は18万1378票で26%にすぎなかった。一方で「謝罪する必要はない」は74%(51万5708票)に達した。
 この日午後4時ごろには、「謝罪する必要はない」という意見が90%を超えたことも分かった。 >

うふ。
道理が引っ込むことばかりでもないのね。世界の良識に今後もちょっとだけ期待。
コメント (2)

朝鮮総連のデモにしても慰安婦決議案にしても

2007-03-04 02:52:39 | Weblog
なんだろうか・・・まったく。

もし差別があったとしても差別されて当然な組織だったのですよね。まずは北朝鮮にお金を不当に送っていることだけで、この組織は日本で活動してはいけないでしょうに。
なんか、戦争に負けた日本の弱みに漬け込んで、ずいぶん身勝手な要求で、甘い汁を吸ってきたようにしか見えませんが。いいかげんにして欲しいわ。
とりあえず、北に送金する前に、日本の税金をちゃんと払ってください。

もっと、マスコミはそこを強調して非難報道して欲しいものです。

今更、アメリカで慰安婦問題の決議案?
韓国がそれを応援??

「集会には、李さんをはじめ、郡和子(衆)、岡崎トミ子(参)、円より子(参)、千葉景子(参)、江田五月(参)、那谷屋正義(参、以上民主党)、福島みずほ(参、社会民主党)、吉川春子(参、日本共産党)議員などの国会議員と、「慰安婦」問題の立法解決を求める会の土屋公献会長をはじめとする日本の市民団体メンバーらが参加した。」

↑ こういう人がだんだん政治の世界に出てきませんように!!

これからは、日本を貶める怪しい他国の活動にはちゃんと手を打ってください。安倍さんに期待してます。ほっておくと、将来に禍根を残します。それにしてもマスコミも、火種になるとか言わないで、「韓国どうかしている、喧嘩売ってるのか?」ってスタンスで報道してください。
コメント (6)