広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほんとはわかってるのにわざと黙ってるのか、いじめ問題>マスコミ

2006-11-28 03:31:24 | Weblog
まったく救いのない虐めを受けるドラマのヒロインを見るたびに思うのは、

そんなに心優しいいい人に、ひとりも真の友達がいないってありなのか?
誰一人救いの手を差し伸べないって、日ごろの人間関係ってどうなのよ?
って疑問。

今日、小学生の子たちが騒いでいた。
公園できのう、6年生の女の子6人がかりから、けりをいれられたり、小突かれたり、罵声を浴びせられたりして責められた女の子が学校を休んだというのだ。

日ごろ親しく遊んでいた4年生の男の子が見かねて、「やめろよ」と言ってあげたが、脅されて退散。(この件で、その勇気にその子の株があがっていたが)

今からその子を慰めに、日ごろの仲間が家まで行くという。やられた子は気の強い子なので、そのうち逆襲するかもと私は気楽に聞いていた。

それに、こういう風に心配してくれる友達がひとりでもいる子は、一時的には苦しんでもやがて復活してくるだろうと思う。

同じクラスに、あるいは同じ学校にいなくても、あるいは最悪親だけって場合でも、どこかに自分を大切に思ってくれる人がいるなら、それは自分への自信につながるはずだ。

それがひとりもいない。あるいは思われているのに気がつかない。自分の中の苦しみでいっぱいいっぱいで、実は他にも同じように苦しんでいる子がいるのに、まったく他人のことは思いやれない。華やかな派閥にばかり目が行っていて、影でひっそり孤独に生きている仲間には無頓着。それは虐められ予備軍かもしれない。

怪我をさせたり、ものを隠したりするようなことは犯罪としてきっちり裁くことは当然だけれど、

虐められる子には、もっと具体的な生きる知恵を手に入れて欲しいと思わずにはいられない。何気ない自分の言葉で、相手だって傷つけられたと感じる場面があったかもしれないのだ。困っている友達に見えないところで(スタンドプレイは感謝されません)手を差し伸べてあげる経験をしていくことだけでも、ずいぶん違ってくるはずなのに、それをする努力してきただろうか。

先生だって小学生に集団で虐められて登校拒否になる時代だ。そんな先生を責めてもなんの解決にもなりやしない。

大人になっても、どこの世界に行っても、虐めのない世界などない。不安だからと、強者の僕の道を選ぶ人もいる。そんな偽りの友人関係の代償は大きいだろうに。

弱肉強食の人間社会ではあるけれど、ボランティアが実は自分の心を幸せにするように、自分の苦しみばかり見ている視線を他者の苦しみにに移すことが、弱い人間が自分の心を守る一番いい方法だと私は思っているのだけれど、若い世代には難しいことなのかな。


コメント   トラックバック (1)

高学歴のせいではないと思うなあ>結婚しないわけ

2006-11-26 02:01:14 | Weblog
高学歴トラップ -なぜ高学歴女は売れ残るのか?-

高学歴の30代の女性が特別売れ残っているのではなくて、30代の半分が結婚してないだけなのでは??

ていうか、たまたま高学歴の女性のいる場所にいるからそう思えるのであって、私のいる平凡な世界の30代前後の女性たちも多くが結婚していない。クリスマスケーキなんて言われたウン十年前がうそみたいだ。

今の時代は、片山さつき?のように美しく頭がよく学歴が高く気も強いキャリアの女性が、そのレベルにふさわしい相手とちゃんと2度も結婚している。夫婦で医者、夫婦でプロフェッショナルも珍しくない。この流れはどんどん加速すると思う。男性にしても、高学歴の人ほど、女性の経済力や財産も考慮しているし、自分の地位の向上に貢献できる家柄の女性を求めているなんて普通のことに思える。

そういう意味では、高いところはより保守的に高いもの同士になるのであって、釣り合わない結婚は、出会いからして少なくなるような気がしてならない。極端な話たかが学歴だけでは、とも言えるかもしれない。

それと結婚しなかった友達のことを思い出すと、学歴よりたぶんに性格が結婚向きではなかったと思えることが多い。容姿もあんまり関係ないようにさえ思える。

嫌われ松子でもない限り、豊かな結婚を女性が望むのは当然だと思うけれど、豊かさが永遠かどうかはほんと神のみぞ知るである。かといって、愛の寿命は3年説もあるし。結婚は先が見えない選択だ。

人間が一生30代のように元気なままで死ねるなら、無理に結婚するよりひとりのほうが余程幸せなのかも。

このまま行くと将来は大量の一人暮らし老人が増えてしまうわけだけれど、それはそれそういう社会を作ればいいとして、

せめて、美しいうちに恋人ぐらい持たないとつまらないでしょうって思うけれどなあ。統計では30代の半分が付き合っている異性がいないらしい。さびしい限りです。生涯の思い出になるような、若さゆえの激しく時にアホな恋に身を焦がす体験してくださいね。>老婆心ながら

















コメント (2)

金正日が倒れても、北に未来はないな

2006-11-24 01:25:53 | Weblog
久しぶりに報ステをみた。
筋の通らない現政権批判をしなければ、多少がまんできる。

北朝鮮のぼろぼろ具合は今さらだけれど、見終わって一番感じたのは、その「他力本願」ぶりだ。

誰かに今の政権を倒してもらいたい。
別の政権になれば、豊かになれるに違いない。
開放政策をとればなんとかなる。

この民族は誰が政権を取っても、結局自分の身内とその関係者さえ豊かになればいいって考え方なんじゃないのか?

誰一人として、豊かな国家を作るためという発想をもっていないのではと思わされてしまう。

そこまでぼろぼろになっても、特権階級はそれを維持すればいいと考え、民衆は今の自分の不幸は誰かのせいだと思っている。ほんとにすべて金正日のせいで、自分たちに責任はないのか??

この国は何度政権が変わっても、だめだめな国のままのような気がしてならない。
考えてみみれば、この国は過去一度も、政治を自分たちの責任でやったことがないのね。

だれか立派な為政者に幸福はもらうものだと思ってるのね。
コメント

上品で律儀な東京の労働者

2006-11-16 01:54:11 | Weblog
田舎から通院付き添いのためにはるばる出てくる母がいつも感嘆して言う。

「東京では、道路工事でオーライオーライしている人まで品がいいねえ^^」

この気持ちは私にもよくわかる。
駐車場で働く人がホテルマンのように洗練されていたり、宅急便を届けてくれる人が時間指定したあげく何度も不在を繰り返した後なのに、笑顔で夜荷物を届けてくれたり。

この国の労働者は、特に東京ではなんと「質がいいのだ!」と思う。

母をいたく感嘆させた道路工事現場の人は、もちろん田舎からの出稼ぎ風でもあるから、東京人とは限らないのだ。

父の病院では医師はベット脇で膝まづいて患者様とさま付けて呼び、若くすらりとした肢体の美人看護婦さんはいつも笑顔だ。

比較して私の田舎は横柄な態度の商人、公務員、駐車場の人がずっと多い。
それは、言葉遣いのせいの印象だけとは思えない。
最初から、相手を立てる気など明らかにない。
自分に都合のいいように働いているようにさえ見える。

サービスを享受する側として、実に東京は快適な都市だ。
お金さえだせば、選択肢はいくらでもある。
ビップ待遇も思いのまま。
わがままを通すこともそれほど難しいことではない。

でも視点を変えて労働者側に立ってみると、夜遅くまでの対応を迫られたり、無礼な態度に忍耐したりと、「客」という立場の者の時に対価以上に、あるいは常識を超えたところまでの要求にこ応えることを、強いられているのかもしれない。

自分が労働者でもあり、消費者でもある立場としては、実に微妙な気分になる。

消費者にやさしい社会は、労働者に厳しい社会でもあると思えるから。

また、こんな職場にこんな立派な方がと思うたびに、社会の厳しさみたいなものを実感する。高度な接客ができなければ、今や街中の小さなサービス業の職にさえありつけない時代なのに違いない。時に容姿さえ厳しく吟味されて。

不器用な人には生きるのがいっそう難しい世の中になっているのかもしれない。

そういえば、不細工な議員がだんだん少なくなっている。(笑)女性はスポーツ選手から医師まで、「美人」と冠されてなければ相手にされない。

てことは、不細工も許されない時代になっているのか?まあ、松坂はイケメンでなくても、60億の価値があるわけだから、そこは断定できないけれど。(笑)

ただ、通院の付き添いの姉は、東京のタクシー運転手のイケメンに出会って、ずいぶん感動していたのではあるけれど。実際街中のいたるところに、ジャニーズとえびちゃんがあふれかえっているようです。






コメント

子殺し

2006-11-14 02:20:28 | Weblog
母親はどういうときにわが子に手をかけるのだろうか。

たぶん、母であることより女であることを選んだら、そのときから子供は唯一の存在ではなくなるのだろうと思う。

わが子を殺す親を見るたびに、猿の子殺しを思い出す。この場合殺すのは母親ではなくて、新しく伴侶となる雄猿なので、ちょっとイメージは違うけれど。

なんでいらないなら捨てないのだろう。
捨てても、子供は育つ。
虐待する親は、自分の子供をなかなか行政に渡さないのはなぜ?

子供を虐待することで、自分の生活の鬱憤を晴らしたいのか?
まだ、多少の社会的な見栄でもあるのか?

同時に思うのは、他人の子供に手を出すよりはましかも。

こうやって、愛されずに育ってしまった人間はどのくらいの割合いるのだろうか。普通の善悪を判断する能力が失われたりしないのだろうか。
運よく、死なずに大人になれた虐待された子供たちが、いったいどんな人間に育っているのか、少しばかり不安になってしまう。

コメント

いじめじゃなくて犯罪じゃないの?

2006-11-13 04:27:43 | Weblog
誰かを嫌いになる自由はあると思う。友達になりたくない人はどこにでもいる。合わない人とは距離を持つのは生きる知恵。

ただ、今問題のいじめは、そんなかわいいもんじゃない。
やくざ予備軍のような図体のでかいやつにお金を取られたり、呼び出されてズボン脱がされる類や、罵声をぶつけたり、嫌がらせを大声で喧伝するのは犯罪でしょうに。いたずらなんてかわいいもんじゃないでしょう?
脱がされて、携帯で写真撮られて、それをばら撒いたって話も聞いたけれど、これなんて、証拠まであるんだから、ちゃんとやったものは捕まえなくちゃ。

小学生だろうが、中学生だろうが、犯罪は犯罪としてちゃんと罰しないとだめでしょうにって思う。なんだ、この対応の甘さは。

それは、侮辱罪にあたるのだとか、名誉毀損だ、詐欺罪とか、傷害罪だとか、教えると同時に、保護者も含めて責任とらせられないのか??
せめて、賠償金をどんどん取れるようにしたらどうなの?

校長先生が頭下げても、なんにも解決しない。自殺しないでちゃんと戦ってよ。わけわかめの親や、悪魔のような心の子供と。

犯罪をいじめと言い換えるのは、売春を援助交際という以上におかしい。

死ぬ前に、一矢報いないでどうする・・

子供はほんと正直だ。怖い人の言うことは聞くが、わがまま言える相手と思えばどこまでも言う。集団になったら、集団の流れに逆らわないでいないと、自分自身がやられてしまう。だから一度悪い流れができたら、止め処もなく悪いほうに流れる。

北朝鮮を見ればわかる。幼稚園児であの演技、あの聞き分けのよさ。子供だけじゃない。人間はおかれた環境で違う人間になるのだ。

怖いものがなくなった子供は、自分がご主人だと思い込んだ犬みたいになって当然だ。

悪いことをしたら自分が困る状況がなければ、いくらでも悪いことをする人間はいる。自分で自律できない人は、何かで押さえつけないと歯止めがきかない。特に、今の時代最初から人生投げたいと思う子供がいても不思議じゃなあいのだから、問題の根は深い。

とりあえず、いじめは犯罪だってはっきりさせようよ。そして、犯罪犯したら罰しないと。

それから、みんな仲良くなんて無理だから。友達たくさんいなくていいのだと教えてあげたほうが余程まし。今のくっつき具合はほんと息苦しい。








コメント (2)

初めてのリアルの在日さんとの出会い

2006-11-04 03:05:56 | Weblog
昔もあったことがあるのかもしれない・・・
そういえば、それらしい名前があった。
在日中国人の人とものすごく親しかったこともある。
何も知らなかったから、韓国名だろうが中国名だろうが、まったく気にしなかった・・10年前までは。

過去を知らないことが無責任だと責められる記事をよく目にしてはいた。日本人は反省が足りないというマスコミのいろんな報道が、思い出してみればあった。若い人は歴史を知らないと。自分たちの罪を知らずにのうのうと生きていると。

そうなのかと心に留めた。

イラクの3馬鹿問題以来、さまざまな真実をネットで知った。在日とはどういう存在なのかを別の意味で知るようになった。

いろいろ批判を書いてきたけれど、あくまでそれは報道に対するもので、自分に対する実害ではなかった。それでも、在日という存在にかなりの不信感を持ってしまったことはぬぐえない。

正直な気持ち、私は今多少の色めがねをつけてこの在日の方を見ている。なんとなくの警戒心がある。韓国というおかしな国家に対するほどではないけれど。
でも、日本の教育を受けて、日本で豊かに暮らしているのだから、きっとちゃんとした人かもとも思う。

願わくば、ステレオタイプな民族批判に当てはまらない、ごく普通の方であって欲しいと思う。嫌韓を語ることに飽きているので。

それにしても、知らない方が心が自由であることって多い。
加齢とともに目も曇るわけだ。


コメント (7)   トラックバック (1)

やだ~~中国製飛行機なんて

2006-11-02 00:52:34 | Weblog
>またエアバス社は同日、天津保税区、中国航空工業第一集団公司、中国航空工業第二集団公司で構成された中国側チームとの間で、中国におけるA320シリーズ機の組み立て生産ラインの共同建設に関する枠組み合意に調印した。

日本にも作らせてくれないかなあ。中国製がアメリカ製を席巻して、世界が中国製だらけの飛行機なんて、いかにも落ちそうで怖いじゃない。
コメント

なんで自殺・・・

2006-11-02 00:22:25 | Weblog
たまたま重なってるのか、話題になっているからマスコミが余計にたびたび取り上げるのか、そんな気分が日本に蔓延してるのか・・

死んで化けて出られるものなら、いじめの張本人に仕返しもできるだろうけれど、実際のところは、ただ一番自分を大事に思ってくれてた人に、一生の苦しみを背負わせるだけなのでは。

もしや、親さえ味方には思えなかったの?

親にできることは、静かに子供のだめな話も日ごろから聞ける耳を養うこと。私は多少エキサイトして、張本人に手をだすなと静かに・・・とても静かに脅しをかけたことが過去あったような。

子供のために頭をさげ(ようと努力はした・・)、子供のために環境を選び・・・今はもうほとんど守ってあげることはできない年齢になって、守って欲しいのはこっちよと思いつつも、今後も子供の問題は一生私の問題だろう。

外の世界はどこも似たりよったりで、大人だって、いやな奴から逃げられるところはありはしない。自己愛が異常に増殖している時代。自分のことばかり考えていないで、もう少し回りを見ようよ。辛いのはほんとに自分だけ?人の心の悲鳴に思いやれれば、自分も救われるってことあるはずなんだけれどと、教えてあげたい。

自分になんの才能もなく、超ありふれた人間で、特別存在することに価値がないということに、私は最近気がついた。とても、幸せな性格だ。今は自分が今後生きていることがそれほど価値あることとも思えない。自分に価値がなくても、存在が多少迷惑でも、大抵淡々と生きている。死ぬまでは生きている、それだけのこと。

死んだら苦しみから解放されるのかは誰も知らない。
むしろ、いつまでも辛そうな幽霊の話は聞いたことはある。
どんな問題も、なぜだか時間が解決してくれるという経験なら何度でもしたけれどねえ。



コメント