広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

偶然にしてはできすぎじゃないか>星座の相性

2006-09-30 02:54:52 | Weblog
麻生たん、安倍たんは私にとって相性のいいおとめ座。小泉たんは私と同じ山羊座だったんだ~~♪(*^ワ^*)

星座だとか血液型とか言い出すと、頭からバカにする人も多いけれど、私は結構あたると思うけれどなあ。あたらない人は運用が下手なんじゃ?聖書や予言の言葉と同じで、どう読解し現実に当てはめるかが腕のみせどころなわけで。そんなときは予知能力やらも総動員。(笑)ああ・・そういう意味じゃあ、私って占い師になれるかも?←妄想癖

説明なんて事細かに聞かされなくても、って言うか専門的に言われても理解不能なのに、彼らの言わんとするところは手に取るように(ちょっと大げさ?)に理解できる。だから応援もしたくなるのかな。

「説明責任」を果たせとうるさい人は、対決するためにわざと言っているのではないなら、余程彼らと相性の悪い人たちなんだろうなあ。考え方の根本から理解不能だから、どんなに説明したってわからないか、わかろうともしないってこと。

どおりで彼らのことを嫌いだと言う人とは気が合わないことが多いわけね。

年経るに従って、この相性直感の当たりがどんどんよくなってきた。しかもだんだん自分がわがままになってきたことも相まって、相性悪い人には近づかないのがお互いのためと理解して行動するようにもなった。

お互いの利益のために大同団結することもあるけれど、どこまでいっても本当に好きになるのは無理なことは多いのよねえ。>相性の悪い人

相性ばっちりの人が政治の表舞台でいつも見られるなんて、政治が気分よく見ていられる日々が、まだまだ続きそうってことよね。ラッキ~~!!

中韓との軋轢を見ていると、現実社会での人間関係とよく似ている。普通は、ああいうタイプの人とはお客様であってもなるだけ避けて付き合わないのが得策。どうせ難癖つけてくるし、めんどくさい。ご商売の人も、もうちょっとよく研究したほうがいいのでは。中国韓国との関わり方。

ちなみに私は自分が喧嘩が苦手なタイプなんで、安倍たんみたいな温厚な雰囲気より、喧嘩上手な麻生たんや小泉たんに憧れます。
コメント

再チャレンジの恐怖

2006-09-28 23:33:05 | Weblog
世の中、会社を作っては借金を踏み倒して倒産して逃げ、また名を変えて会社を興すということを繰り返す人がいると聞く。確信犯なら詐欺だ。

そうでなくても、再チャレンジって、会社を興したりするのに向かない人に、失敗を繰り返させるってことになりはしないのだろうか・・・

会社の倒産があいついだ時なのかバブル末期の頃なのか定かではないけれど、国から中小企業にお金を「どうぞ使ってください」と差し出したことがあった。

それを、生活費やら低レベルの運用もどきにまわして、あげく億のお金を何に使ったかわからないままに倒産して、国は国とて回収をいとも簡単に諦めている例を間近にみていると、なんともすっきりしない。

再チャレンジの方法にもいろいろあると思うけれど、再チャレンジさせるにふさわしい人(会社)かどうか見極めるのは誰なのだろう。
まさか、公務員じゃああるまいねえ?百歩ゆずって金融関係?あてになるのかしら。

どんなシステムなのかわからないのに、気分だけでこういうこと言うのもなんだけれど、

何度チャレンジしても、不運以外の理由、無能とかで失敗を続ける人がいるのも確かで、それを税金で助けて、穴を大きくさせるってことはないのだろうか?

再チャレンジして欲しいと思える人材には、ちゃんとスポンサーがつくだろうし。国がしようとすることってなんだかまだよくわからない。

教育の問題にしても、学校教育の場が向かない人は、能力に関わらずいる。成人してからでも、自分に必要だと感じて学校に戻れる道があるのはいいと思うけれど、学校教育だけが人間に一番いい教育を施せるっていうことでもないだろうに。

こんな忙しく情勢が変わる時代に、3ヶ月近くも夏休みをとって、年間半分くらいいしか講義がない大学ってどうも腑に落ちない。それぐらいなら長期休暇なんてないかわりに、半分の期間で卒業できる選択肢でも準備してくれたほうが、ありがたいと思うんだけれどねえ。特に再チャレンジの場合はならなおさら。






コメント

若くて美人でスタイルがよかったら1500万円以上高値だったのね

2006-09-28 00:28:21 | Weblog
ビューティーコロシアムで、若返り?を果たして500万円強かかったという。
その60歳の女性は、500万円で10歳?ほどは若返ったような気もするので、一才あたり50万円の価値。年齢のさばをよみたくなるわけだわね。

100キロの体重を60キロに落とした女性も約500万。大雑把に、キロ10万。
減量1キロできたら10万のお得でもあるのね。

後整形代。

見た目の価値が具体的に実感できる番組でした。(笑)

コメント

誰が得とか損とか、そんな単純な問題じゃないだろうに

2006-09-26 03:37:25 | Weblog
きのうだったか、太田の番組で、「団塊の世代は勝ち逃げだ」というようなテーマを扱っていた。へえ・・・あの層が得してたこともあったのかと驚いた。年金も退職金も満額もらえるからだそうだ。

人数が多すぎて、なにかと割りを食っていた層かと思っていた。

きょうはきょうとて、ファンドやら株やらで、年間6億の収入を得るような層が現れた格差社会になったのは、例によって小泉さんのせいだという論調。

へえ~~6億とは豪勢な。さぞ税金も高く払ってくれているのだろう。税金払うほども収入がない私は感謝しないとねえ。(笑)

どちらにせよ、どんな金持ちがいようと私には関係のないことだ。貧乏はいやだけれど、若い人の店でなら多少素材に難があっても最新のファッションがそろえられる、アクセサリーも偽物で結構。肌が強いので、金属アレルギーもないしね。どうせ一年こっきりのバックなど、2000円でもかまいやしない。草取りをしないとならない庭はいらない。旅行どうしてもしたいと思わない。行くなら、出稼ぎで海外って言うのに憧れるかも。

安い中国野菜もアメリカ牛肉も普通は食べないけれど、ほんとに困ったら老い先短いので食べるだろうし。

車・・・多少贅沢したいか。でも、ローンで買えないこともないし。ああ、パソコンにはけっこうお金使ってしまった?と言っても、毎月になおせば一万円。

貯金がないのは(汗)不安だけれど、格差格差って、人間なんて元々平等じゃありゃしない。同じ仲間と同じレベルで暮らしていれば、格差なんてめったに気がつかない。同じ仲間が作れないほど突出して貧乏とか言うのまでは知らない。もちろん、平均よりほんの少しだけ上のほうが、なんであれ楽なのは確かだと思うけれど。

幸せなことに日本は、最低レベルから最高レベルまでなんでも商品が取りそろっている社会なんだから。選びようで生きていけないこともない。

それにしてもニートが増えたのは、団塊の世代が金持ちのせいだったのね。ニートってほんと人間の贅沢病の一種?

今後団塊の世代を初め勝ち組にはうんとお金つかってもらいましょうよ。そうすれば、お金が動いて、労働力を時間売りするしかない負け組みにも生活できるだけの仕事は回るでしょう。

ちなみにどんなに若くても、住所不定じゃあ求職活動しても無理です。せめて住所だけは最低限確保しておきましょうね。身元を保証してくれる親とか親族とはちゃんと連絡とりましょう。

働くことをやめると、早く呆けるか病気になるのです。麻生さんのお薦めどおり、出来る限り最後まで働いたほうが、ぽっくり死ねて幸せなのかも。若い人に混じっているだけで、エネルギー吸収して若返りますし。(汗)・・・ってネットで何時間も遊んでる私が言うなですが。


コメント

虚と実>晒される人々

2006-09-24 23:48:16 | Weblog
炎上したブログの主の本名が調べ上げられるということは珍しいことではない。
市井の無名の人間は、自分がそれほど他人から興味を持たれる対象になるなんて思いもしないから、無防備に個人情報を垂れ流して、あげくプロファイルもどきされて、炎上をきっかけに実名が出てくるというわけだ。

人気ブログになるとその危険はずっと高い。
何しろ万単位の視線を浴びるわけだから。

晒されたところで、その辺の主婦だと公言していればなんの問題もないわけだけれど、「社会的に特別な存在」として「超活躍」していると匂わしておいて、たとえばただのニートだと晒されたら結構痛いものがある。初めからニートならニート、ただの平凡な会社員なら会社員だと言ったら、ぜんぜん痛くないけれど、読者はそれを見てブログの価値を低く見るのだろうか・・・見るのだろうなあ。

実生活でがんばってない人なんて、口先だけえらそうに言っても、信憑性がないって思うのだろうなあ・・・。

そしてここしばらく、うそか本当か、晒される羽目になってるお気に入りブログが2,3出ているのだ。内容がよければそれでいいじゃないか、実際賢いしって思うけれど、少しでも虚勢があったなら許せないと思う正義感?溢れる読者も少なくないのだろう・・・。

人のこと暴くって確かにおもしろいかもしれないしねえ。みえはり君にちょっとお仕置きしたい気持ちってあるのよねえ。もしかすると、実害もあったりするのかは私にはわからないけれど。

メディアテラシーならぬ、ブログテラシーの力がほとんど欠けている私は、なんでも最初に目にしたブログ記事をまず信じてしまう。うそを書く人がいるという基本的なことをすっかり忘れて。

お気に入りの「愛蔵太」さんのブログには「少し調べて書く日記」という題がついているのだけれど、なんと大事なことだろうって思う。

先日も「ローゼンメイデン」を麻生さんが読んでいたのはガセというブログの記事を見つけてすぐ信じていたら、どこぞの記事(そういうことを曖昧にするからいけないのだけれど)に麻生氏のインタビューが載っていて、そのようなものを読んだかもとのお返事・・・。

あれあれ、本当だったらしいねえ。自分の妄想をあたかも真実のごとく吹聴する輩って、きっと想像より多いのだ。妄想日記って案外おもしろかったりもするから、あっという間にガセも伝播したりするし。

ってわけで、改めて、「少しは頭と時間使って自分で調べてみろ」と自分に言ってみるわけですが・・・まあ無理かなあ。私の能力では。
せめて、ちょっとは疑ってかかれよ>自分
コメント

怪しげな映画館と驚くべき映画「太陽」

2006-09-21 00:12:55 | Weblog
銀座4丁目に映画館シネパトスがある。三原橋交差点の真下だ。
重要な場面でたびたびはいる効果音と振動が、実は地下鉄の走る音だったのに気がつくまでに1時間は要したかもしれない。あまりにぴったりだったのだ。すごい映画館だ。(笑)

一人芝居のイッセイ尾形の面目躍如とも言えるこの作品だが、一人の人間としての天皇を描いたこの映画を日本で上映できることに、感慨深さもある。

世代によって受け止め方はさまざまだろうけれど、実物はもちろん映像でもほとんど知らない昭和天皇の姿に、いっしょに見たハイティーンたちが親しみを持ったことにも少し驚いた。2時間余りの、地味な展開の映画をおもしろいともいった。

天皇万歳などとはおそらく一生口にできない人間である私にしても、昭和天皇の苦悩に共鳴して涙してしまった。

彼は決して格好よく描かれているわけではないのに、むしろ滑稽でさえあるかもしれないのに、彼の内面の深いところにどんどん惹き込まれて、心底魅せられてしまった。

彼は人間宣言をするわけだけれど、私は生涯で初めて、昭和天皇に神の姿を見てしまった思いだった。

少なくとも平和を祈る神事を行うにふさわしい人だったのだと、初めて理解した。

そういえば高校生の頃、苦悩するキリストを描いた遠藤周作の作品にも同じこと感じたのも思い出した。

ロシア人の監督の真意はどこにあったのか。外国の人にどう見えるのか、興味のあるところだ。


コメント

勝ち馬に群がる者の本音

2006-09-19 22:48:01 | Weblog
わかった!!

もしかして人のいい安倍さんなら、小泉さんと違って、自分たちの思惑どおりに操れるとか思ってるんじゃないでしょうねえ・・・(って皆そう思ってる?)

安倍さんが今後、懐に飛び込んだ胡散臭い輩をどう料理するかお手並み拝見。

予想外によく戦えばめっけもん、だめでもまだ手持ちのコマ(コマ扱いでごめんなさい)がある幸せ。もう2度と胡散臭い輩が表舞台で活躍するような(もちろん暗躍も)時代が来ませんように。そうなれば、自民党の大掃除完了。

その後はできそこないの野党民主党。自分でお掃除できないなら、便利屋さんにでも頼んだらどうでしょう?体育館一杯の不要ゴミでそう・・。(汗)

ところで鳩山兄弟って、仲悪いとか言われてるけれど、どっちにころんでも一族が繁栄するように手を打った戦国武士みたいだねえ。何代も続く名家は侮れないわ。

コメント

確かに飽きたねえ>韓国のおばか指摘

2006-09-17 22:03:13 | Weblog
ネットの中に、韓国叩きがバカらしいって雰囲気があるのが読み取れる。
私も笑韓から呆韓をすぎ、無感情っていうか、放韓って感じ。
正直放置したらいいのにと思っている>韓国
当分まともに付き合える国じゃない。

それにしても、こんなに韓国批判が噴出していたのは、実は韓国を対等な人間と見る世代が育ったせいだと私は思う。

だって、戦中世代と話す時、韓国人に対する気持ちって、浮浪者かやくざか犯罪者に対する、恐怖だったり同情だったりするものが中心で、絶対対等な人間と見ているとは思えない。

ちょっと悪口でも耳に入ったら襲ってきそうな民族、ゴミを拾ってリアカーを引いていた貧しい人たち・・・やくざにつながる犯罪予備集団、なんかそんな感じさえする。だから、かわいそうだから多少大目にみてやろう、怖いから関わらないようにしよう、または必要以上に守ってあげようとか。

今の私たちにとって韓国は、基本的には同じ人間だという気持ちがあるから、その態度のいい加減さに無性に腹が立つのだと思う。なんで、そんなことできるのだ、やるのだと。ちゃんと考えれば調べればわかるでしょう?って。

日本にいる在日といわれる人たちの中には、大きな仕事に成功した人がたくさんいる。韓国は先進国のひとつにまでのし上がっている。

もう、大目にみる必要はない。対等なのだ。

そもそも日本も、韓国に今までみたいなハンディキャップつけてあげるだけの余裕ありませ~~~~~ん。
自分が成長したことにいいかげん気づけよ。>韓国
背ばっかり大きくなって、頭バカのままの子供でどうする。
自分が恥ずかしくないのか。(って恥ずかしいって言葉ありそうもないけれど)
自分の姿をちゃんと等身大でみることから始めないとね。
ちゃんと真実が映る鏡が韓国にないのが問題だねえ。
コメント

麻生さんと握手♪

2006-09-14 13:08:22 | Weblog
今日は地蔵通り商店街に麻生さんがきました。
鶯嬢が「麻生太郎がきたら雨があがりました」と言うので、途中で降り出したらどうするのかと余計な心配しましたが、なんと、麻生さんが車で去るまで雨が降りませんでした。さすが麻生さん。天が味方してますねえ~。

宣伝してないせいか、人が多いという感じではありませんし、押し合いするような若い人もいなかったので、なんと予想外に握手できてしまいました。柔らかくて温かい手でした。予想外だったので、何もしゃべれませんでした。せめて「ウルトラマンガ太郎」おもしろかったですか?ぐらい聞けばよかった・・・超後悔です。

商店街の入り口からお地蔵さんまで握手して歩く麻生さんの後をついていきました。周りでは、
「テレビで見るよりいい男だねえ~~~~~♪」
「若いねえ」
と言う、年配のご婦人の感嘆の声がしきりにありました。
ほんと、若いですねえ。太郎さは年配のご婦人にもてるようです。

「漫画を10冊も読むってことは、他の本はもっと一杯読んでるんだよ」というご老人も。そして、ネラーらしき二人の青年は、お約束の顔文字つきの看板もっていました。

ついでといったらなんですが、きのうお誕生日の鳩山さんとも握手しました。きのうテレビでやっていたのです。>お誕生日

最初に開運大福のお店に長く話していました。開運だもんねえ。大事かも。そのままお地蔵さんまで握手しながら歩いて、お参りしていきました。境内では耳かきを買いました(笑)有権者の声がよく聞こえるようにというアナウンスがはいりました。すごく近くで動画や画像とれたのに、どうも失敗のようです。

さて、演説の方はかなり短い印象でした。
65歳以上の元気な老人の方にも働く場所、生きがいの持てる活力ある社会をめざすという話からはじまって、日本がいかに安全で環境のよい国であるか、環境がよければ健康な生活もできる、日本は世界で孤立しているという人たちがいると言うけれど世界で一番貢献している国だというアンケート結果、サマワで活躍した自衛隊の行いがひとつの事件も起こさない品行方正であった(そんな軍隊はどこにもない)ことなど次々日本のよさをアピールしていました。

満面のかわいい笑顔を一杯みてきました。2メートル以内の男というのだそうです。そばによるとその魅力がわかると。(鶯嬢曰く)
でも、小泉国会での、ちょっと斜に構えたすねた(怖い?)表情も結構好きな私です。

安倍さんはやさしそうで好きですがファンとならないのは、小泉さんや麻生さんにある女性をひきつけるフェロモンが足りないのかもしれません。

それにしても、応援したくなるような人が総理に選べる時代になってほんと幸せ。外見中味家柄そろった人がどんどん活躍する時代になったのですね。いいオーラでてました。

ところでなんで来たのかなあ>とげ抜き地蔵
ほんとにお参りしたかったとか開運おまんじゅうと耳かき欲しかったのでついでに街頭演説来たとかないよね?(笑)テレビ受けする話題性?このあたりは結構縁がある地域だとはネットで見かけるけれど、すぐそばに住んでいる鳩山さんのアイデアだったりしてねえ。

コメント   トラックバック (2)

今更だけど電車男

2006-09-12 16:51:44 | Weblog
さっきたまたまつけたテレビで電車男の再放送。
思わずまたまたうるうるしながら(汗)に見てしまった。

以前は、「なんで電車男で泣けるのだ」と、子供にさんざん馬鹿にされたけれど、再放送でもまたうるうる。

ところで改めて見直してみると、電車男は本当のキモおたじゃないじゃんって気がついた。

なんてたって、生身の女性(アイドルじゃない)にちゃんとほれて、現実を生きてるんだもの。

麻生さんはおたくの☆なんだけれど、おたくって「徹底的にこだわる」人のことであって、秋葉原でちょっと異様な雰囲気をかもし出している人は、おたくの中でもまた別人種でしょう。人が作ったものを収集してるだけじゃあねえ・・・。

私はなんでもそれらしければOKなので、おたくにはなれないけれど、自分とは違う、何かにとことんこだわってる「おたく」に結構ひかれてしまうのです。

ゴルフのさくら?パパが、「今の時代好きなことがなければ生きていけないよ」と言っていたけれど、ほんとにそうだと思う。

格差だなんだっていうけれど、何か夢中になれることがあるほうがずっと幸せな気がする。そして、日本って太古の昔からそういう人が集まってできてるって思える。アニメ製作者のこだわりかたってそういう意味じゃ半端じゃない。アニメに限らず日本で作られるものがみんなそんな感じだ。

日本は各分野におたくがいて、日本を支えてくれているわけで、ほんとにありがたい存在だと思える。

最近流行りのyoutubeを見ていると、世界中の人が日本の歌やアニメにはまっているのに驚いてしまう。こんな泥臭い「歌謡曲」が好きなの?とか、ずいぶん古いアニメなのに、とか。なんではっぱたいで踊っているの?まで。

いったい何に海外の人がそんなに日本の文化に惹かれているものやら想像できないけれど、言語や地理的条件で今まで広まらなかったのであって、元々レベルが高い大衆文化を日本は持っていたのかもしれない。まあ、浮世絵だってすごい影響を西洋美術に与えたわけだし。

そういうことを本当の意味で理解している政治家が麻生さんなのでしょうねえ。

もし中国並みにプロパガンダする気があったら、もしかすると思想の世界侵略までできそうですよね?実際ポケモンでやっていると書いていた教授もいた。http://www.nikkeibp.co.jp/sj/column/p/23/

宗教戦争やテロを終わらせることができるのは、実は日本のアニメだったりして~~。

                     ( マイミクと同記事です)
コメント (2)