あなたが肩こりを治せない理由、教えます。

「マッサージに行ってもすぐ元に戻ってしまう…」を解決します!
10歳からの肩こりを26歳で治した経験をお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

食べるのを我慢しても痩せないのはなぜか/原因と対策

2019-03-28 14:58:54 | 肩こり、腰痛

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

食べるのを我慢しても痩せない




肩こりや姿勢の悪い人は

・下半身太り

・ぽっこりお腹

で悩んでいる人が多いです。

 

 

部分太りをなくしたいなら

体のゆがみを直すのが効果的です。

  

ゆがみが直るとすっきりします。

 

部分太りのほとんどは

ゆがみによって代謝の悪くなった部分にお肉がつく

ゆがみによって一部分にお肉が偏る

ことによって起こります。

 

食事制限をしても

細い部分から痩せて、

太い部分はさらに太くなる



 

また、部分太りではなく

全体的に太っているという場合ですが、

 

食べるのを我慢すると

・代謝が悪くなり、さらに太る

・ストレスで高確率でリバウンドする

ので、やはりダイエットには不向きです。

 

では、どうすればいいか?

 

ダイエットの基本は

代謝を良くする

ことです。

 

(1)ストレッチ、深呼吸で代謝をよくする

(2)ビタミン・ミネラルの摂取を心がける


いつもと同じ量を食べていても、代謝のよさで太りにくい体はつくれます。

猫背を直すことでみぞおちから下腹までが伸びて、内臓が動きやすくなります。

また、ビタミン・ミネラルは糖や脂質の消化・分解を助けてくれます。



食べるのを我慢するのではなく、

食べても太りにくい体を目指していきましょう。




コメント

体力のなさに悩んでいる方へ!体力アップのポイント&NG例

2019-03-04 12:34:50 | 肩こり、腰痛

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

体力アップするには?

 

大学を卒業して就職した1年目、

私にはある悩みがありました。

 

それは‥

 

体力がない!!!

 

病弱というほどではないのですが‥

 

仕事から帰るとバタンキュー

朝起きても疲れがとれていない

休みの日は昼まで寝てしまう

疲れているから飲み会は行きたくない

 

という状況。

 

同期で体育会系の男の子は私と同じ仕事量なのに、

毎日元気で連日先輩と飲み会で楽しそう‥。

 

あれ、私なんか

遅れをとってない‥?(・_・||)

 

段々と

気持ちに余裕がなくなりイライラ

してしまう‥

そんな自分に

自己嫌悪‥

 

体力がないって損だなぁ!!

 

どうしたらいいの??

 

そんな状況から私がしてしまった失敗例と、

無理なく体力アップできた成功例をご紹介します。

 

========================

体力のない人がしがちなNG対処法

(1)体力を温存する

(2)体力アップのために運動する

========================

 

(1)体力を温存する

 

疲れやすい人や体力のない人が一番してはいけない対処法は、

体力を節約することです。

 

体力(エネルギー)は体を使うことで生まれます。

体力の出し惜しみをしていると、

エネルギーが生まれない

さらに疲れやすくなる

さらに動かなくなる

体の使い方が下手になる

さらに体力がなくなる

という悪循環に陥ります。

 

(2)体力アップのために運動する


次によくある失敗は

「なにか運動・スポーツをしよう」

とすることです。

 

そもそも、体力がなく疲れやすい人というのは、

体の使い方が下手です。

 

体がうまく使えていない

エネルギーが生まれにくい

疲れやすい

 

体の使い方が下手な状態でウォーキングやジム通いを始めると、

・余計に疲れてしまう

・楽しくないので続かない

・膝や腰を傷める

 

というように思ったような成果が得られません。

 

では、どうすればいいの?

================

体力がない、疲れやすい人のための

おすすめ体力アップ方法

================

 

(1)胸を開いて深呼吸する

(2)下腹を使って座る

 

(1)胸を開いて深呼吸する

 

 

体力がない人は呼吸が浅い傾向があります。

胸の筋肉(大胸筋)が縮こまっていると深く息が吸えないので、

大きく胸を開いて深呼吸してみましょう。

 

(2)下腹を使って座る

下腹の力を入れて座ることで姿勢が安定し、

座っている間の疲れやすさを軽減します。


下腹の力の入れ方がわからない人は、

座り初めにイスの座面に手をつく

ことで

体の前面に体重がかかりやすい状態を作ってみましょう。

***

 

深呼吸、座り方‥

この2点で改善されるのは

基礎代謝です。

 

体を使う‥というと、

運動

スポーツ

筋トレ

‥など

激しく体を動かすことをイメージしがちですが、

私たちは

普通に生活しているだけで

体を使い、エネルギーを生産しています。

 

その代表的なものが、

◆呼吸

◆消化

 

息をすることで肺が動き、

食べものを消化することで内臓が動き、

エネルギーを生み出します。

 

肺や内臓の動きが悪ければ、

生み出すエネルギーは少なくなり、

疲れやすい体になります。

 

内臓を支える筋肉が弱ければ、

内臓の動きが悪くなり基礎代謝がダウンします。

 

 

体力アップをしたいのなら、

普段何気なく使っている筋肉を正しく使う。

 

デスクワークの人なら座り方、

立ち仕事の人なら立ち方、

徒歩通勤の人なら歩き方‥

 

あなたの一番よく使う筋肉から

見直していきましょう!

 

いきなり激しい運動にチャレンジしても、

基礎がなければ思うような成果に繋がらないのですよ。

 

 

 

 

コメント

現代人の肩こりが治らない原因と対策/肩こり、頭痛

2019-01-07 10:41:48 | 肩こり、腰痛

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

肩こりの原因は◯◯の変化

 

皆さん、

「江戸わずらい」

という病気をご存知ですか?


江戸わずらいとはその昔、参勤交代で江戸に来た地方の大名が


脚のしびれやむくみ、疲労感


など、体調不良で次々に倒れ、
原因不明の病気として恐れられていました・・


しかし、

実はこの病気の正体は・・

========
ビタミンB1不足
========


そう、当時の江戸では精製した白ごはんが広まりだしていたのです。



それまで玄米や粟など雑穀から摂れていたビタミン・ミネラルが不足し、脚気(かっけ)が広まったのでした。


このように

文化が変化する時、
私たちは思いがけない体調の変化に見舞われます。


今、世の中に肩こりや腰痛に悩む人がこんなに多い背景には、

急激な文化の変化

があります。


日本に椅子や机、デスクワークの原形が入ってきたのは明治時代です。

一般家庭まで机と椅子が普及したのはそれよりさらに後。


パソコンが普及して、20年
スマホは10年・・というところでしょうか。


長時間椅子に座り、日常的にパソコンに向かう

・・なんていう日常は

今まで私たちがしてこなかった生活様式なのです。

 

 

デスクワークで体調不良になる人が多いのは、

まだまだ世間の常識が追い付いていないからです。


例えば、座り方ひとつでデスクワーク中の疲れ方はかなり改善されます。

にもかかわらず、正しい座り方を教えてもらう機会はほとんどありません。

背すじをシャキッとする=いい姿勢・・というような曖昧なイメージで姿勢を保っています。

 

座り方の重要性がもっと認知されていけば、

デスクワークで肩こりになる人の数はどんどん減っていくのではないでしょうか。

 

(ちなみに、現在、正しく座れるよう設計された椅子を導入している小学校がいくつか存在します。

座り方が集中力や成績に関係することがわかってきているからです。 

まだ一部の私立小学校にとどまってはいますが、少しずつ世間でも重要性は認知され始めているのですね。)

 

 

対策は・・?

 

江戸時代の人たちが脚気を原因不明と恐れたように、

皆さんも、なぜ肩こり腰痛になるのか、よくわからないのが一番の不安であり、

出口の見えない息苦しさを感じているのではないでしょうか?

 

長時間座ってパソコンをする環境で生きる私たちができる一番の対策は、

正しい知識を身につけることです。

 


・座る時はどのように体を使っているのか?

・座りっぱなしはなぜ体に悪いのか?

・パソコン、スマホはなぜ頭痛を引き起こすのか・・

 

などなど、

すべてに理由があります。

 

マッサージや整体で一時的にカラダだけを治しても、

原因を理解していなければすぐに元に戻ります。

 

マッサージに通い続けるからどうでもいい・・という人はともかく、

・再発させたくない

・マッサージ通いに疲れた

という人は、あなたの痛みの原因を理解するところから始めてみてくださいね。

 

 

 

コメント

一番簡単で効果的な運動とは?/肩こり、頭痛、冷え/温活

2019-01-02 19:53:52 | 肩こり、腰痛

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

一番簡単で効果的な運動とは?

 

新年おめでとうございます!

 

「今年こそは、運動をしよう!」

と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、

寒いから、忙しいから、疲れているから・・

いろんな理由で挫折してしまうのが現状ではないでしょうか?

 

寒くても

忙しくても

疲れていても

家の中でいつでもできる

でも、効果的!な運動をひとつご紹介します!

 

それは

深呼吸

 

え?深呼吸?

運動じゃないよね‥??(・・;

 

・・と、思ったあなた。

 

深呼吸をあなどるなかれ!

深呼吸はとても効率よく

全身のめぐりを良くすることができるのです。

 

深呼吸で意識する2つのポイント

1)骨盤と頭の位置

2)あばら骨の動き

 

 

 

正しく深呼吸をすると

骨盤から頭まで背骨全体の運動になります。

 

あばら骨が大きく動くことによって

骨盤から頭までが動く。

 

深呼吸をするときは、

頭、あばら骨、骨盤

がどのように動いているのか?

意識しながら実践してみてくださいね。

 

 

 

コメント

運動おんちな人へ/運動おんちで10代から肩こりだった人間の備忘録

2018-11-18 22:02:46 | 肩こり、腰痛

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

運動不足だから肩こり?

 

 

興味深い本を見つけました。

 

大人の「運動音痴」がみるみるよくなる本   深代 千之 https://www.amazon.co.jp/dp/B0091P8H46/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_lFu8BbDGD73Z7 

 

私自身、幼少期からひどい運動おんちで、

それが10代からの肩こりや頭痛の一因であったと思います。

 

「肩こりなのは運動をしていないせいではないだろうか?」

と、思い

何度もスポーツにチャレンジしたことがあるのですが

幾度となく挫折してしまいました。

 

そして、

姿勢を直して肩こりがなくなった今、

なぜ、自分が運動おんちだったのか?

なぜ、幾度となくスポーツに挫折したのか?

その原因が

よくよく理解できました。

(詳しくは後述)

 

そんな私にとって

上記の本は興味津々なタイトルだったわけであり、

肩こりに悩みかつ運動苦手な人にとっては

すごく役立つ本であると思います。

 

‥しかし、

僭越ながら、あえて、

運動おんちの立場から

こちらの本に補足したいことがあります。

 

この本の主旨としては、

「楽しく」運動をすれば上達する

と、いったことが書かれています。


しかし‥

この言葉は本当に運動おんちな人にとっては

かなり酷な言葉なのです。

 

私自身、

運動が苦手なことを人に相談した時、

何度もこの言葉を言われました。

 

「やっている内に

(できるようになってくるから)

楽しくなってくるんだよ」

 

そして、

何度もこの言葉を信じてチャレンジして

挫折してきました。

 

本当に運動おんちな人にとっては、

やっている内に楽しくなる

ということはほとんどありません。

 

なぜなら、

楽しくなってくるレベルまで行き着けない

からです。

 

そして、その原因は

多くのスポーツはチームプレイを要するもの

だからです。

 

私は、運動おんちの人がスポーツに挫折する一番の理由は、

周りとのレベル差

にあると思います。

 

私自身がスポーツに挫折してきたことを思い返すと、

・レッスンで周りの人たちと差が開いてきてしまった

・(卓球で)私がまともに球を返せないので相手の人が退屈そうで申し訳ない気分になった

・ミスをした時、最初は皆「ドンマイ!」と言ってくれたが、その後もミス連発で気まずい雰囲気になった 

 

 ‥などなど

あまりにも下手っぴで

周りに人に申し訳ない気持ちになってしまい、

とても楽しむどころではなくなってしまった

という状況がありました。

 

運動おんちな人のネックは、

チームプレイ。

 

現に、運動おんちな人でも

ウォーキングとか

サイクリングとか

一人でできる運動

は好きな人が多いのです。

 

***

 

運動おんちな人は

一人でこつこつと体づくりをすること

から始めるのがオススメです。

 

運動おんちな人は

筋肉量が極端に少ないとか

姿勢が悪い、

体力がない

‥といった運動おんちである原因を抱えています。

 

 

その原因をクリアすることで

運動が楽しいと思える体になる。

 

まずは

一人でコツコツと体づくりをする

ことが、運動おんちを克服する第一歩なのです。

 

冒頭で紹介した本には

コツコツと基礎づくりをするために役立つノウハウが書かれていたので、

基礎づくりを始めたい方は一読されてはいかがでしょうか。

 

***

 

私自身、姿勢を直してから

体ってこんなに軽く動くのか

と感じるようになりました。

 

そして、

体が軽いと動きたくなる

ことにも気づいたのです。

 

運動しなきゃ!と思って闇雲にスタートしても挫折してしまいます。

思わず運動したくなるような体になる

 

運動おんちで悩んでいる方は

まずここから始めてみてはいかがでしょうか。

 

***

 

肩こり、頭痛を治したい方のためにおすすめの書籍

 

 

 

コメント