あなたが肩こりを治せない理由、教えます。

「マッサージに行ってもすぐ元に戻ってしまう…」を解決します!
10歳からの肩こりを26歳で治した経験をお伝えします。

運動おんちな人へ/運動おんちで10代から肩こりだった人間の備忘録

2018-11-18 22:02:46 | 肩こり、腰痛

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

運動不足だから肩こり?

 

 

興味深い本を見つけました。

 

大人の「運動音痴」がみるみるよくなる本   深代 千之 https://www.amazon.co.jp/dp/B0091P8H46/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_lFu8BbDGD73Z7 

 

私自身、幼少期からひどい運動おんちで、

それが10代からの肩こりや頭痛の一因であったと思います。

 

「肩こりなのは運動をしていないせいではないだろうか?」

と、思い

何度もスポーツにチャレンジしたことがあるのですが

幾度となく挫折してしまいました。

 

そして、

姿勢を直して肩こりがなくなった今、

なぜ、自分が運動おんちだったのか?

なぜ、幾度となくスポーツに挫折したのか?

その原因が

よくよく理解できました。

(詳しくは後述)

 

そんな私にとって

上記の本は興味津々なタイトルだったわけであり、

肩こりに悩みかつ運動苦手な人にとっては

すごく役立つ本であると思います。

 

‥しかし、

僭越ながら、あえて、

運動おんちの立場から

こちらの本に補足したいことがあります。

 

この本の主旨としては、

「楽しく」運動をすれば上達する

と、いったことが書かれています。


しかし‥

この言葉は本当に運動おんちな人にとっては

かなり酷な言葉なのです。

 

私自身、

運動が苦手なことを人に相談した時、

何度もこの言葉を言われました。

 

「やっている内に

(できるようになってくるから)

楽しくなってくるんだよ」

 

そして、

何度もこの言葉を信じてチャレンジして

挫折してきました。

 

本当に運動おんちな人にとっては、

やっている内に楽しくなる

ということはほとんどありません。

 

なぜなら、

楽しくなってくるレベルまで行き着けない

からです。

 

そして、その原因は

多くのスポーツはチームプレイを要するもの

だからです。

 

私は、運動おんちの人がスポーツに挫折する一番の理由は、

周りとのレベル差

にあると思います。

 

私自身がスポーツに挫折してきたことを思い返すと、

・レッスンで周りの人たちと差が開いてきてしまった

・(卓球で)私がまともに球を返せないので相手の人が退屈そうで申し訳ない気分になった

・ミスをした時、最初は皆「ドンマイ!」と言ってくれたが、その後もミス連発で気まずい雰囲気になった 

 

 ‥などなど

あまりにも下手っぴで

周りに人に申し訳ない気持ちになってしまい、

とても楽しむどころではなくなってしまった

という状況がありました。

 

運動おんちな人のネックは、

チームプレイ。

 

現に、運動おんちな人でも

ウォーキングとか

サイクリングとか

一人でできる運動

は好きな人が多いのです。

 

***

 

運動おんちな人は

一人でこつこつと体づくりをすること

から始めるのがオススメです。

 

運動おんちな人は

筋肉量が極端に少ないとか

姿勢が悪い、

体力がない

‥といった運動おんちである原因を抱えています。

 

 

その原因をクリアすることで

運動が楽しいと思える体になる。

 

まずは

一人でコツコツと体づくりをする

ことが、運動おんちを克服する第一歩なのです。

 

冒頭で紹介した本には

コツコツと基礎づくりをするために役立つノウハウが書かれていたので、

基礎づくりを始めたい方は一読されてはいかがでしょうか。

 

***

 

私自身、姿勢を直してから

体ってこんなに軽く動くのか

と感じるようになりました。

 

そして、

体が軽いと動きたくなる

ことにも気づいたのです。

 

運動しなきゃ!と思って闇雲にスタートしても挫折してしまいます。

思わず運動したくなるような体になる

 

運動おんちで悩んでいる方は

まずここから始めてみてはいかがでしょうか。

 

***

 

肩こり、頭痛を治したい方のためにおすすめの書籍

 

 

 

コメント

半身浴では温まらない人向け/よい入浴3つのポイント/肩こり、冷え性対策

2018-11-15 04:56:53 | 肩こり、腰痛

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

温めすぎ注意!!

 

 

お風呂

が嬉しい季節になってきましたね。

 

肩こりや冷え性の人にとっては

温まって血行が良くなる

お風呂は嬉しいものですが、

こんなお悩みはないでしょうか?

 

 すぐに湯冷めしてしまう

 お風呂あがりはぐったりと疲れてしまう

 半身浴はなかなか温まらないので挫折した

 お風呂上がりは肌がパッツンパッツン

 

ひとつでも思い当たる人は

入浴の恩恵を受けられていない可能性大です。

 

よい入浴3つのポイント

(1)バスソルトを入れる

(2)入浴時間

(3)ストレッチ・筋トレ

 

 

 (1)バスソルトを入れる

 

入浴するならぜひ活用したいのが、

バスソルト

 

保湿性・保温性が上がるだけでなく、

ナトリウムマグネシウムなどミネラルが含まれていることで

日常生活で乱れやすい

体のpHバランスやイオンバランスをリセットしてくれます。

 

バスソルトは濃度が薄すぎると効果が期待できないため、

塩分濃度2~3%を目安に使用しましょう。

 

 

(2)入浴時間

 

長時間湯船につかる方が

体が芯から温まり、

汗をたくさんかけてデトックス!

‥というイメージがあるかもしれませんが、

長風呂は厳禁です。

 

人の体には元々、体温を調節する機能がついています。

長時間温めすぎることは

本来の機能やリズムを乱し、

湯冷め疲れの原因となってしまいます。

 

入浴時間(湯船につかる時間)は

15~20分で充分です。

 

 

(3)ストレッチ・筋トレ


「15~20分じゃ全然温まらない!」

‥と感じた方も多いのではないでしょうか?

 

こう感じる人は

お風呂ではなくあなた自身に原因があります。

 

つまり、

温まりにくい体なのです。

 

筋肉や血管がカタければ、

外側から温めても中々血行がよくなりません。

 

30分以上入浴しても温まりきらない(温まる前にのぼせてしまう)人や、

半身浴は温まらないので挫折したというような人は

 

お風呂に入る前や、お風呂の中で

ストレッチ・筋トレをして体のめぐりを良くしておく

ことが効果的です。

 

***

 

お風呂は疲れをリセットさせるのに

最適な習慣です。

 

この冬は

質の高い入浴を目指してみてはいかがでしょうか。

 

***

 

肩こり、頭痛を治したい方のためにおすすめの書籍

1日45秒実践者のビフォー・アフター 

 

コメント

肩甲骨をまわしても柔らかくならない2つの原因と対策

2018-11-05 05:15:13 | 肩こり、腰痛

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

トレーニングの7原則

 

肩こりや頭痛に悩んだ方であれば一度は、

肩甲骨(けんこうこつ)

のストレッチを聞いたり試したりしたことがあると思います。

 

しかし、

まわしても、マッサージでほぐしてもらっても、

一向に肩甲骨まわりが柔らかくならない!

 

なぜ、肩甲骨がスムーズに動くようにならないのか?

 

肩甲骨ストレッチで効果が出ない原因

(1)肩が上がっているだけ

(2)勢いよく回しすぎている

 

(1)肩が上がっているだけ

最もよくある間違いがこのパターンです。

肩甲骨を寄せているつもりが

肩が上がっているだけ。

 

肩甲骨を支えている筋肉はほとんど動かせていないため、

どれだけ繰り返しても背中が柔らかくなることはありません。

 

 

(2)勢いよく回しすぎている

肩甲骨を動かす時に、

勢いよく肩をぐるぐる

回していないでしょうか?

 

勢いよく動かした方が体を使っているような気分になるのですが、

スピードが速すぎて十分な負荷がかからず、

一瞬は気持ちいけれど筋肉へのアプローチは不十分なまま終わってしまいます。

 

また正確さも落ちるので、実際に動いているのは腕の筋肉であったり、

(1)同様に肩甲骨と関係のない筋肉を使ってしまいがちです。

 

***

 

肩甲骨を動かす時のポイント

(1)肩を下げたまま、肩甲骨を寄せる

(2)勢いをつけず、スローな動きで正確に肩甲骨を寄せる

 

 

この2点を意識するだけで、

より効果的な肩甲骨ストレッチができるようになります。

 

肩甲骨に限らず、

筋肉を動かす=筋トレには7つの原則があります。

 

筋トレの7原則

1.負荷をかける/十分な負荷がないと効果が期待できない。

2.取り組む順序/基礎から応用へ。急激なチャレンジは故障の原因に。

3.バランス/筋肉量だけではなく持久性、柔軟性、敏捷性など多面的に捉える。

4.反複/トレーニングの効果は1回では出ない。

5.個別性/性別、年齢、体力など最適なレベルを選ぶ

6.意識性/どの筋肉を何のために鍛えているかを意識することで効果が上がる

7.特異性/目的に合ったトレーニングを選ぶ

 

 

もし、自己流の筋トレやストレッチで効果を感じられない人は、

この7原則に沿って、間違った点がないか、見直してみると良いですね。

 

 

***

 

肩こり、頭痛を治したい方のためにおすすめの書籍

1日45秒実践者のビフォー・アフター 

 

 

コメント

鏡を見るのが楽しくなる!疲れ顔の原因とリセット方法

2018-10-29 09:37:43 | 肩こり、腰痛

 

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

マッサージでしわが増える!!

   

 

 

・目の下のクマ

・ほうれい線

・首のしわ

・おでこのしわ

 

肩こり、背中の疲れは女性の大敵!

なぜなら‥

疲れ顔の原因になるから!!

 

マッサージをしても、

ちょっと高級なクリームを塗っても、

解決しない顔のしわ…。

 

「もうそんな歳なのね‥(T_T)」

なんて諦めていませんか?

 

諦めるのはまだはやい!!

しわが出来てしまう原因を知って、

鏡を見るのが楽しくなる

ぷるッとお肌を取り戻しましょう!

 

疲れ顔の原因とリセットするための3つのポイント

(1)筋肉

(2)姿勢

(3)◯の疲れ

 

(1)筋肉

しわができる一番の原因は、

支える筋肉の衰え

です。

  

筋肉は

使えていないサボっている筋肉

から衰えていきますが、

使うことでリセットできます。

 

まずは、

サボっている筋肉を使うことが

しわ対策には必要不可欠!です。

 

さらに言うと、

グイグイ押すような強いマッサージは要注意!です。

強すぎる刺激は筋肉を緊張させ、カタく弾力のないお肌をつくり、

しわを悪化させます。

 

強いマッサージの危険性については

こちらにも詳しく書いています。ご参考にどうぞ。

マッサージに行けば行くほど疲れやすい体になる理由と対策 https://blog.goo.ne.jp/craicc/e/07388c686b3e0feaf1c7b34b5e8ed37e

 

 

(2)姿勢

顔のトラブルで顔だけをケアしていると
悩みは解決しません。
 
 
特に
顔=頭蓋骨は背骨と繋がっていますから、
背中や骨盤のゆがみによって顔がゆがんだりもします。
 
左右でほうれい線の濃さが違う
‥というケースが多いです。
 
また、
ストレートネックなど前に倒れた首は、
・首のしわ
・二の腕のたるみ
などに影響します。
 
 
 

(3)脳の疲れ

顔というのは体の中でも特別なパーツです。

なぜなら、脳みそがあるからです。

 

言うまでもなく脳は非常に大切な機関で、

血液やリンパ液とは別に

脳脊髄液という第3の体液が循環しています。

 

脳脊髄液のめぐりが悪くなれば、

・顔全体のむくみ

・目の疲れ

・頭痛

‥といったトラブルを招き、

顔全体を疲れた印象にしてしまいます。

 

脳脊髄液は背骨に沿って循環しているので、

ここでも姿勢を直すことが役に立ってきます。

 

***

 

いかがでしょうか。

マッサージや高級クリームでは顔のしわ対策にならないことがおわかり頂けたのではないでしょうか。

 

顔のしわが気になる人は‥

・サボっている顔の筋肉を使う

・背骨のゆがみをリセットする

 

ことを意識してみてくださいね。

 

***

 

肩こり、頭痛を治したい方のためにおすすめの書籍

1日45秒実践者のビフォー・アフター 

コメント

マッサージに行けば行くほど疲れやすい体になる理由と対策

2018-10-23 00:36:25 | 肩こり、腰痛

「朝スッキリ起きられる体」を取り戻す、京都やわらかせなかの山本たか子です。

 

マッサージの依存性

 

皆さん、マッサージはお好きですか?

肩こりに悩んでいた当時の私はマッサージが大好きでした。

 

「週末のマッサージが何よりの楽しみ!」

「マッサージほど気持ちいいものはない!」

‥と、まさに病みつき状態でした。

 

しかし、そんな生活を4~5年続けてきた頃、

異変が起こり始めました。

 

マッサージが効かなくなってきた‥。

 

マッサージが終わった時に「もう終わっちゃた‥」と思うようになり、

「60分じゃ短いかな‥90分コースにしよう!」

それでも、やっぱり満足出来ず、

「思い切って120分コースにしよう!でも、120分コースは高いから週1回から2週間に1回に減らそうかな~」

しかし‥

「うぅ‥日曜日にマッサージ行ったばっかりなのに、

もう(水曜日)マッサージに行きたい!!(T_T)

しんどいよーーー!!!」

   

こうなったら‥とにかく強く!!揉んでもらおう!

もうガチガチなのでがっつりしっかり揉んでください!!!

 

しかし‥

そんな定期的にマッサージを受けていたにも関わらず

その頃の私は‥


・肩こり、悪化

・頭痛、慢性化

・寝ても疲れがとれない

・朝スッと起きられない

・イライラしやすい

・肌が荒れやすい

 

‥と、

着々と体のトラブルが増え続けていました。

 

マッサージに満足できなくなってきたら赤信号です!

 

マッサージを受け続けると疲れやすい体になってくる理由

(1)脳内物質の副作用

(2)体のリズムと異なる刺激

 

 

(1)脳内物質の副作用

 

マッサージを受けた時の「気持ちいい~!」といった強い快感を感じた時、

ドーパミンやノルアドレナリンなどの脳内物質が分泌されます。

 

このような脳内麻薬はくせになりやすく、

依存状態になると

日常生活(刺激がない状態)にストレスを感じやすくなってしまいます。

 

 

(2)体のリズムと異なる刺激

 

人間の体には元々、疲れをリセットする機能がついています。

そして、その作用はとても緩やかで微かなものです。

 

例えば、普通、寝たら疲れはとれますが、

寝ている時に

「うわー!めっちゃ疲れとれてる!!気持ちいいーー!!」

‥なんていう体感や刺激はないわけです。

気がついたらいつのまにか疲れがとれていた。

というくらい緩やかで微かなリズムで体は循環しているのです。

 

つまり、めちゃめちゃ気持ちいー!!と感じるほど、刺激の強いマッサージは、

体にとってはイレギュラーな刺激であり、

その刺激が常態化してくると、本来の体が循環するリズムが乱れていってしまうのです。

 

では、どうすればいいの?

 

対策1:自然な刺激の施術を選ぶ

 

誤解のないように書いておきますが、

マッサージ自体は良いものです。

他人の手に触られるとリラックスして治癒力がアップする

という研究結果もあります。

(詳しくはタッチング、タクティールケア‥などで検索すると出てきます

 

しかし、それらはどれもとても優しい刺激、

じわーーーーっと温かくなってくるような感覚がするものです。

 

強すぎる刺激ではなく、本来のリセット機能を高めてくれるような自然で優しい刺激のものを選びましょう。

 

 

対策2:ストレッチや筋トレをする

 

強い快楽のドーパミンやノルアドレナリンですが、

不足すると認知症や無力感、無気力を招くとも言われています。


ドーパミンそのものが悪いわけではないので、

依存状態にならないようにすることが大切です。

 

そのために役立つのが、

ストレッチや筋トレ。

 

自分で何かをやり遂げた時などには

エンドルフィン

という脳内物質が分泌されます。

 

エンドルフィンは

達成感

安心感

居場所を感じる

‥などの

ほっとするような快感を与えてくれるため

ドーパミンなどの強い快感に依存しにくい状態を作ってくれます。

 

ストレッチや筋トレなど

自分で取り組むことが必要なのです。

 

***

 

いかがでしょう。

マッサージは強い刺激で疲れをリセットするもの

‥だと思っていなかったでしょうか?

 

依存状態になってしまわないように

正しくマッサージと付き合っていきましょう。

 

 

肩こり、頭痛を治したい方のためにおすすめの書籍更新しました。

1日45秒実践者のビフォー・アフター

 

 

 

 

 

コメント