スタジオ土ぼっくり・くらふと一期舎(すたじおつちぼっくり・くらふといちごや)

粘土造形工房「スタジオ土ぼっくり」とストーンギャラリー「くらふと一期舎」の活動ブログです。コメント大歓迎♪

行きます仙台市!4月8日「お薬師さんの手作り市」仙台市若林区、陸奥国分寺薬師堂境内にて

2019-04-08 13:43:00 | スタジオ土ぼっくり

いつもアクセスありがとうございます。
先日の茨城クラフトフェアではたくさんのご利用と応援ありがとうございました。



さて、次回の土ぼっくり参加イベントは仙台市です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月8日(月)
お薬師さんの手作り市
宮城県仙台市若林区 陸奥国分寺薬師堂境内
※関連サイト→お薬師さんの手作り市公式
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回11月から半年ぶり、今年一回目のお薬師さん出店です。
冬の間に新しく生み出したあんな子やこんな子も連れていきます。
仙台市および近郊の皆さま今回もどうぞよろしくお願いいたします。

 

ちなみに今回新作のこの子↓も数体連れていきます。

この子は4月8日はお釈迦様の誕生日とされておりますので、それに合わせて制作した

「天上天下唯我独尊ちゃん令和元年バージョン」

です。
台の部分には「天上天下唯我独尊 うまれましたうまれました おおきなよろこびです」と彫っています。

尊敬する禅の古徳がこうおっしゃっていたと記憶しています。
「お釈迦さまがお生まれになった時、東西南北に7歩ずつ歩いて『天の上、天の下に、我一人尊し』とおっしゃたというが、そんな馬鹿なことはない。
いくらお釈迦様でも生まれたときは『おぎゃー』といったはずだ。
その『おぎゃー』が『世界で私という存在が一番尊いぞ!尊い命を持った私がここにいるぞ!!』と周りの人、とりわけ母親にはそう聞こえたんじゃろう。
母親にとって子の第一声というものはかくもありがたくものなのじゃ」
と。

なるほどです。
生まれる、命が存在するということは本当に尊いものですね。

でも漢字で八文字も並ぶとちょっとくどいので僕なりの訳をあとにつけました。それが

「うまれました うまれました おおきなよろこびです」

いかがでしょう?

 

ちなみにこの「天上天下唯我独尊ちゃん令和元年バージョン」ですが大きさは高さ9.5cm~10cmほどでお値段は3,500円の予定です。
あまり数が無いのでもし気になる方がいらっしゃいましたらご予約いただければ確実です。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント   この記事についてブログを書く
« 4月7日(日)のつぶやき | トップ | 4月8日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スタジオ土ぼっくり」カテゴリの最新記事