光琳眼鏡店 ボンベルタ店ブログ

千葉県成田市のボンベルタ成田の5階にあるメガネ店です。じっくりとお話を聞き要望にあったメガネをきちっとお作り致します。

深視力検査はお任せください。

2017-02-19 20:00:00 | MOTO

 

深視力検査の合格の対策とコツ

中型免許や大型免許、二種免許を取得する為には、視力検査以外に深視力検査が必ず必要となっています。

「深視力検査」とは、物を立体的に見る力や遠近感が正常に備わっているかを調べる検査です。

ですが、これが結構苦手な人も多く、光琳眼鏡店では、少しでもコツをつかんでもらえればと無料測定させていただいております。

 

 

 

 

 
中型・大型免許、二種免許の取得には、通常の視力検査に加え、深視力検査として、三かん試験を受ける必要があります。

三かん試験とは、両眼視機能のことで二つの眼で見る力(遠近感や立体感)を言います。

実際の能力テストは専用の装置(奥行知覚検査器)を覗きますが、正面に3本の棒が並んでいます。真ん中の棒だけが前後に移動するので
 
3本が並んだ時にボタンを押します。3回行って、誤差の合計が6cm以下なら合格になります。

【深視力が必要な自動車免許】

●中型自動車
●大型自動車
●牽引自動車

●大型自動車第二種
●中型自動車第二種
●普通自動車第二種
●大型特殊自動車第二種
●けん引第二種免許

深視力検査に合格する為には、正常な立体視機能が必要です。

 

 最近お電話でのお問い合わせが非常に増えてます。

「視力検査には合格したが、深視力で落ちた」という声をよく聞きますが、片眼づつの視力が良くても両眼で見る機能が悪ければ、正常な立体視機能は得られません。

つまり物を立体的に見る事が出来ず遠近感が分かりにくいため深視力検査が不合格となるのです

深視力検査が合格できないファクター

①眼の病気で片眼の矯正視力が悪い場合

②左右の視力や度数に大きな差がある場合

③斜視などにより、両眼視が不十分または欠落している場合

④深視力検査に慣れていない場合などなど...

                光琳眼鏡店では、少しでも皆さまのお役に立てればと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「AKITTO」2017コ... | トップ | オークリー度付きサングラス »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

MOTO」カテゴリの最新記事