光琳眼鏡店 ボンベルタ店ブログ

千葉県成田市のボンベルタ成田の5階にあるメガネ店です。じっくりとお話を聞き要望にあったメガネをきちっとお作り致します。

いらっしゃいませ!!

2017-11-11 12:39:34 | その他の眼鏡や日々のアレコレ
立冬を過ぎて、空気が乾燥する季節になりました。風邪が流行する季節の必須アイテム マスク。
 
風邪の予防はもちろん、花粉症対策、すっぴん隠し、口臭予防、中には人に話しかけられたくない時に「伊達マスク」として使われること
 
も。マスクは冬の季語ですが、日本では一年を通して付けている人を沢山見かけます。
 
当店スタッフにも年中無休でマスク愛用者います。
 

さて、眼鏡屋に限らず接客業には、接客用語というのがあります。

六大用語だったり、七大用語だったり、八大用語だったりします。

 1.いらっしゃいませ

 2.はい、かしこまりました

 3.少々、お待ちください

 4.お待たせ致しました

 5.畏れ入ります

 6.申し訳ございません

 7.ありがとうございます

 順番や言い回しは、業界や個々の会社によっても違うようです。

 4.大変、お待たせ致しました

 このように「大変」を入れる場合もあるようです。

 7.ありがとうございました

 このように、過去形にする例もあるようです。

 過去形にすると、お客様との関係が切れる感じになるので、現在形で、と教育する研修もあるようです。

 ところで、この10年くらいでしょうか?「いらっしゃいませ、こんにちは」という使い方をする接客販売員が増えてきたようです。

 最初は抵抗があったのですが、最近、こんにちはが流行った経緯を知りました。

 始まりは、某百貨店の社長が「いらっしゃいませ」では、お客様が返事のしようがない。

 お客様に返す言葉がない、双方向のコミュニケーションにならない。

 「こんにちは」を付け加えれば、お客様も「こんにちは」と返事ができるから、より良い関係を作れるのではないか?

 そう言った事情で始まったそうです。なるほどと思いました。

 最近では「いらっしゃいませ、おはようございます」とか「いらっしゃいませ、こんにちは」とか、言うようにしています。

 なんだか、以前よりお客様と良い関係が作れるような気がしています。

 そう言えば以前、無茶苦茶暇な時にあるスタッフが「いらっしゃいませ」と言ったので入り口を見たら、どなたもいないのです。

 そのスタッフは、こう言ったのでした。

 「いらっしゃい ませ

 

光琳眼鏡店HPはコチラ

光琳眼鏡店ボンベルタ店のフェイスブックページはコチラ←ぜひ、「いいね!」お願いします

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« チタンパッド | トップ | 冬にも紫外線対策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他の眼鏡や日々のアレコレ」カテゴリの最新記事