別冊カントリージェントルマンへの道★軽井沢移住~書籍化第1弾への道~

~ライフスタイルからビジネススタイルを決める方法・実録編~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビジネススタイルの目標設定は『2段階』で

2006-07-01 22:57:13 | 原稿

┏━≪カントリージェントルマン流 <ライフスタイル⇒ビジネススタイル>≫━┓

   ビジネススタイルの目標設定は『2段階』で

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■
□<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>を追求する前提として、自分がどういうライフスタイルを求めるのか、もちろん、これは大事。

■■
□でも、いきなりライフスタイルを徹底追及してビジネススタイルの目標設定をするのは、口で言うのは易しいけれど、結構、大変ですよね。それに、実効性に欠けてしまうことも多々あると思います。

■■
□これは、何かの本で読んだ覚えがあるんですけど、ビジネススタイルの目標設定は『2段階』がオススメとか。これ、私も、経験上、そう思います。

■■
□いきなりライフスタイルという、とても大事だけれど、ともすると抽象的になりがちなものを第1目標にするのではなく、第2目標にしてあげる。

■■
□では、第1目標は?これは、単純で、達成度がすぐわかるものがよいわけで、やはりマネーなのだと思います。私の場合は売上(年収)でしたけど、給料、投資・・・何でもいいでしょう。具体的な金額目標ほど、第1目標に相応しいものはないように思います。

■■
□「<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>とか言っていながら、結局、お金?」とクレームが来そうですけど、ただ漠然とお金持ちになろうというわけではありません。

■■
□多かれ少なかれ、やはり自分なりのライフスタイルを目指すには、お金がかかりますし、そこに到達するまでの手腕も問われます。

■■
□自分なりのライフスタイルという宇宙に飛び出していくためには、やはり大気圏を突破するための、打上げ用第1ロケットが必要なのです。

■■
□大気圏を突破したら、第1ロケットを切り離し、いよいよ第2ロケットで<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>を作り上げていけばいい。

■■
□<第1目標:年収****万円、第2目標:もっとお金持ちに>という人もいるでしょうけれど、第1目標がクリアできていれば、<第2目標:ライフスタイル⇒ビジネススタイル>の達成可能性も、その時点では、結構高まっているのかもしれませんね。


☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢移住編★~実録!カントリージェントルマン流『普通の生活』~

別冊カントリージェントルマンへの道★軽井沢移住~書籍化第1弾への道~

カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~

軽井沢版*薪ストーブ生活

軽井沢版*ホームファーミング生活

軽井沢版*陶芸家への道

軽井沢版*ネコ生活★『プリン』という名のねこ★

軽井沢版*バイリンガルへの道~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~

軽井沢版*親父Salon

CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~
コメント (17)

別冊・カントリージェントルマンの書籍化への道

2006-05-27 23:30:02 | 鴨志田のつぶやき

■■
□私の『人生リスト100』をあらためて眺めてみると、『・・・の本を書く』『情報を資産にする(情報商人になる)』『自伝を書く』など、結構、書籍化という夢を持っていることに気づかされました。

■■
□そこで、『別冊カントリージェントルマンの書籍化への道』をブログにしてしまいました。

■■
□ここで原稿をストックして、いずれ本になればいいなあ・・・。まあ、夢を見るのは自由ですし、自分の意志はオープンにしてやらなければ、自分以外の人は知りようがないし、何も実現しないので、それだけでも価値があるかと・・・。

■■
□とはいえ、ネットベンチャー行政書士として、日々、相当数のメール作成・送信をしたり、複数のブログをアップしたりはしているものの、書籍化へ向けての原稿なんてはじめて・・・。

■■
□まあ、そんなに固く考えず、これまでのブログを基に、思いつくままに、連載していくつもりです。take it easy!


★原稿ストック★
ライフスタイルからビジネススタイルを決めるということ
『カントリージェントルマン』という生き方
ライフスタイルのキーワードは『循環』
『やりたくないこと』がライフスタイルのヒント
ジョン・レノンの『主夫』という生き方
地方移住への道
軽井沢移住への道
軽井沢移住のスケジュールを振り返って・・・出会いを大切に!


☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢へ移住したい!★

『カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~』

『軽井沢版*薪ストーブ生活』

『軽井沢版*ホームファーミング生活』

『CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~』

『軽井沢版*ネコ生活』★『プリン』という名のねこ★

『軽井沢版*バイリンガルへの道』~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~
コメント (2)

軽井沢移住のスケジュールを振り返って・・・出会いを大切に!

2006-05-20 08:02:00 | 原稿

┏━≪カントリージェントルマン流 <ライフスタイル⇒ビジネススタイル>≫━┓

   軽井沢移住のスケジュールを振り返って・・・出会いを大切に!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■
□たまには、自分の軽井沢移住までのスケジュールを振り返ってみようと、移住までずっと付けていた『軽井沢日誌』を久しぶりに眺めてみました。

■■
□2000年5月に、地方移住を前提としたビジネスを始め、2002年位から、『カントリー・ジェントルマンへの道』をめざして、以下のようなスケジュールで動いてきたんです。

●2003年9月⇒地元不動産会社さん仲介で、軽井沢に土地を購入
●2003年11月⇒地元の設計士さんと設計監理契約
●2004年2月⇒地元工務店さんと建物建築請負契約
●2004年3月⇒着工
●2004年9月⇒完成・引渡・引越予定

■■
□で、気づくことは、本当に『出会い』に恵まれたな~ということ。

■■
□私は法律を生業としていることもあって、はっきり言って用心深く、用意周到な方。だから、当初、諸々選択する際、当然、相見積をとった上で、決する心積もりでいました。

■■
□そんな私が、例えば、設計士さん、工務店さんを選ぶ際、結局、相見積もせずに、最初にお会いした方で決まり、結果、いい仕事をしていただき、今でもお付き合いをさせていただいているのは、何か不思議な感じもします。

■■
□もちろん、誰に最初にお会いするかの段階では、様々なルートから情報を集めて、自分なりのリストを作り、優先順位を付けた上で臨んだわけなんですけど、それにしても、なぜ?

■■
□それは、やっぱり『出会い』なんですね。お会いして、お話をさせていただいた際に、強烈な『出会い』を感じたから、決めたわけなんです。

■■
□『出会い』を感じるためのアンテナを巧みに立てておくことも、大事なこと。実は『出会い』はそこらに転がっているのかもしれないんですけど、アンテナが立っていない、又は、磨かれていないがために、出会い損ねていることって、凄く多いんじゃないかと思うんです。

■■
□で、この『出会い』や『アンテナ』の話は、何も地方移住に限らず、ライフスタイルにも、ビジネススタイルにも、共通して言えることですよね、経験上。

■■
□『出会いを大切に!』というキャッチフレーズはよく聞くんですけど、実際は、『アンテナ』⇒『出会い』という流れになっているわけですから、結局のところ、自分なりのアンテナを磨き続けていくことが重要ということなんでしょうね。


☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢へ移住したい!★

『カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~』

『軽井沢版*薪ストーブ生活』

『軽井沢版*ホームファーミング生活』

『CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~』

『軽井沢版*ネコ生活』★『プリン』という名のねこ★

『軽井沢版*バイリンガルへの道』~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~
コメント

軽井沢移住への道

2006-05-13 08:00:28 | 原稿

┏━≪カントリージェントルマン流 <ライフスタイル⇒ビジネススタイル>≫━┓

   軽井沢移住への道

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■
□前回の『地方移住への道』の中で、「なぜ『地方移住』をめざしたのか・・・一言で言えば、直感」と書きました。

■■
□それでは、なぜ『軽井沢移住』だったのか?

■■
□今思うと、確かにきっかけはいくつかありました。

■■
□1999年3月、たまたま北軽井沢のホテルに宿泊し、帰りに軽井沢の教会巡りをしていたとき、石の教会(@ブレストンコート)に感動。この頃から、軽井沢に出会いを感じ始めていたような気がします。

■■
□2000年8月、結局、出会いを大切にし、石の教会(@ブレストンコート)にて挙式。その間、準備などで、何度か足を運びながら、急速に軽井沢に惹かれていきました。

■■
□地方移住に向けて影響を受けた人、例えば、カントリージェントルマンの白洲次郎氏が別荘を持っていたのも、又、ヴィラデストワイナリーの玉村豊男氏が以前住んでいたのも、たまたま軽井沢でした。

■■
□とはいえ、2000年5月26日、東京井の頭で、『PACオフィス鴨志田行政書士事務所』を開業した当時、『よし、将来、軽井沢に移住するぞ』とまでは思っていませんでした。

■■
□では、軽井沢移住への道に進んだのはなぜなのか?

■■
□もちろん、理由はいっぱいあるんですけど、一言で言えば、私にとって、軽井沢は『パワースポット』であると感じたからなんです。

■■
□『パワースポット』。地球上に点在する特別な「場」。そこに行くと、人は不思議とくつろぎ、エネルギーが充電され、溜まっていた心身の汚れが浄化されるところ。

■■
□別に私は、宗教家でもなければ、特殊能力があるわけでもないんですけど、自分にとっての『パワースポット』はどこなのか、これは、ずいぶん前から意識して過ごしてきました。

■■
□ちなみに、東京では、青山が、私にとっての大切な『パワースポット』で、よく散歩していました。

■■
□ご存知の通り、軽井沢は、田舎でも都会でも、ただの観光地でもない、不思議な場所。信州の中の1つの町なのに、その名は全国区。『軽井沢』と聞いて、positiveな印象を持っていただけることも結構多いところ。

■■
□私に限らず、軽井沢に何らかの魅力を感じる方は多いようですし、その歴史も知れば知るほど多種多様で面白いんですけど、自分にとっての『パワースポット』かどうかというのは、まさに感性レベルの話。

■■
□実際に移住して感じることは、やっぱり軽井沢は、私にとっての『パワースポット』だな~ということ。

■■
□そもそも、こういうブログをやっていること自体、その影響を受けているのかもしれませんね。


☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢へ移住したい!★

『カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~』

『軽井沢版*薪ストーブ生活』

『軽井沢版*ホームファーミング生活』

『CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~』

『軽井沢版*ネコ生活』★『プリン』という名のねこ★

『軽井沢版*バイリンガルへの道』~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~
コメント

地方移住への道

2006-05-06 07:59:12 | 原稿

┏━≪カントリージェントルマン流 <ライフスタイル⇒ビジネススタイル>≫━┓

   地方移住への道

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■
□ロバート・ハリスの影響を受け、いつからか私も『人生リスト100』なる自分の夢リストのようなものを作って、ほぼ毎朝眺めているんですけど、その1番目に、次のようなものがあります。

●1998.4.17作成『地方に居を構え、カントリー・ジェントルマンとして行動する』

★『カントリージェントルマン』とは?★

・これを「田舎紳士」と訳してはいけません。
・地方に住みながら 中央に目を光らせる 本当の紳士。
・時流に流されず 自らの考えを 身をもって実行する人のことなのです。
<白州次郎語録より>

■■
□<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>を追求する前提として、自分がどういうライフスタイルを求めるのか、これは大きなテーマですよね。

■■
□その中でも、『地方移住』というのは、いざ自分が実行するとなると、結構大変なテーマ。

■■
□2004.9.22に、おかげさまで、このテーマは達成済みになるんですけど、では、なぜ、『地方移住』をめざしたのか。

■■
□これ、結構、人からも聞かれる質問なんですけど、一言で言えば、直感なのだと思います。

■■
□1998年頃の自分を考えると、今のビジネスも始めていないし、正直、経済的にも余裕はなく、地方移住はおろか、自分の家を持つことも容易ではなかったはず。

■■
□でも、この頃の自分は、既に、『近い将来、地方へ移住したい』『そのためには、どういうビジネスがあり得るか』『インターネットはその鍵になりそうだ』・・・と思いを巡らせていました。

■■
□1990年代。都心の環境・治安・子育て環境などのますますの悪化が進んだ一方、インターネットの普及に伴い、ビジネススタイルにも変革が始まった頃。

■■
□挙げれば、地方移住の理由はいくつもあるんですけど、やはり決め手は直感。直感を侮ってはいけません。


☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢へ移住したい!★

『カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~』

『軽井沢版*薪ストーブ生活』

『軽井沢版*ホームファーミング生活』

『CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~』

『軽井沢版*ネコ生活』★『プリン』という名のねこ★

『軽井沢版*バイリンガルへの道』~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~
コメント

ジョン・レノンの『主夫』という生き方

2006-04-29 10:23:16 | 原稿

┏━≪カントリージェントルマン流 <ライフスタイル⇒ビジネススタイル>≫━┓

   ジョン・レノンの『主夫』という生き方

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■
□<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>を追求する前提として、自分がどういうライフスタイルを求めるのか、これは大きなテーマですよね。

■■
□いろいろな人の影響を受けつつ、様々な情報に触れながら、私も、自分の求めるライフスタイルをできるだけ具体的に、できるだけ明確にしようと、ワクワクしながら、思いを巡らせていました。

■■
□その過程で、影響を受けたのは、ジョン・レノン。ジョン・レノンの『主夫』という生き方なのだと思います。

■■
□ジョン・レノンが、ビートルズ解散後、1975年から5年間、音楽活動を休止し、『主夫』として、息子のショーンの子育てをしていたのは有名な話。

■■
□1977年~79年の3年間のうち3度ほど、軽井沢にも訪れ、1~2ヶ月くらい、万平ホテルに滞在して、軽井沢の自然を楽しんでいたそうです。

■■
□もちろん、ジョン・レノンのように、当時、名声も富も才能もあった人と比べてみても仕方ないんですけど、『主夫』をするためにビジネスから遠ざかるというパターン以外に、自分に採り得る選択肢は他にないか・・・。

■■
□『主夫』をし、子育てにできるだけ多くの時間を費やしつつ、ビジネスからも遠ざからない選択肢。

■■
□願わくば、『主夫』としても充実したライフスタイルを送っていることにより、ビジネススタイルも充実してしまうという循環スタイルを築けないか・・・。

■■
□そんなことを考えて、例えば、イマジンを聴いてみると、これまでとは違った発想が出てくるのかもしれませんね。


☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢へ移住したい!★

『カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~』

『軽井沢版*薪ストーブ生活』

『軽井沢版*ホームファーミング生活』

『CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~』

『軽井沢版*ネコ生活』★『プリン』という名のねこ★

『軽井沢版*バイリンガルへの道』~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~
コメント

『やりたくないこと』がライフスタイルのヒント

2006-04-22 10:33:04 | 原稿

┏━≪カントリージェントルマン流 <ライフスタイル⇒ビジネススタイル>≫━┓

   『やりたくないこと』がライフスタイルのヒント

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■
□<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>を追求する前提として、自分がどういうライフスタイルを求めるのか、これは大きなテーマですよね。

■■
□でも、これは誰もが経験することだと思うんですけど、意外と自分の求めるライフスタイルって、なかなか具体的にイメージできなかったりします。

■■
□自分の『したいこと・やりたいこと』って、短期的なもの(おいしいごはん食べたい、かっこいいあの服が欲しいなど)はともかく、ライフスタイルとなると、なかなかまとまらないものなんですよね。

■■
□そんな時に結構役立つツールが、『やりたくないこと』を考えてしまうこと。特に、ビジネススタイルで、本音を言えば、自分が『やりたくないこと』を列挙してしまうんです。

■■
□つまり、ライフスタイルとして『やりたいこと』を見つけるために、ビジネススタイルとして『やりたくないこと』を利用してやるんです。

●<ビジネススタイル『やりたくないこと』⇒ライフスタイル『やりたいこと』>

■■
□例えば、以下のような連想ですね。

◆連想1◆

●ビジネススタイル『やりたくないこと』
⇒『通勤したくない』
  ↓  ↓  ↓
●ライフスタイル『やりたいこと』
⇒できるだけ時間を自分でコントロールしたい
⇒家族や友人と過ごす時間を優先的に確保したい
⇒子供といっしょに過ごす時間を優先的に確保したい

◆連想2◆

●ビジネススタイル『やりたくないこと』
⇒『身をすり減らすような仕事はしない』
  ↓  ↓  ↓
●ライフスタイル『やりたいこと』
⇒自分にとって大切な遊びに、体力も精神力も時間もお金も、十分費やしたい

■■
□『やりたいこと』よりも、『やりたくないこと』をリストアップする方が、経験上、実は結構簡単。

■■
□そう固く考えず、遊び気分でやっていると、意外な自分の本音、心の底に眠っていた『やりたいこと』が、見えてくるのかもしれません。



☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢へ移住したい!★

カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~

軽井沢版*薪ストーブ生活

軽井沢版*ホームファーミング生活

CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~

軽井沢版*ネコ生活★『プリン』という名のねこ★

軽井沢版*バイリンガルへの道~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~
コメント

ライフスタイルのキーワードは『循環』

2006-04-15 23:41:41 | 原稿

┏━≪カントリージェントルマン流 <ライフスタイル⇒ビジネススタイル>≫━┓

   ライフスタイルのキーワードは『循環』

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■
□<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>を追求する前提として、自分がどういうライフスタイルを求めるのか、これは大きなテーマですよね。

■■
□いろいろな人とディスカッションし、本を読み、時には散歩して、様々な情報に触れながら、私も、自分の求めるライフスタイルをできるだけ具体的に、できるだけ明確にしようと、ワクワクしながら、思いを巡らせていました。

■■
□その過程で、「これがキーワードになるのかな~」と思ったのが『循環』。

■■
□『循環』というキーワードから、自然と人間、自然と自分の関係を考えてみると、何だか頭の中がすっきりするように思うんです。

■■
□自然の『循環』の中では、自分を含めた人間も、所詮はその一部に過ぎない。そう考えると、とても謙虚な気持ちになれます。

■■
□自然の『循環』に支えられて、今日まで生きてこれたことに、感謝の気持ちすら湧いてくるから不思議です。

■■
□『循環』というキーワードから、私が、東京時代にイメージしたライフスタイルは、以下のようなものでした。

●薪ストーブ⇒灰⇒ホームファーミング⇒食卓

●生ゴミ⇒生ゴミコンポスト⇒ホームファーミング⇒食卓

●浄化槽⇒生ゴミコンポスト⇒ホームファーミング⇒食卓

●落ち葉⇒生ゴミコンポスト⇒ホームファーミング⇒食卓

●伐木・小枝⇒薪ストーブ

■■
□『循環』というキーワードを持てたおかげで、「どうやら自分の求めるライフスタイルに、薪ストーブやホームファーミングは欠かせない」という具体的なイメージを抱くことができました。

■■
□ちなみに、我が家のホームファーミングのモットーは、今でも、肥料(生ゴミコンポストのみ)や支柱(拾い枝)などは、できるだけ買わない、です。


■■
□ビジネススタイルでも、『循環』というキーワードは生きてます。

■■
□裏紙使用はもちろんのこと、おそらく行政書士でこれほど紙やプリンターを使っていないオフィスも珍しいんじゃないかというくらい、開業当初から、ペーパーレスを目指しています。


☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢へ移住したい!★

『カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~』

『軽井沢版*薪ストーブ生活』

『軽井沢版*ホームファーミング生活』

『CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~』

『軽井沢版*ネコ生活』★『プリン』という名のねこ★

『軽井沢版*バイリンガルへの道』~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~
コメント

『カントリージェントルマン』という生き方

2006-04-08 07:57:40 | 原稿

┏━≪カントリージェントルマン流 <ライフスタイル⇒ビジネススタイル>≫━┓

   『カントリージェントルマン』という生き方

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

★『カントリージェントルマン』とは?★

・これを「田舎紳士」と訳してはいけません。
・地方に住みながら 中央に目を光らせる 本当の紳士。
・時流に流されず 自らの考えを 身をもって実行する人のことなのです。
<白州次郎語録より>

■■
□<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>を追求する前提として、自分がどういうライフスタイルを求めるのか、これは大きなテーマですよね。

■■
□いろいろな人の影響を受けつつ、様々な情報に触れながら、私も、自分の求めるライフスタイルをできるだけ具体的に、できるだけ明確にしようと、ワクワクしながら、思いを巡らせていました。

■■
□その過程で、最も影響を受けたのは、白洲次郎の『カントリージェントルマン』という生き方なのだと思います。

■■
□1990年代のいつかは忘れてしまいましたけど、TVで、偶然、『白洲次郎』、『カントリージェントルマン』という生き方に出会ったんです。今思えば、『これだ!』と自分の中でスイッチが入ったんでしょうね。強いインパクトを受け、その後、『白洲次郎』関連書籍は読み漁りました。

■■
□とはいえ、当時、まだ『白洲次郎』は、どちらかと言えばマイナーな偉人でした。そこが、また、良かったのかもしれません。

■■
□今思うと、白洲次郎が別荘を持っていたのも、軽井沢だったんですけど、だからと言って、当時は、『よし、将来、軽井沢に移住するぞ』とは思っていませんでした。

■■
□2000年5月26日、『PACオフィス鴨志田行政書士事務所』がスタートする、ずいぶん前の出会いでした。


☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢へ移住したい!★

『カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~』

『軽井沢版*薪ストーブ生活』

『軽井沢版*ホームファーミング生活』

『CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~』

『軽井沢版*ネコ生活』★『プリン』という名のねこ★

『軽井沢版*バイリンガルへの道』~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~
コメント

ライフスタイルからビジネススタイルを決めるということ

2006-04-01 07:52:52 | 原稿

┏━≪カントリージェントルマン流 <ライフスタイル⇒ビジネススタイル>≫━┓

   ライフスタイルからビジネススタイルを決めるということ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■■
□『今度、転勤で1週間後には引越だよ』『通勤時間を考えると、職場からできるだけ近いところに住みたいなあ』『来年から単身赴任になりそうだ』、こんな話をサラリーマンの友人たちは、普通に話してくれるんですけど、私はちょっと違うものの見方をしてきました。

■■
□思えば、浪人時代の長かった私。大学受験2浪、塾講師をしながらも司法浪人7年ほど。少しばかりアウトローだった分、ゆっくりと自分の求めるライフスタイルをイメージする暇があったのかもしれませんね。

■■
□「自分がどういうライフスタイルを望んでいるのかを、できるだけ明確にしてあげることは、とても重要だ」、これは巷の成功本などによく出てくるフレーズですけど、これを実践することって、結構大変。

■■
□自分のことって、意外と自分は知らなかったりしますからね。

■■
□仮に自分の望むライフスタイルが見えてきたとしても、それはかなり縛りのかかったものだったりします。

■■
□なぜでしょう?それは、多くの場合、<ビジネススタイル⇒ライフスタイル>だからです。<ビジネススタイル⇒>という縛りで、時間や場所などの縛りが、かなりかかってしまいますよね。

■■
□仕事が生きがいで、<ビジネススタイル=ライフスタイル>という方も、もちろんいらっしゃるでしょう。人間いろいろですから。

■■
□「そんなの仕方ないじゃない」「仕事しなければ食っていけないし」という方も、たくさんいらっしゃるでしょう。たぶんこれが多数意見でしょうし。

■■
□ただ、少なくとも、頭の中の発想だけでも、<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>にしてみるのも、なかなか面白いと思うんです。

■■
□で、実際、私は、2000年に起業する際、思い切って、<ライフスタイル⇒ビジネススタイル>の実験をしてみました。

■■
□当時、32年生きてきて、<ビジネススタイル⇒ライフスタイル>を、どうやら自分は望んでいないなということに気づいていたからです。

■■
□そこで、何とか、『ライフスタイルからビジネススタイルを決めるということ』ができないものかと、考え始めたんですね。

■■
□こうして、2000年5月26日、『PACオフィス鴨志田行政書士事務所』がスタートしていくのでした。


☆軽井沢情報はこちら

軽井沢の天気予報

国道18号ライブカメラ@軽井沢追分

浅間山ライブカメラ


☆こんなブログもやってます!

『カントリージェントルマンへの道』★軽井沢へ移住したい!★

『カントリージェントルマンが出会った~素敵なことば~』

『軽井沢版*薪ストーブ生活』

『軽井沢版*ホームファーミング生活』

『CG BAR@軽井沢~酒飲みカントリージェントルマンのBAR~』

『軽井沢版*ネコ生活』★『プリン』という名のねこ★

『軽井沢版*バイリンガルへの道』~カントリージェントルマンの子供たちをバイリンガルにしたい~
コメント