な~んにもない

もう、わけわからんわ。

ありがとう

2021-10-24 07:45:25 | 日記
旧友が海外転勤するとの知らせに、男四人が集まった。

肌寒さを感じる快晴に恵まれ、再び同じ方向を向いて歩いた。

お互いに背負わされた物があり、抱きしめたい物があり、途方に暮れ手を焼いている物がある。



限られた時間の中にも、今日の悲喜交交が生まれ、落ち葉の様に散らして歩く。

そして、足元に舞い落ちたその落ち葉を、誰かが踏みしめて歩く。

いつもより少し多いアルコールのお陰もあり、彷徨った感も深かったか。




昇る朝陽を思い、暮れる夕陽を思い、星のない月夜を思う。

それぞれの空へと帰って行く姿は渡り鳥のようでもあった。

夏の日は長く、冬の日は短いように、時間も伸び縮みしていた。



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« お彼岸から3週間 | トップ | ご愁傷様と秋雨が »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事