TULIP業務日誌

工業用ミシン、型紙・パターン作成・アパレル道場をアパレル縫製工場の立場からお伝えします。スローフードな忙しさ

縫製工場における良いミシン糸の見分け方・選び方

2009-08-29 19:11:16 | 13】 縫製便利技・小技集

工業用ミシン糸の持論です

生地と、針に合ったミシン糸の選び方の項目は、よく見かけますが、糸の質の問題はあまり口論されていないようです。

縫製工場におけるミシン糸の役割は、非常に重いウエイト(役割)をもっています。

糸の質いかんで、生産能力がかなり違ってきたりします。

例をあげると、ロック糸の5000m巻の1箇所でもつなぎ目があったりすると、作業の途中で糸切れがおこる。改めて糸を通し直す。中断時間が10分~30分かかる。その間の生産が止まる。その日1日の生産がかなり落ちる。

同じ番手の糸でも、替えただけで、ミシンの糸調子が悪くなったり、目飛びしだしたりすることもあります。

まとめとして言えることは・・・

日ごろ使う糸の種類と太さとメーカーを決めておく。混在しない。

1年以上前に買った糸は賞味期限過ぎ、調子悪くなったら誰かにやる。

やっぱり、質のいい日本製を使う。

糸代 1本 500円としても、充分な元はとれます。

「たかが糸」と糸代を辛抱している人は、かなり損をしていますよ。

日本のあるメーカーの糸は、今まで、工場生産の中で、ロックに使った糸が一度も切れたことはありませんでした。

・・・⇒工業ミシン縫製工場あまくさ宝島ボタンとレース

・・・⇒天草ぐるめYahoo!ショッピング

・・・⇒全国ぐるめ・熊本の宿。楽天ランキング市場 楽天手芸市場

・・・⇒格安な業務用品日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ボタン付け糸の太さと構造 ... | トップ | 縫製工場における工程分析 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

13】 縫製便利技・小技集」カテゴリの最新記事