☆日進月歩☆素敵な女性になるために~自信のない女の子が自信をもてるようになるまで~

誰よりも普通、いやむしろ地味。そして誰よりも自信がない!
そんな私、芙蓉が自分に自信をもてるように頑張るブログです。

106日目

2016-01-03 05:35:20 | 日記

昨日は、家族が近くまで遊びに来てくれました。

海老名にできた新しいららぽーとに行きたかったそうです。

家族はなぜだかみんな、上機嫌。

なんか、家族全員でどこかにでかけるって珍しいなと思いました。

特にお父さんの機嫌が良かった。

私は「お父さん子」で甘えたがりな、生意気じゃない方の娘だからかしらとか思ったら、お母さんはただ会えたのが嬉しいのよと言っていた。

そりゃそうだ。

お母さんは女親だから、電話もしょっちゅうできるし、しょっちゅう遊びに来られる。

だけど、お父さんは不器用だし、そんなこっぱずかしいことできるかって性格も災いして、私になかなか会えないんだもん。

お父さんにサマンサのカバンを買ってもらった。

ぶつぶつ言っていたけど嬉しそうだった。

妹も嬉しそうだった。

あの子は小さいころからお姉ちゃん大好きだったから、洋服一緒に見られて本当に嬉しかったらしい。

お姉ちゃんに洋服選んでもらうんだと、意気込んでたらしいし。

ごめんね、寂しい思いをさせて。

こうして書いている間にぼろぼろ涙と鼻水が出てとまりません。

ごめんなさい、浪人させて、苦労と心配ばかりかけて。

家族はどんな思いでいったいいただろう。

私はこの一年いったい何をしていたのだ。

今からじゃ、間に合わないこともあるかもしれない。

でも、やれるだけやります。

私のために家族のために。

正月も家に帰れないような親不孝な娘でごめんなさい。

あと、何回家族に会えるのだろう。

もう生きているうちにあえるのは1年分もないのかもしれない。

私が80まで生きるとして、その後長い60年分の1年分も一緒にいられないかもしれない。

その事実が辛すぎて、切なすぎて。

私はどうしたらよいのでしょう。

涙がとまらず。

でも、前に進むしか道はない。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿