活かして生きる ~放禅寺の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

四十九年一字不説4

2019年11月18日 | おシャカ様

「法(道)」を人のために説くのは世の常の事ですが、元来「真実そのもの

(其物それ)」が説けるものでしょうか。

 

「火」と言っても「口」は焼けません。

 

この故に「楞伽経(りょうがきょう)」では、「四十九年一字不説」と言い訳を

しているのです。

 

いいえ、本当は説いて説くことを「知(識)らない」のです。

 

行って行くことを「知(識)らない」のです。

 

是れが「四十九年一字不説」の深意です。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 四十九年一字不説3 | トップ | 四十九年一字不説5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

おシャカ様」カテゴリの最新記事