活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

極単(ごくたん)1

2018-05-22 00:00:00 | 

王陽明曰く「山中の賊を敗るは易く、心中の賊を破るは難し」と。


たとえば表面は波風がないようでも、年中心中は穏やかではないようなもの、

思えば世の中のことです。


「禅」の字は「単、示」の二字から成立しています。

「単」は赤裸々ということです。


「赤裸々」とは「赤裸を裸にする」と理解してもらいたいところです。

つまり、裸をもう一つ裸にしてこそ「真の単」なのです。


それを「極単(ごくたん)」といいます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 修證不二2 | トップ | 極単(ごくたん)2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事