活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

只(ただ)3

2018-06-13 00:00:00 | 

ところが「無始劫来(むしごうらい)」の自我の迷執に因って、そのことを

どうしても納得(理解)することが出来ないのです。


生まれながらにして「我見の無い人」はいません。

ですから、其のものが其のまま受け取れるようになるには、多少の時間が必要なのです。


そこで修行もしなければならない「道理」が生じるのです。


一番気を付けなければならないのは、「人間(にんげん)」は本来限りあるものを

嫌いますが、「只(ただ)」というと何となく本当のもののようで、途中のものには

思えないものなのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 只(ただ)2 | トップ | 只(ただ)4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事