活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

只(ただ)1

2018-06-11 00:00:00 | 

信じるということは、如何にもすべての疑問から解放されたような気がしますが

そうではありません。


疑うことと、信じることは全く等しいことです。

何故ならばそれは、「人の考え」だからです。


「信、疑」というものを一度離れてみる必要があるのです。


信仰も本当に信じつくせば疑いが無くなります。

疑いが無くなれば、対象が無くなりますから、信じるということが無くなります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 只如是(ただ、かくのごとし) | トップ | 只(ただ)2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事