ぐ~たらEVERYDAY

役者・星野千寿子の日記♪
ネコの事・舞台の事・仕事の事・散歩の事
平凡な日常を愉快に楽しく!
目標・毎日更新!

猫なんかよんでもこない。

2016-02-24 23:06:28 | 映画鑑賞
無事に観られるまですったもんだあった映画。



『猫なんかよんでもこない。』

漫画が原作らしく「30万人が泣いた」という触れ込み。
原作を知ってる人からも号泣モノとは聞いていたけど…
まさか、あんなに泣くとは正直思ってなかったです!
あ、ネタバレがあるので、これから観たいと思ってる方はここでブログを閉じてくださいね!(≧人≦)



登場する捨て猫のチンとクロ。
もう一番可愛い盛りじゃないの!O(≧∇≦)O
ただそこで走り回ったり、戯れ合ったり、ご飯食べたりしてるだけなのに、何でこんなにも胸がキュンキュンするの!?
はぁ~たまんない!!!(*´∇`*)
ずっとそんな萌えモードが続くと思ってたら、意外にも悲しい展開に。
我が家で初めて飼った1代目チビに顔も柄もそっくりなチンの姿には懐かしさが込み上げてきて、子猫時代のチンとクロが我が家に拾われたばかりの頃のさちと小次郎を思い出させて微笑ましくて、病気で静かに命を終わらせるクロの姿が私の目の前で老衰で亡くなってたちまち固く冷たくなっていった2代目チビと重なって、もうもうもう!(≧ω≦)
油断したら嗚咽が漏れちゃいそうなくらい泣いたわ!(T□T)
風間俊介くん演じる主人公の、猫に対する振る舞いの甘さに今でこそハラハラしてしまうけど、私も猫を飼い始めた頃は猫の事に無知過ぎて、いろいろ後悔も経験してきたもんね…
コレ…原作読んだら、もっと泣いちゃいそうだな。
でも続編も観てみたいな。
お台場まで観に行った甲斐がありました!(*^-^*)



いい歳して、劇場ロビーに設置されてた「アーロと少年」のパネルでパチリ。
鑑賞直後で泣きはらした顔ですが、この映画も絶対泣いちゃうんだろうな~(TωT)




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!

コメント   この記事についてブログを書く
« 海猫夢幻 | トップ | 熟女ドサツアー@篠原演芸場 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿