ぐ~たらEVERYDAY

役者・星野千寿子の日記♪
ネコの事・舞台の事・仕事の事・散歩の事
平凡な日常を愉快に楽しく!
目標・毎日更新!

ちず旅行【初夏の箱根編 Part3】

2017-05-29 21:22:33 | ちず旅行
『水の音』を出て向かった先は『箱根ガラスの森美術館』
宿の特典その4がここの入場チケット付きだったのです。
だいぶ前にも行ったんだけど、もうほぼ忘れてるし…(;^_^A

施設巡りバスに乗ってて、前日の『強羅公園』このバスを利用すれば、あんなにキツイ坂道、歩いて上がらなくても済んだんじゃん!と今更知る羽目に!
山道をぐるんぐるん蛇行して、ちょっと車酔いしちゃった。



かつて真冬に訪れた時とまるで印象が違う緑豊かな『ガラスの森美術館』



雄大な自然の中にヴェネチア風の佇まい。



不思議なガラス作品が散らばったキラキラの庭園。



お天気がもう少し良かったら、もっと煌びやかに輝いていただろうに。



さっそく美術館内へ。
紀元前の時代から、すでにガラス工芸の技術は優れていたんですね。
高度で繊細な細工とデザイン性、貴重な古代の作品には驚きの連続!Σ(゚Д゚ノ)ノ



でも、何に使うの?という斬新な物も(笑)
現代ガラス作品にもなると、もうシンプル過ぎて何を表現しているのか凡人にはサッパリ…(;^_^A

この日は水曜日限定のイベントもありました。
鮮やかな民族衣装に身を包んだモンゴル出身のセーンジャーさんによる馬頭琴演奏。
ちょうど館内を廻ってる時に演奏時間が重なったので、聴いて行く事に。
とてもよく響く音色〜♪
行った事もないのに、モンゴルの草原が頭に浮かび上がってくるようなメロディー (*´ω`*)
馬が疾走する様子を描いた曲は、馬のいななき、しなやかに走る様、そこに吹いている風までをも体感しているかのような感動がありました。
たまたま水曜日でラッキー!(≧∇≦)b



オシャレな装飾の空間が至る所に。



撮影の大人気スポットでした!



ふと、山を下る遊歩道を見つけて降りてみる事に。



下に流れるは早川。
コレ、川岸まで行けるのかなぁ?
でも戻って来るのが大変そうなので、途中まで。



ガラスのニョロニョロや誓いの鐘や彫刻など、こんな山の斜面にも作品が。
見ると標高634m!
ムサシ!Σ(゜∇゜*)
スカイツリーのてっぺんと一緒じゃん!



そりゃ都会と違って、まだまだバラも咲いてないわけだ。
そのバラが咲いたらどんだけ綺麗かと想像出来る素敵なバラ園がこちらです。



だいぶ遅れての、イタリアンカフェ『ラ・カンツォーネ』でのパスタランチ。
食事中、突然演奏が始まりました。



そういえば、イタリア人歌手による歌演奏が1日に何度か行われてるって紹介されてたっけ。
ちょうど食事中に聴けて、これまたラッキー!(≧∇≦)b
飄々と歌ってるようでも、その伸びやかな歌声はさすが!
途中、私達のテーブルまで歌いながら来てくれて、肩を抱いてくれたり、握手してくれたり。
なんだか熱烈なファンらしきご婦人もいたわ。
演奏後もしばらくお客さんサービスしてたから、私も一緒に写真を撮ってもらいたかったのに、友人がトイレに行ってる間に裏に引っ込んじゃった〜。:゚(。ノω\。)゚・。



このオープンテラスからは、大涌谷の噴煙が見えるんだ!



空もだいぶ曇って来て、肌寒くなって来ました。
そろそろ帰りの時間。
名残惜しいけれど、こればかりは何とも出来ない!
帰りのバスでも若干の車酔い。



いつもより新宿に着くのが遅くなっちゃいましたが、今回も大変楽しゅうございました。
『千条の滝』
『強羅公園』
『水の音』
『ガラスの森美術館』
どこも2度目ではあったけど、訪れる季節が変われば、また全然違う魅力で楽しめる。
宿からのキャンペーンメールが届かなければ、全く予定になかった今回の旅行。
行ける時にはガツッと行っちゃうに限るわね。



GW後から夏休み前までは、狙い目かもですよ〜(*^-^*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!

コメント   この記事についてブログを書く
« ちず旅行【初夏の箱根編 Par... | トップ | 小次郎入院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿