ぐ~たらEVERYDAY

役者・星野千寿子の日記♪
ネコの事・舞台の事・仕事の事・散歩の事
平凡な日常を愉快に楽しく!
目標・毎日更新!

僕のワンダフル・ジャーニー

2019-10-14 17:06:28 | 映画鑑賞
ちょっと前だけど、やっとやっと観に行けたーーーっ!(*´∇`*)



『僕のワンダフル・ジャーニー』

前作の『僕のワンダフルライフ』が感動作だったから、今回も期待大で泣くの覚悟で観ました。

ネタバレありなので、ご了承を。




************




大好きな飼い主イーサンと会うために何度も転生を繰り返した犬のベイリーが今度は孫娘のCJを守るために転生する物語。
完全にファンタジーだけど、ペットを飼った事のある人にとっては「こうであってほしい」が詰まってる、愛に満ち満ちた作品。
ベイリーは何度も犬種の姿を変えて生き返るので、作中に何度も死にます。
その度に涙・涙なんだけど、ベイリー自身が生き返るの前提でコミカルで無邪気なので、悲壮感はありません。
まぁ、転生する間に別の人に飼われる場合もあって、大切にされててもベイリーにとっての唯一無二の存在はイーサンでありCJなので、その時の飼い主はちょっと気の毒だな〜と (;^_^A
私がその立場だったら切ないも〜ん!(犬の都合を知る由もないけど)
紆余曲折を経て、ベイリーによって家族の全てが丸く収まるハッピーエンド。
ラストはイーサンが逝き、ベイリーもCJの幸せを見届けて天寿を全うします。
きっと理想的な最期。
イーサンもベイリーも家族に看取られての、おそらく老衰。
そして、イーサンと出会った時の犬の姿で虹の橋を疾走し、その先で待つ最愛の人の懐へ飛び込むベイリーの姿に、自分とペットを重ねて胸を熱くする人は多いでしょう。

涙腺崩壊!
鼻ダム決壊!

あまりに顔中グショグショで、映画が終わっても、あと3分は明るくしてほしくなかったわ!
今思い出しても涙が…!(இωஇ)
電車の中でこの記事を打つのは失敗だった!
続編はもうなさそうだけど、誰もが羨むような人と犬との絆の強さと深さには、前作も含めて星★★★★★付けます!




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!

コメント